2007年03月20日

タイの【ヤードム】

■オールアバウト【海外移住】サイトに、新着記事「クラブメッドで子連れロングステイkids編」をupしています!


yadom.jpg今回のプーケット取材で同行した美人カメラマンさんに、「お土産にヤードムが良いらしい。。」と伺い、いざスーパーマーケットへ行き、【ヤードム】(16バーツ)を幾つも購入。

このヤードム、"ぷ〜ん"とメントールの匂い。リップスティック状で、蓋をとると、挿入口が。この部分を、思いっきり鼻の穴に射し込むのだそう。(え〜、まだ、やっていません)

タイ人の「気付け薬」だそうで、吸入するとスキッとする?薬事法に触れるため、日本への輸入は許可されていないとのことですが、インターネットで調べてみると、結構、人気があると知らされました。

タイ人の、いわば嗜好品。台湾の"ビンロウ"は、よく知っていますが、ヤードムは未体験。。ちょっと、ショーゲキ的でした。

あ、ちなみに台湾のビンロウとは、ヤシの種類の木からとれる実のことで、檳榔(ビンロウ)と書きます。昔は、よくバスのドライバーたちが、ガムのように噛んでいました。眠気覚ましのようです。
20年ほど前には、子どものビンロウ売りが多く、編み細工などと一緒に売りつけにくるので、ついつい買ってしまったことも。
今でも地方へ行けば、ビンロウ売りのお姉さん(水着姿だったりします)が、道端にセクシーポーズで佇み、ビンロウを売っている姿を目にすることができます。発がん性があるとのことで、現在では、取り締まりがあるようです。

さて、タイのヤードム。先日、オールアバウトのガイド懇親会でばら撒いたところ、知っているひと数名あり。とはいえ、一般にはあまり認知されていないようで、ちょっとした話題土産に最適でした。

posted by 千葉千枝子 at 00:00| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 旅行用品・旅小物・土産・特産 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする