2007年03月16日

国際線の【液体物機内持込制限】in成田

■オールアバウト海外移住サイトに、新着記事【クラブメッドで子連れロングステイkids編】をupしています!


3月1日から導入された、国際線の航空機内【液体物機内持込制限】。

先日、導入後初めて、成田空港を利用。
出国の際に、空港職員に「100ミリリットル以上のペットボトルや化粧品類は持っていませんか?」と呼び止められ、息子は先ほど買ったばかりのジュース(QOOクー)を一気飲み。。(ママも、みんなの前で、応援の一気飲み。。"回し飲み"ってこと。)

ekitaibutsu.jpg液体物プラスチック袋】←要は、商品名ジップロックで、約15センチ四方。(ルールは、20センチ以内×20センチ以内。。)

【液体物プラスチック袋】と、表記された袋を渡され、そちらに液体ファンデーションなどをすべて入れて、エックス線を通します。
**マスカラも入れるよう、ご指導されました。。

ちなみに、利用エアライン・路線に関わらず、出国時、100ml以上の液体の機内持ち込みについては、その場で廃棄を求められます。
ですから、小サイズのペットボトルも不可。袋に入れて、持込可能なのは、精強ドリンク様くらい。ジェルタイプの化粧品類も、小袋に入れるようにとのことです。

検査場では、検査員に、バッグから出して提示。ただし、飲み薬やベビーミルク・ベビーフードなどは、適用除外だそうです。

でも、もっと驚いたのは、出国審査後の免税店での買い物。
私はいつも、出国時に、香水やクレンジングミルクなどを、必ず購入してから成田を発ちます。現地到着後、使用するだけでなく、そのまま日本に持ち帰り引き続き使用したいので、大きいボトルのものを買うようにしてきました。

自己使用なので、ゲート付近もしくは機内で、すべて箱から取り出し、空箱は捨てる。。テロを警戒して、このところめっきり空港内にはゴミ箱が減りましたが、(あそこと、ココには確かゴミ箱があったはず…)と、ゴミ箱の位置が頭の中に入っていたくらいでした。

それがですね、買った瞬間に、店員が箱から出して、中のボトルだけを、先ほどの袋に詰め始めるではないですか!
(それは、好都合。。)、そう思えたまでは、よかったのですが。。。

近ごろ気にしている皺(しわ)に効く!らしい、エスティーローダのパーフェクショニストを、今回初めてセットで購入。現地到着後、試してみようと思ったら、あらあら、使用方法を綴ったしおりが、箱と共に捨てられてしまって、ないじゃない。そんな不具合も、ありました。

■液体物持込制限の詳細PDFは、こちら
ラベル:空港
posted by 千葉千枝子 at 00:00| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | エアライン・空港・マイレジ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする