2007年08月31日

【御殿場プレミアム・アウトレット】

御殿場インターすぐ近くの、【御殿場プレミアム・アウトレット】に立ち寄りました。

**東名下り車線を走っていると、インターを降りる手前に見えますよね。

アウトレットが誘致されて久しいですが、なかなか立ち寄る機会がなく、実は今回初めて。
あまりの広さに驚きました。足が棒になるほど……。
gotenba1.jpgアメリカのS・Cが"まんま"という感じですが、私よりもアウトレットに詳しい父いわく「以前よりも、良いものを揃えるようになった」と語ります。それに「中国人や台湾人など、外国人が多くなった」とも。。

私は、ジミー・チュウやアルマーニを覗きましたが、サイズが合うものがなく、残念。シーズン遅れでも、じっくり回れば掘り出し物が見つかりそうで、そちらも残念でした。

■【御殿場プレミアム・アウトレット】の公式ホームページは、http://www.premiumoutlets.co.jp
**マイカー利用者は、少しはなれた駐車場から送迎バスに乗る。。
posted by 千葉千枝子 at 00:00| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | ショッピング・コレクション | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月30日

冨士霊園【本田宗一郎さんのお墓】

honda3.jpg「世界のホンダ」の創設者・【本田宗一郎さんのお墓】参りに行きました。

場所は、御殿場インターから車で約30分の【冨士霊園】。
驚くほどの敷地に、手入れされた木々。霊園数多かれど、これほど立派な霊園は日本に数少ないのではないでしょうか。

honda2.jpg宗一郎さんのお墓には、お花やお線香が耐えないと噂で聞いていましたが、ご永眠されてから十数年が経過しているというのに、本当に献花が絶えず、OBのみならず、たくさんのファンが偲んでいることを物語っていました。

**墓石の前に、ちょこんと置かれたモリワキのミニバイク(ミニカーです)。本田さんらしい。。

驚いたことに、二区画となりが安倍晋太郎さんの眠る安倍家が、そしてさらにその隣りには、岸信介さんが眠る岸家のお墓。。

honda1.jpgさて、本田宗一郎さんのご両親のお墓も、故郷の浜松から移され、同じ区画内に古びた墓石が一緒に、ひっそりと佇んでいました。
私の父もまた、宗一郎さんを「オヤジ」と呼び、エンジン技術世界一を目指したわけですが、そうしたOBたちの想いが日本の高度経済成長を支えたのかと考えると感無量です。

**区画内には「御名刺受」という石が。。訪れたひとが名刺を入れられるように、ポスト口があります。私も一枚、入れてきました。

■本田宗一郎さんのお墓については、http://www.pavilla.com/fujireien.htm
■冨士霊園の公式ホームページは、http://www.fujireien.or.jp/

ラベル:名所旧跡
posted by 千葉千枝子 at 00:00| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(1) | 日本の名所・旧跡・お城 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月29日

【パビーラ御殿場】

静岡県御殿場市にある【パビーラ御殿場】は、ホンダ企業年金基金加入者や受給者、その家族のための福祉施設です。

富士山を望む高台に位置するパビーラ御殿場に、初めて滞在したのは、今から15年前。両親ともに健在だったころ。
実は、我が家はホンダマン一家。ときおり、利用させてもらっている施設なのです。

pavilla.3.jpg館内には、温水のプールやAVルーム、バーラウンジ、陶芸室などがあり、露天風呂つきの温泉大浴場は、下手な旅館よりもずっと立派。
お食事は季節のものを、お品書きにそって用意してくれます。温かいものは温かいうち、冷たいものは冷たいうちにと運んでくれます。

**お献立の中でも、鱧(はも)のしゃぶしゃぶが、特に美味しかった!

pavilla1.jpg今回は、窓から富士山の絶景が堪能できる、本館和室を利用しました。
木の温もりがよい"コテージ"や、"離れ"も利用したことがありますが、広々としているので家族利用にもおすすめ。

間もなく、日本F1グランプリが富士スピードウェイで開催されますね!(80年代は、鈴鹿までF1を観にいったほど、実はモーターファンです♪)

■【パビーラ御殿場】のホームページは、http://www.pavilla.com/
御殿場インターから車で約10分。富士カントリークラブの隣りです。

ラベル:御殿場
posted by 千葉千枝子 at 00:00| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日本の温泉・和風旅館 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月28日

目黒【BLACK LION】

blacklion.jpg目黒に、意外なお店、発見!
打ち合わせ後、広告代理店のみなさんと、目黒駅近くでの一献に立ち寄ったお店【BLACK LION】は、お客様がみな外国人!(もちろんオーナーも、です。「カナダから来た」と言っていましたが。。)
日本にいることを忘れさせるようなお店です。

ここはアメリカ?それともメキシコ??風な店構えですが、入り口にはカナダ国旗。そしてお店の名前は、「ロンドンパブ・ブラック・ライオン(バー&キッチン)」。

black1.jpg壁掛けTVがある部屋もあって、店内は思ったより広く、オーダーはもちろん、メニューもすべて英語です。
フィッシュ&チップスやピッツァ、シーフードサラダなどを頼みました。美味しかったです。

国産ビールもありましたが、私はギネスの黒ビールで。
昨夜は原稿書きで3時過ぎまで頑張りましたから、たったの2杯でオネムモードです。

**【BLACK LION】のホームページは、http://www.blacklion.jp
目黒区目黒1-5-16 TEL 03-3491-2312
年中無休ですが、開店時間は4時〜"Late"
ラベル:グルメ 目黒
posted by 千葉千枝子 at 00:03| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 国内のグルメ・レストラン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月27日

【だだちゃ豆】

オールアバウト【海外移住】サイトに新着記事「クアラルンプールに夫婦で憧れリタイア生活」をupしています!


dadacha.jpgだだちゃ豆】をご存知ですか?
山形・鶴岡市「白山産」の希少価値高い【だだちゃ豆】を贈られて、一瞬、小躍りした私。
だだちゃ豆は、いわば枝豆の高級品。
特定のお店や料亭などでしか味わえない、枝豆ちゅうの枝豆です。

だだちゃ豆の由来は諸説あるようですが、鶴岡藩主だった酒井の殿様が献上品に「今日は、どこの"だだちゃ(お父さんの意味の方言)"が作ったのか」と訪ねたのだそう。。だとか、伊達藩で栽培された伊達のちゃ豆を、訛ってだだちゃと言っただとか。。。

今年の秋は、この、だだちゃ豆の産地・庄内地方への旅を予定しています。

**だだちゃ豆のゆで方は、蓋をしてグラグラ2〜3分。茹で上がったら、塩をふってあら熱をとるだけです
ラベル:グルメ
posted by 千葉千枝子 at 00:00| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 世界の料理教室・レシピ・器 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月26日

【麻布十番納涼まつり】2007

10ban3.jpg麻布に暮らして12年。
毎年8月の最終金・土・日、3日間で開催される【麻布十番納涼まつり】は、地元民にとっても待望の夏イベント。
地下鉄が開通して以降、J-WAVEの中継も入るようになり人出も増える一方で、押すなおすなの大賑わいです。

10ban2.jpg"都はるみ"と言われようと、"八代亜紀"と呼ばれようと、数ある浴衣コレクションを着ない手はありません。
十番祭りが初めてという知人を案内しつつ、賑わう十番を(ちょっとド迫力の)浴衣姿でぶらぶらしました。

**"藤娘きぬたや"の総絞り浴衣で♪
きぬたやさんとのお付き合いは、美容業時代から。確かに、演歌歌手にご贔屓さんが多い。

10ban6.jpgそれにしても浴衣姿の若者が、本当に増えましたね。なかには水着姿で歩いている女性もいましたが。。日本の伝統文化を、せめて気軽な浴衣ででも楽しみたいもの。よい風潮だと思います。

**こちらが、きみちゃん像近くのステージ会場。凄いひと波!

10ban7.jpg恒例の網代(あみしろ)公園でのお化け屋敷が今年はなくなり、盆踊り会場になっていたから、ちょっと残念。パティオに飾られた"かまくら"や雪像も姿を消し、立派なステージ会場に。。(若い男の子達が歌いまくっていて圧巻)

大使館が多い土地柄、世界各国の味が楽しめるのも、麻布十番まつりの特長ですが、韓国大使館に続く道には、とりわけ韓国料理が集中。「辛くないよ〜」と呼び止められて、トッポギを買ってみました。どの出店も麻布値段なので、あれもこれもと買っていると、あっという間にお金もなくなるのです。

10ban5.jpgあまりの熱気とひといきれで、パティオ前のラ・ボエムで、シャンパン&赤ワインで飲みなおし。
長年、テナントが入らなかったグリーンコート麻布の1階は、グローバルダイニングが入居してから、見間違うかのように客入りがよいようです。(かつては、ゴーストタウン化していたのに。。)

このお祭りが終わると「夏も間もなく終わり」と、しんみりするのです。。
ラベル:お祭り 麻布十番
posted by 千葉千枝子 at 00:00| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ライフスタイル全般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月25日

【六本木アカデミーヒルズ】

■9月5日発売号の【羅針】、今回の特集は「千葉千枝子さんが解説するオーストラリアでロングステイの基本ガイド」全13頁です!乞う、ご期待♪


hillsaug.jpg六本木ヒルズのなかにある【六本木アカデミーヒルズ】40階で開催された【旅と資産運用セミナー2007】特別講演には、たくさんの方々にご来場賜りまして、誠にありがとうございました!600名近い大会場で、40分という短い時間ではございましたが、みなさま熱心に耳を傾けてくださり、とても濃い内容のセミナーとなりました。

近く、この「旅と資産運用」をテーマにした専用ウェブサイトが立ち上がり、コラム連載を持つことになりました。年内限定のサイトだそうで、執筆が今からとても楽しみです。
重ねて、ご来場、誠にありがとうございました。

■六本木アカデミーヒルズのホームページは、http://www.academyhills.com/
**会員制のラウンジやブースがあるほか、音響設備の整った大小のセミナールームがある
posted by 千葉千枝子 at 00:00| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 千葉千枝子の講演 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月24日

【大江戸まつり盆おどり大会】

ooedo1.jpgooedo2.jpgおとなり中央区が主催する【大江戸まつり盆おどり大会】へ、ぶら〜っと行ってきました。
お祭りとなると血が騒ぐ私。。
「踊りお〜どるなあぁら♪」と、東京音頭が始まると、自然に手と足が動きます。

会場となった中央区立浜町公園には、立派なやぐらが建ち、たくさんの人が詰め掛けて、晩夏のひと夜を楽しんでいました。

ooedo3.jpg気に入ったのは、各地の物産品販売コーナー。北は北海道から(私が手にしている缶ビールは、北海道産地ビール)山口県、岡山県まで、地方のアンテナショップと称した出店(でみせ)がいっぱい。

中央区の区内名物市コーナーでは、"東京べったら漬け"など、美味しそうな漬物に惹かれ、4種1000円でまとめ買い♪
bussan.jpgほかにも瀬戸物や縁日コーナー等、流石、商業の中心・中央区主催だけあります。

長蛇の列に並んでまで買ったのは、栃木インターそばの【肉のふきあげ】が提供する、前日光和牛の"串和牛"。柔らかいお肉の串刺しにタレも格別。2本1000円というお値段です。

やっぱり夏祭りは、風情があってよいものです。

ラベル:お祭り
posted by 千葉千枝子 at 00:00| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | ライフスタイル全般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月23日

【ハワイのお得なスローステイ術セミナー】

来る10月10日(水)18:30(開場18時)〜東京ウィメンズプラザにて、NPO交流・暮らしネット主催【ハワイのお得なスローステイ術セミナー】を開催することになりました。

現地在住の人たちによるレクチャーが中心で、タイムシェアのリセールや活用法、コンドミニアムを利用するときの心得などを、私のナビゲートでお届けします。
◎会費制(ひとり2000円・夫婦で2500円)で50名限定です。

npo1010.jpg詳細は、9月5日発売号の「羅針(イカロス出版)」、9月10日発売号の「駱駝(小学館)」誌上に掲載される予定です。
メールでの直接お申込は、こちらまで。ご応募をお待ちしております。

**21時セミナー終了後、懇親会(有料)も予定でしています。会場はウィメンズプラザ近く青山オーバルビル地階の【天の草】です。
ラベル:NPO ロングステイ
posted by 千葉千枝子 at 00:00| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 千葉千枝子の講演 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月22日

【みょうがの酢漬け】

草津温泉の西の河原通りをブラブラしていたら、露天でとうもろこしとみょうがを売っているおっちゃんに呼び止められ、一袋200円のみょうが(10個以上入っている!東京じゃ、3個で100円よ)を衝動買い。

myouga.jpg早速帰宅後、【みょうがの酢漬け】を作りました♪

【みょうがの酢漬け】の作り方
◎酢 1/3カップ
◎砂糖 大さじ3
◎塩少々
熱湯でみょうがを30秒ほどゆがいた後、上記のあわせ酢に熱いうちに漬けるだけ。。簡単でしょ?
酢に入ると、パッと鮮やかな赤みが増すから不思議。冷蔵庫で冷やしておき、数時間後から食べられます。保存もきくから、煮沸した保存瓶に。

私は、父譲りで、みょうがが大好き。
我が家を訪ねた父に、酒の箸休めに食べてもらい「美味しいな!」のひと言。
ちなみに、千葉家の家紋(女紋)は、「丸に抱茗荷(だきみょうが)」。みょうががふたつ、抱き合わせたように円のなかに描かれたものです。
礼装用のキモノには全て、この家紋を入れています。

男紋・女紋のしきたりがあるのは、一部の地域に限られているようですね。
ちなみに、男紋は「九曜の紋」。北辰一刀流でその名を轟かせた千葉一族は、「月星紋」が目印で、九曜紋とともに、北極星と北斗七星を信仰していることから模(かたど)られたと伝えられています。

遠野(岩手県)にある「南部曲がり家」で、観光名所にもなっている千葉家の茅葺家屋にも、この月星紋が描かれています。


ラベル:料理
posted by 千葉千枝子 at 00:00| 東京 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 世界の料理教室・レシピ・器 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月21日

【吾妻渓谷】

aduma1.jpg草津からの帰り道は、風光明媚な山道・国道145号線を、渋川伊香保インターへ向かうルートをとりました。

JR吾妻線に沿って通るこの山道は、途中、ドライブインや路肩に停車して、徒歩で【吾妻渓谷】へ降りていくことができます。

秋の紅葉シーズンになると、燃えるような赤で染まり、恐ろしくなるほど美しい名所。新緑の季節、そして涼を求めての盛夏、季節ごとにも素晴らしく、本当に久しぶりに渓谷を眺めることができました。

yomogi.jpg美しいのは木々ばかりではありません。
水がエメラルド色なのも特長で、清涼感にあふれた滝や、板敷きの橋など、とても絵になる渓谷なのです。

国道から橋への階段を下りる途中、蓬(よもぎ)がたくさん生えていたので、ざっくりつまんで帰りました。
帰宅後、水洗して、ベランダに干しています。乾燥したらミキサーで砕いて、白玉粉に混ぜ、よもぎ味の白玉あんを作るつもり。。


8月21日発売【週刊ゴルフダイジェスト】(9月4日号)「気軽にニッポン国内ロングステイ」特集に、顔写真とともに取材掲載されています。
(プロフィール欄の表記に一部誤りがありました。残念なことですが、ここにお詫び申し上げます)
ラベル:群馬 紅葉 渓谷
posted by 千葉千枝子 at 00:00| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日本の名所・旧跡・お城 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月20日

草津温泉【奈良屋】

naraya0.jpg湯畑近くに佇む和風旅館【奈良屋】の冠言葉は、「徳川将軍御汲上の湯」。
徳川吉宗が江戸へ草津の湯を運ばせた際、将軍に献上する湯を汲み上げたことに由来します。
いたるところに、この冠言葉が使われていますが、中に入るとこじんまりとした印象で、仰々しさはありません。

**とっても立派な玄関周りでしょ?

昔は古ぼけた旅館でしたが改築されたのでしょうか、石畳にもきれいに水が打ってあり、清清しいほど。草津で数少ない大型旅館「一井」さんの向かいに位置します。
草津ナウリゾートホテルが系列の旅館だというのは、お名刺を戴いて初めて知りました。

naraya6.jpg naraya3.jpg naraya100.jpg

naraya2.jpg**ここはク・サ・ツだが、リゾート服で失礼。。
1階旅館入り口脇には、お食事処もあり、入浴客には割引料金のランチセットも用意されています。
お腹が空いたので、こちら「食事処・奈良屋」で、まずは腹ごしらえ。かきいれどきというのに、女性がひとりで対応していて、忙しそうです。

地産の舞茸をつかった"舞茸ご飯セット"は、わっぱに入った舞茸ご飯に蕎麦やデザートもついて、一般価格が1400円(入浴者は200円割引)。和民家のつくりで、店内は落ち着きがあります。

奈良屋では、日帰り入浴も受けていて、自慢のお風呂を覗かせてもらいました。
貸切露天(別途要料金)や大浴場、それに卓球台コーナーまでも、コンパクトな館内のわりに、施設は充実していました。

■徳川将軍御汲上の湯・草津温泉【奈良屋】のホームページは、
http://www.kusatsu-naraya.co.jp
ラベル:温泉 旅館 草津
posted by 千葉千枝子 at 00:00| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(2) | 日本の温泉・和風旅館 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月19日

草津温泉【西の河原】

saikawara.jpg草津の中心"湯畑(ゆばたけ)"から、商店も密集する狭い路地・通称「西の河原通り」を通り抜けて【西(さい)の河原】へ行きました。


saikawara2.jpg saikawara3.jpg

「西の河原園地」として、以前とは見間違えるほど綺麗に整備されていたのが印象的。
公園の入り口付近には、立派な建物の"片岡鶴太郎美術館"も。時間もないため館内見学はできませんでしたが、人の流れも変わったようで、昔の面影はどこへやら。

manjyuya.jpgガラス細工の専門店や、陶器の専門店などを冷やかしながら歩いていると、名物"温泉まんじゅう"のまんじゅう売りに出くわし、あっという間に試食まんじゅうと湯飲み茶碗を持たされ、「じゃあ、ひと箱」って買ってます。。

この温泉まんじゅうのお店、"草津長寿店"というそうで、芸能人のサイン色紙や写真がたくさん店内に飾られています。

**蒸篭から、次々と試食まんじゅうが運び出され、こうやって客引きのおじさんが通行人に食させるというしくみ。湯気が立ってるでしょ。


ラベル:草津 温泉
posted by 千葉千枝子 at 00:00| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(1) | 日本の温泉・和風旅館 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月18日

草津温泉【湯畑】

sengataki.jpg中軽井沢から、国道146号を北上。
途中、日帰り温泉千ヶ滝温泉を見学したり、子どもの頃よく訪ねた星野温泉を覗いたりしながら、一路、【草津温泉】へ。

車で約1時間と、地勢柄、軽井沢と草津は大変近いのですが、あまり知られていないようです。比較的開けた山道だから走りやすく、景色を眺めながらのドライブにも最適。鬼押し出しなど、懐かしの名勝地もあって、飽きることない土地柄です。

yubatake2.jpg浅間・白根火山有料道路は通らず、国道292号線経由で草津入り。【湯畑(ゆばたけ)】を目指しました。
縁あって幾度と通った草津ですが、ここ10年近くは訪れておらず、周囲の変わりようにずいぶんと驚かされることしきり。お洒落な土産物店が目白押しなうえに、活気があるでないの!

yubatake3.jpg近ごろ方々から聞かされていた"草津温泉の勝ち残り事例"を、この目でしかと確かめたわ、という感じ。
ひところは寂れていましたが、バブル期の大型投資や旅行会社頼みの誘客を脱却し、観光素材を大切に守り抜いてきた地元のひとたちの努力の賜物でしょう。
赤提灯の飲み屋も坂の至るところにあって、昔ながらでよいですね。

**リゾート気分で軽井沢に似合いそうなワンピを着ていったのですが。。ここはク・サ・ツ。。

yubatake.jpgさて、湯畑のすぐ脇にある駐車場は、確か3時間までが550円。以降、1時間ごとに150円加算ということで、ほかの観光地に比べ、安いのが特長。

周辺には、あの有名な湯もみを体験できる"熱の湯"や、日帰り入浴が可能な宿、食事処がところ狭しと軒を連ね、「カランコロンが似合う街・健在!」。"温泉たまごアイス"(300円)というソフトクリームを食べながら、久しぶりの湯畑周辺を楽しみました。

kusatsuashiyu.jpg足湯(画像)のコーナーには、順番を待つほど観光客が鈴なり。湯量が豊富で、泉質もよく、歴史ある温泉地・草津の"風格"すら漂っています。
開湯は1800余年前とも言われている草津には、ときの将軍・源頼朝や徳川吉宗らが訪れたとされ、江戸まで運んだこともあったのだそう。
湯畑を囲む石の柵もよく整備され、あっぱれの感しきりでした。

■草津温泉観光協会のホームページは、http://www.kusatsu-onsen.ne.jp/
ラベル:草津 温泉
posted by 千葉千枝子 at 00:00| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(1) | 日本の温泉・和風旅館 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月17日

軽井沢72ゴルフ【和美ゴルフ練習場】

kanetsukaruizawa.jpg軽井沢72ゴルフの敷地内にある【和美(わみ)ゴルフ練習場】で、気軽なパー3、9ホールのやさしいコースを回りました。

**お盆の後半で、碓氷軽井沢インターからは長い渋滞の列。。和美ゴルフ練習場はインターにほど近く、セブンツーの敷地では一番端っこ。

kazumi.jpg恐るべし、和美ゴルフ練習場。。受付は、画像の通り、プレハブの"掘っ建て小屋"。目の前に、ネットも張られていない大自然の打ち放し練習場。から松に囲まれて、マイナスイオンがたっぷりという風情。

その脇に、カートも使用しないラフな練習コースがあります。
どれも長くて90ヤードと、距離を出そうと力む必要もないホールばかりで、バンカーもありません。

kazumi2.jpg7番アイアンとピッチング、パターの3本を手に、あとはペットボトルの飲み物を持って、スタスタ歩いて回るのです。

このところの執筆続きで、遠出どころか外出もなかった私。遠方への取材も自粛していたので、運動不足解消のため、一日一時間、品川プリンス内高輪ゴルフセンターのレンジを利用していただけに、ちゃ〜んと綺麗にフェイスに当たるじゃない♪ 
いきなり"パー"で、ちょっと自分でも驚いちゃいました。

■【軽井沢72ゴルフ】の総合案内は、http://www.princehotels.co.jp/golf/karu72

ラベル:ゴルフ 軽井沢
posted by 千葉千枝子 at 00:00| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ゴルフ・スキー・スポーツ観戦 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月16日

随縁軽井沢【ナインハンドレッド倶楽部】

9003.jpg関越道・碓氷軽井沢インターを降りて、車で約30分。
信濃追分の南側、山深い里に位置する【随縁(ずいえん)軽井沢ナインハンドレッド倶楽部】は、英国調の洒落たクラブハウスと、目にもまぶしい美しい芝が印象的なゴルフ場です。
まるで、"名画"のなかにいるような錯覚を覚えてしまうほど。。

**なだらかな丘陵コース。40万坪の敷地に、全18ホールとクラブハウス、ホテル棟があります。お盆のトップシーズンはプレーフィーも平日18000円と高めですが、普段はビジター平日7000〜8500円程度。

9001.jpg小高い山の手に位置するため見晴らしもよく、台形の浅間山が、とても美しく見渡せるロケーション。
夕日が望めるから、ゴルフあとにもゆったり寛げる雰囲気を、なんとはなしに漂わせます。

**浅間山はゆったり構えていて、観ているだけで気持ちがやすらぐ
**客室内に置いてあった軽井沢新聞社発行の雑誌【軽井沢ヴィネット Vignette 2007年夏号】をふと広げてみると、あの山口路子ちゃんが掲載されているから、ビックリ!美しく撮られていました。。

9002.jpgロッカールームから続く大浴場は広々としていて、パウダールームも余裕有り。女性大浴場の備品はイマイチでしたが、陽光が差し込む脱衣所は、清潔なイメージ。
ホテルモントレー・グループの経営だそうで、ホテル棟の客室も優雅な英国調家具でしつらえてあります。大浴場は、男性が夜10時、女性が夜6時でクローズだそうで、そのため宿泊客には内風呂の利用を勧めています。(内風呂のつくりは大きくて立派でした)

9005.jpg 9006.jpg 9008.jpg


9007.jpg残念なのはレストランがあくまでもクラブハウス仕様で、独立経営していない点。前日までの予約が必要で、外食するにも、近隣は山に囲まれめぼしいお店もありません。それに「門限!」があって、夜の10時というから、軽井沢中心へ足を延ばすのも躊躇われます。

**こちら画像は、朝食の和定食(ひとり1050円〜1200円で各種朝食が食べられる)。


■【随縁(ずいえん)軽井沢ナインハンドレッド倶楽部】のホームページは、http://zuien.net
ラベル:ゴルフ 軽井沢
posted by 千葉千枝子 at 00:00| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ゴルフ・スキー・スポーツ観戦 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月15日

【マネープラス】9月号

過酷な暑さが続く東京。
今日も日本橋の出版社へ車で赴いたのですが、夕刻というのに車外の気温計は36度をさしていました、ひどいですね。

現在発売中の【マネープラス】9月号に、取材掲載されています。
あこがれの海外de老後」という特集でして、海外暮らしに必要な資金、リタイアメントビザの取得条件について、読みやすい一覧表で綴られていて必見です。
ぜひ、ご覧ください♪

また、8月24日から、【Power FP】の連載も再開します。「海外生活アドバイスに必要な基礎知識」と題したWeb連載ですが、基本編は終了し、あらたに「マネー編」を、これからは隔週でお届けします。乞うご期待!!

オールアバウト【海外移住】おとなの旅の【羅針NAVI】のWeb連載も、あわせてご愛顧くださいますよう。。暑さに負けず、がんばります!

posted by 千葉千枝子 at 21:30| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 千葉千枝子の取材協力 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月14日

新連載【千葉千枝子のロングステイコラム】

大人の旅の【羅針NAVI】にて、新連載「千葉千枝子のロングステイコラム」がついにスタートしました!

第一弾は、ロングステイの"裏技"をシリーズで紹介するコーナーで、憧れの海外ホテル暮らしをテーマに執筆しています。

月2回程度の更新を予定していますが、オールアバウト海外移住サイト同様、末永くご愛顧ください。


■サイト【羅針NAVI】は、http://www.rasinnavi.com/
ラベル:ロングステイ
posted by 千葉千枝子 at 00:00| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 千葉千枝子のサイト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月13日

【オヤジ・ロックバンド・コンテスト】

oyaji1.jpg「オヤジロックの熱い1日」という、むさ苦しいタイトルがついたOYAJIのためのロックバンド・コンテスト【オヤジ・ロックバンド・コンテスト】が、赤坂ANAインターコンチネンタルホテル東京のB1Fボールルーム"プロミネンス"で開催され、熱く鑑賞してきました!

**熱いでしょ?スモークがたかれるの。。

高校時代、学内でロックバンドを結成していた友人にエスコートしてもらい、オヤジのエネルギーをもらいにいったのですが、それは凄い熱気。予選を勝ち抜いた10組が、想いおもいの1曲をオンステージするのですが、どれもプロ級です。

oyaji2.jpg会場では、ビールや「オヤジロック」というネーミングのウィスキーなどが有料販売されていて、まあ、飲みも進む、すすむ。。

トップバッターでクランプトンの「レイラ」が披露されたのですが、バンド名は"オイラ"。い〜んじゃない?
優勝者("オヤジロック王"と呼ぶ)は二人組のビリージョエル「ピアノマン」で、バンド名は"江戸川兄弟"。。松戸からの出場で、上司と部下の関係だそう。い〜んじゃない?
**彼ら(画像右)が"江戸川兄弟"。ハーモニカもよかった♪

oyaji.jpg最後にラッツ&スターのいで立ちで、熱くオヤジをしてくれたのは、なんとANAホテルズ?勤務のホテルマンたちだったから吃驚よ。彼らの歌唱力はもとより、衣装、振り付けともにgoodで、元祖オヤジをやってくれました。

審査員には、小池栄子さんや放送作家の大倉利晴さん、それにTBSイカすバンド天国の元プロデューサー鈴木豊久さん、ANAインターコンチネンタルホテル東京の総支配人も審査に加わり、まあ、コメントもオヤジギャグ。。

全日空グループがインターコンに譲渡する以前からのアマチュアロックバンドコンテストだそうで、熱いまんまに36階"マンハッタンラウンジ"で、深夜まで飲みなおし。2時半開場だったから、長い飲みとなりました。

ラベル:ライブ
posted by 千葉千枝子 at 00:00| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ライブ・ミュージカル・ダンス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月12日

銀座【末廣】

suehiro.jpg足かけ20年通っているラーメン屋がある。
銀座の松屋通り裏手、ビームスに近い【銀座末廣(すえひろ)】。

最初に見つけたきっかけは、20代のころ、近くの山野愛子美容室へ通っていたから。(山野の技術者は海外サロンにも転勤を繰り返していたから、よく添乗先でもお世話になりました!)

さて、末廣のラーメンは複数種あり、選ぶのに悩むほど。
私はとんこつ味の「玄海こってり」が好きですが、暑さのせいか、今回は普通の玄海ラーメンに。。
**梅干がのってます

一年に一度寄ればよいほう?な、近ごろのペースですが、何年経っても味は変わりません。

■銀座末廣のホームページは、http://www.ginzasuehiro.com

ラベル:ラーメン 銀座
posted by 千葉千枝子 at 13:01| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 国内のグルメ・レストラン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月11日

赤坂【トゥーランドット游仙境】

turandod.jpg焦げつくような暑さが続く東京。
昨日の南中時間帯も、NHK報道局のかたとの面談で、少しだけ外出したのですが、広尾駅の周辺では、みな頭から湯気を出していましたわ。

この暑さのなか、土曜日だもの、昼からビールもいいだろう♪
やはり南中時間に近いころ、協和海外旅行の野口正二郎社長にお誘い賜り、赤坂アークヒルズ内にある、あの脇屋友詞さん経営の【トゥーランドット游仙境】での昼食会に参加。冷えたビールから始まる、お洒落なチャイニーズを楽しみました。

ご一緒したのは、山岳写真家のバン・ジローさんこと石川和伴氏と、映画評論家の小張アキコさん。

tourandoto2.jpgバン・ジローさんは、8月31日〜9月6日まで開催の、東京ミッドタウン内の富士フィルムフォトサロンにて「日本山岳写真協会展」に出品なさる予定だそう。
小張アキコさんからは、「パリ 映画とバレエに魅せられて」のご著書を頂戴しました。

現在、私が連載しておりますJR社内報「クリエイティブ21」は、女性の書き手によるリレー・エッセイ。ちょうど1年が経ち、次号最終回も入稿したところでして、このバトンを小張さんにお渡しすることでお話ししましたところ、ご快諾も賜れました。

お食事はというと、可愛いアジアンテイストのカゴに盛られた冷菜から始まり、脇屋さんお得意の壺スープや、メインは海老でしたが(私、海老にアレルギーがあるので)白身のお魚で。中国茶も美味しかったです。

■赤坂【トゥーランドット游仙境】は、アーク森ビル「オーバカナル」隣り、イーストウイング2階
ホームページは、http://www.turandot.co.jp/
**TEL3568-7190



ラベル:赤坂 グルメ
posted by 千葉千枝子 at 00:00| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 国内のグルメ・レストラン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月10日

【芳賀日向写真展】世界のカーニバル

hagasan2.jpg銀座キャノンギャラリーで開催中の芳賀日向写真展【世界のカーニバル】オープニングパーティーが、同ギャラリー内で開催されました。

芳賀さんは、日経新聞本紙夕刊(水曜日)に「地球ハレの日」を、お父様の日出男さんとリレー形式で綴られています。
日本旅行作家協会のお仲間としても、可愛がっていただいています。

**ご挨拶される芳賀日向さん

hagasan1.jpg今回、出品されたカーニバルのお写真は、どれも美しい色彩と、躍動感にあふれたものばかり。

私が一番気に入ったのは、ニースのカーニバル。スプレー缶で絵の具を飛び散らしながらのお祭りだそう。
**美しい色彩で、カーニバルの様子がいきいきと写しだされている…

hagasan3.jpg会場を"地球"に見立て、ドイツから始まる旅は、フランス、イタリア、カナリア諸島、カナダ、アメリカ、ブラジルと、グルッと、壁面で世界一周。デジタルとネガポジでは、赤の色味がこうも違うのかと驚くほどで、あらためてマニュアルの温かみを感じ入りました。

**兼高かおる会長もご出席された今回のパーティー。華がありました!

■芳賀日向写真展【世界のカーニバル】は、東京はじめ、全国4都市で開催の予定だそうです。
◎銀座(キャノンギャラリー)8月9〜15日
◎札幌 9月3〜14日 ◎仙台 10月22〜11月2日
◎梅田 12月20〜26日 ◎名古屋 2008年1月17〜30日

ラベル:カメラ 写真
posted by 千葉千枝子 at 23:53| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 旅と映画・旅と写真 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月09日

【読売新聞】ハワイロングステイセミナー採録記事

hawaiiseminar07.jpg8月9日付け【読売新聞】朝刊に、先日のハワイロングステイセミナー採録記事が掲載されました。

二面カラー刷りの紙面だけに、懐かしい方からの「見ましたよ」というご連絡が朝から相次ぎ、"メディアの影響力"をまざまざと感じた一日。
面白いことに、毎日新聞社にお勤めの大学同期諸氏からも「読売、みたよ」とメール有り。。(やはり四大紙はどこも外せない)と、唸ったのでありました。
あらためまして、ご視聴くださり誠にありがとうございました。

今週末、11日(土)掲載予定の日経「教えて!達人」(月1回で連載中です)も、お蔭様で校了となりました。今後ともご支援のほど、宜しくお願いいたします。
posted by 千葉千枝子 at 00:00| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(2) | 千葉千枝子の講演 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月08日

【旅と資産運用】セミナーに無料ご招待!

8月25日(土)に登壇するJTBグループ主催【旅と資産運用2007】セミナーに、オールアバウト【海外移住】読者を、無料ご招待することになりました!

場所は、六本木アカデミーヒルズ40

入場無料のお申込は、専用ホームページの「◎その他」にチェックをして、備考欄に「オールアバウト読者」と明記ください。

私が登壇予定の特別講演「あこがれの海外暮らしとマネー講座」は15時40分開始の予定です。

■セミナーの詳細は、http://www.gmacjapan.com/shisan/
ラベル:マネー
posted by 千葉千枝子 at 00:00| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 千葉千枝子の講演 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月07日

【品川プリンスホテル】

shinaprigolf.jpg執筆のために、3ヵ月半もゴルフレッスンをサボってしまいまして、8月から復帰宣言。

ところが振り替えは、前月分しかできないというので、「ならば、7月分くらいは取り戻しましょう」と一念発起。連日通いを始めました。

通っているのは品川プリンスホテル内の【高輪ゴルフセンター】。
昔、北品川に住んだことがあり地の利があるのと、車が停めやすいうえに、片道15分少々とうちから至近。

golf1.jpg「お、来たね〜」と、ご担当の廣瀬先生。
正味1時間のレッスンで、(またイチからやり直しだわ。。)とブルーな気分でしたが、段々、勘を取り戻してきて、ニッコリ♪

プリンス系のゴルフ場で"ラウンドレッスン"ができるのも魅力で、こちらに通うことにしましたが(最初は、神宮外苑に通おうかと迷ってました)、なかなか品プリから脱しきれていません。
涼しくなったら、ラウンドレッスン・デビューといきたいところです。
ラベル:ゴルフ
posted by 千葉千枝子 at 00:00| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(1) | ゴルフ・スキー・スポーツ観戦 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月06日

【電話取材】

オールアバウト【海外移住】サイトに新着記事「新生タイランドエリートで特権を手に入れる」を新着upしています!


体験談の執筆依頼が入り、現地にいるロングステイヤー(リタイアリーご夫婦)の方々に電話取材をしました。

150thaiimage.jpgおひと組は、タイのチェンマイでホテル暮らしをしているロングステイの達人。4年前の処女作執筆のとき知り合い、昨年暮れに、バッタリ取材先のチェンマイで再会をしました。
毎年、夏と冬、2〜3ヵ月をチェンマイでホテル暮らしされているといいます。

もうおひと組は、マレーシアのクアラルンプールで高級コンド暮らしをしている移住の達人。やはり4年前、ロングステイセミナーで知り合い、豪州移住を経て、KLに移り住みました。
ご夫婦で、週に2回程度、メンバーシップのゴルフ場でゴルフを愉しんでいるといいます。

さて、暑い東京で、相変わらずPCの前にへばりついている私。
4年前に購入したパソコンが、昨年来、容量不足で調子も悪くなり、「もう限界かな」と、騙しだまし使っていましたが、このところの膨大な執筆酷使に、ついにenterキーがパカッと外れてしまいました〜〜。

この肝心なときに……。ただオロオロするばかりなのであります。

**「リゾートに行きた〜い」と思わせる、タイのビーチ画像をご提供賜りました。皆様にお届けします。。


posted by 千葉千枝子 at 00:00| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 海外ロングステイ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月05日

【想い出のランドセル募金】

アフガニスタンの子どもたちにランドセルを贈ろう!
この言葉をネットでみつけて、すぐさま中学一年生の長男に相談したところ、すぐに快諾。これを、【想い出のランドセル募金】といいます。

ランドセルの寄付と輸送費募金を募るのは、財団法人ジョイセフ(家族計画国際協力財団)
まずは海外輸送費として1800円以上の募金を、クレジットカードかコンビニ、もしくは銀行振込で納め、そののち、使わなくなったランドセルを指定先に送ります。

randseru.jpg募金額は任意で決めることができ、5000円以上は寄付金として計上できるので、少額ですが5000円の入金をしました。

**ランドセルは梱包して、今日ヤマト運輸で発送しました。。
初めてのランドセルに、母子ともに胸躍らせたことを思い出します。

青空教室で勉強するアフガニスタンの子どもの手に渡る日を、楽しみにしています。

■【想い出のランドセル募金】のホームページは、http://www.joicfp.or.jp/jpn/randoseru/index.shtml

ラベル:ボランティア
posted by 千葉千枝子 at 00:00| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 子どもと旅・旅育 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月04日

【10年愛される「ベストセラー作家」養成コース】

今日は、出版コンサルタントで有名な土井英司さんが主宰する【10年愛される「ベストセラー作家」養成コース】に参加しました。

土井さんとは、オールアバウト本社で開催されたガイド向けセミナーにてお目にかかったのが始まり。一度、この養成コースを受けてみたいと思っていたので、渋谷・宮益坂の会場へと足を運びました。

この養成コース、略して「ジュウアイ」と呼ぶらしい。(まるで、渡辺淳一著「愛の流刑地」のアイルケみたい。。)
たくさんの出版希望、作家志望が集い、さながら人気の高い自己啓発セミナーのようでした。流石、土井さんのカリスマ性、秀逸性が表れています。

「本を書くと人生が加速する」、「メディアは言葉である」、「人としての価値を高めたほうが、メディアバリューが高くなる」、「自尊心の奴隷にならないこと」etc……。お若い方ですが、土井語録にはハッとする言葉やエッセンスがちりばめられていて、凄い。
もちろん有料セミナーで、2時間の講義に12000円。
ですから、もっと肝心なことは、ヒミツです。。

自分がこれから何を成すべきか、どの方向へ向いて歩めばよいのか、「書くこととは。。」が、見えたような気がしました。

■土井英司さんが代表の【エリエス・ブック・コンサルティング】のホームページは、http://eliesbook.co.jp/
ラベル:旅行作家
posted by 千葉千枝子 at 00:00| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 旅行作家・観光ジャーナリスト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月03日

【ゴルフダイジェスト社】

golfdigest.jpg東京・愛宕警察の裏にある【ゴルフダイジェスト社】に、週刊ゴルフダイジェストの取材受けで訪問。
自社ビルで、1階には荷卸のための駐車スペースがあるので、お言葉に甘えていつも車で伺っています。

ゴルフ雑誌のなかでは最も発行部数が多く、練習場で待ち時間に読んだりしています。(日刊メルマガ【ゴルフダイジェスト・オンラインGDO】は、私も愛読。。ときどき、可愛いウェアがセールされるので、インターネットショッピングでも利用しています)

今回は、国内ロングステイをテーマに、お盆明けの9月4日号(8月21日発売です)に誌面登場する予定です♪
ラベル:ゴルフ
posted by 千葉千枝子 at 00:00| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | ゴルフ・スキー・スポーツ観戦 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月02日

大門【素材屋】

lumut.jpgランチ時に赤坂見附で、マレーシア不動産開発の関係者たちと会食。パンコール島を渡る手前、Lumut(ルム)という漁村近くのオーシャンフロントに、350エーカー4000棟の大規模リゾートが開発されているということで、日本人が視察に訪れ始めています。
3ベッドルーム/1700スクウェアフィートで、日本円にして1000万円程度、完全所有権といいます。ハーバーがあるリゾートは、よいですね。

夕方は日も高い5時から、仕事の関係者と半年以上ぶりに再会し、延々と6時間半、呑んで語らいました。
場所は、浜松町駅から少し離れた【素材屋】大門店。
5時少し前にお店に着くと、まだ朝礼(始業前だったのです)の真っ最中。で、閉店の11時半まで飲みましたが、「本日、最初で最後の客」でした。
うずらの串焼きが、チーズも巻いてあり、美味しかったです。。
ラベル:居酒屋 浜松町
posted by 千葉千枝子 at 00:00| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 国内のグルメ・レストラン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月01日

西武池袋線【江古田駅】

昨日は、取材をする側となり、久しぶりに西武池袋線に乗車。池袋から3駅目、懐かしの【江古田駅】で下車しました。

ekoda.jpg練馬育ちの私は、あの黄色い車体の西武池袋線が通勤・通学の足でした。江古田駅に降り立ったときには、たくさんの記憶が蘇り(さながらフラッシュバック!)、思わずバッグからカメラ。ちなみに私が利用していた最寄駅は石神井公園ですが、沿線の江古田も何かのときに乗降していました。地下鉄が延伸、便利なルートが誕生したこともあり、西武線の利用は本当に久しぶりだったのです。

**で、ホームで"パチリ"。。

ekodakonpa.jpgブックオフ2階の「エスケープ」という喫茶店で待ち合わせでしたが、駅周辺の景色もすっかり変わり、どうしよう、道に迷ってしまった!交番へ駆け込むと、「まず、"江古田コンパ"を右ね」とおまわりさん。(あ、江古田コンパって、まだあるんだ!!)と、私は感動。練馬駅前に昔あった「キャバレーロンドン」と並ぶ、池袋線沿線の古い盛り場です。

**で、江古田コンパの前で"パチリ"。。

ekodaginza.jpg迷いに迷って、江古田銀座をきょろきょろしていたら、取材される側のお方が、私を見つけてくださいました。
お待たせしまして、スミマセン。。

**ということで、江古田銀座を"パチリ"。

帰りは、学生時代よく買い物をした池袋西武に立ち寄り、セールになっていたラルフローレンのスーツとブルーノマリーの靴をゲット。旅に出たような満足感のある一日となりました。
ラベル:鉄道
posted by 千葉千枝子 at 00:06| 東京 ☀| Comment(1) | TrackBack(2) | 鉄道 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする