2008年01月29日

【海外取材】の小道具

東京に積もるほどの雪が降るなんて、何年ぶりでしょうかね。雪模様の日曜日、溜まったブログを温かい部屋のなかで、過去にさかのぼって書いています。

タイから帰国後、まっ先にお会いした旧知のひと――。若いころの私を知る彼は、今、まさにグローバルビジネスの最前線で活躍する、企業経営者であり企業"戦士"。彼の悩みを50:50で聞くはずが、結局、私が約9割、公私の悩みを打ち明けました。
的確なアドバイスと励まし。学習できない女には、未だ見えないものもありますが、クリヤーに見えたものもありました。「仕事を確実にやれ」ということ……。忙しい中、ありがとう。。

002baginbag.JPG10ヵ月ぶりの海外取材。
今回は機材があって、且つ、長い旅。ですから(過日、読売新聞でコラムを書いたとおり)、バッグ・イン・バッグ、スーツケースの"入れ子"スタイルで旅立ちました。

**111リッターの大型赤リモワに、IATAサイズのキャビントロリー・ルフトハンザリモワ(35リッター)をスッポリ。山下マヌーさんの「1週間タイ(メディアファクトリー)」は、結局、お留守番させました。

315pcoriental.JPG 435bag.JPG 309ppt.JPG**最終日のオリエンタルホテルで

(画像左)バンコクのオリエンタルは、デスクにプリンターがビルトインされていて、片袖を開くと、スモールオフィスに早や変わり。引き出しには、目一杯、文具が備え付けてあります("続き"をご覧ください)。

(画像中)フェンディのパイロットケースは折りたたんでスーツケースに仕舞いこんでしまい、帰国はハードケース2つで。旅の終わりです。
**フェンディのパイロットケースは、こちら

(画像右)
パスポートケースはセリーヌのウォレット、名刺入れはエルメスのエンベロープ型を近ごろ愛用。机上には、絞りたてオレンジのウェルカムドリンクと、チャオプラヤー川の"渡し船"チケットが置いてありました。

■【チエコ流・貴重品の携行と愛用グッズ】は、
http://chiekostyle.seesaa.net/article/36690504.html

"続き"を読む
posted by 千葉千枝子 at 00:00| 東京 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 旅行用品・旅小物・土産・特産 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする