2007年03月25日

【TSAロック】対応リモワ社製スーツケース

ハワイやグアムを含むアメリカ合衆国への渡航では、【TSA(アメリカ運輸保安局)】の検査を通すことが義務づけられるようになりました。

tsa.jpgスーツケースの施錠をしないで預けるのが基本の、米国路線。検査をしやすいよう促すものではあるものの、乱雑な扱いで、スーツケースの口が開き、中身が散乱するなどの弊害がありました。

スーツケースベルトを、目印がわりはもちろん、散乱を防ぐ目的で装着すればよいのですが、ターンテーブルをみていると、ベルト着用のスーツケースは、結構少ないのが現状のようです。

TSAロック】対応のスーツケースの場合、係官は開錠が可能になるため、施錠して預けても問題ないのが有難いところ。
ちなみに、最新リモワのサルサ・トローリーの場合、ファスナー開閉なため、TSAロック部分も、ちょっと不思議な形状です。

■TSA(アメリカ運輸保安局)のホームページは、http://www.tsa.gov/
posted by 千葉千枝子 at 00:00| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | エアライン・空港・マイレジ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする