2007年03月12日

【クラブメッド・プーケット】vol.3

■クラブメッドの「食」
mampht2.jpg世界中からバカンスに訪れるクラブメッドの場合、お食事のメニューは多国籍で、どれも美味しいのが魅力。

豪華客船の旅と同様、【オールインクルーシブ制】なので予算化しやすいのが特長です。
オールインクルーシブとは、旅行代金のなかに、航空券代やトランスファー料金、そして滞在中の飲食代などが含まれているという意味。

**朝食は、朝陽が射し込むサンテラスで。3食ぎっちり、食べてしまうから、ちょっと体重が怖い。。

nikkeikids.jpgそれに嬉しいのは、「のみ放題」。ソフトドリンクだけでなく、ビールはサーバーから注ぎ放題、ワインはセラーから抜き放題!!まるで湯水のように、ビールが飲める幸せ。。息子も大好きなオレンジジュースで、その幸せを噛み締めていました。。

和食コーナーや韓食コーナーのほか、デザートも充実。朝・昼・晩と同じレストランでのお食事に飽きるのでは?とお思いかもしれませんが、毎回食事のテーマが異なります。今日はシーフード、今日はアジアン・テイストと、誰もが食を楽しめるよう、工夫されています。

**夕食は、キッズも一緒に"一家団欒"。。

clubmeddinner.jpgシーフードがテーマの日は、子どもも食べやすいすり身の"つくね"が。アジアン・テイストの日の和食コーナーには、いくらの軍艦巻きをはじめ、お寿司がズラリ。
(あ、でも、ここはタイ。。)このところのタイ取材で、お腹がいつも緩く(痛く)なる私は、念を重ねても防げない。おそらく、香草か香辛料が、刺激を与えてくれているよう。
そんな腸弱な私も、お寿司はもちろん、(タイでは要注意の)生野菜や氷入りドリンクをガブガブ。滞在中、特に問題はありませんでした〜

zoodinner.jpg食前食後のプールサイドには、露天商が立ち並ぶ日も。ホンモノの象や猿が出張サービス。さらに、夜9時半から、ジーオー・ショーが。クラブメッドの夜は、長い。。(ディスコもあるんだそうですが、流石に「子連れ」はお部屋でゆっくり)

**私が触れているのは、象さんのカラダ!



【クラブメッド・プーケット】vol.1
【クラブメッド・プーケット】vol.2

posted by 千葉千枝子 at 00:00| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 海外のホテル・コンドミニアム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする