2009年07月31日

おすすめの一冊【いとしのエラ】

「生きることを真摯に考えるあなたへ」。
こう帯に綴られていて、何ともなくドキッとしました。スイスの思想家、女性冒険写真家のエラ・マイヤールが最晩年に紡いだ言葉が綴られています。

「晩年」という言葉、何時をさすのか、故人になってみなくては判らない・遣うことができない言葉です。私自身、執筆のさなか、ジェネレーションを表記するとき、いつも必ず手が止まります。中高年、老齢期、超高齢…etc。中年だとか高齢だとか、ひとくくりにできぬほど、実年齢との高低差を感じる時代になりました。遺稿の訳者に敬意の念を感じます。

img045itoshi.jpg


「新聞の切り抜きをこちらにちょうだい。私は世界につながっていたいの。何でも知っておかなくては!(【「いとしのエラ」エラ・マイヤールに捧げる挽歌】(アンヌ・ドゥリア著/鈴木光子訳 BOC出版部)より抜粋)」。女性が平等への闘いを始めた20世紀初め、「旅」と「書くこと」を選んだエラ・マイヤー。彼女の想いに、昭和40年生まれの私と、大きなジェネレーション・ギャップがないことに驚きを覚えました。

時空を超えて、「旅」と「書くこと」を選んでいます。晩年、東洋(アジア)の魅力に傾いたエラ。真に休息のときが来たとき、私はいったい誰に、どのようなことを頼むのかしら?


タグ:
posted by 千葉千枝子 at 00:00| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | おすすめの一冊 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月30日

おすすめの一冊【ツアーコンダクター】

少子化のこの時代、教育ツーリズムや旅育の重要性をひときわ痛感します。旅―――。それは不要不急であり、長い年月、遊興の一部とみなされてきました。しかし青少年期の人格形成において、とても重要な機会 opportunity であること。また、そうした仕事に携わることの意義・やりがいなどを、もっと広く知らしめることも、自分に課せられた役割のように感じています。

この本は初版が1991年と古く、とても貴重な一冊。実業之日本社から発行されている"仕事―発見シリーズ"の一連にあり、タイトルは【ツアーコンダクター】。著者の釜本美佐子さんは、JTBのツアコン一期生としてご活躍された才女で、サッカーの釜本邦茂さんは美佐子さんの実弟にあたります。

img047tourcon.jpg


姉弟が海外渡航デビューをどちらが先かを競ったというエピソード。サッカー日本ユースの代表に選ばれた邦茂さんに先を越された姉・美佐子さんは、大阪外語大を経て、初の海外旅行で憧れのヨーロッパを旅しました。そのとき旅の仕事に目覚め、JTB外人旅行部(当時)の門戸を叩くに至ります。
このシリーズ、中学・高校の図書館に並ぶだけに、とても読みやすい口調で綴られています。今の若いひとたちに、ぜひ読んでもらいたい一冊です。
タグ:
posted by 千葉千枝子 at 00:00| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | おすすめの一冊 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月29日

【レイルヨーロッパ&スイス政府観光局】プレスブリーフィング

鉄道先進国スイスの旅行人気を裏付けるかのような人の入り―――。
有楽町にあります日本外国特派員協会を会場に、スイス政府観光局とレイルヨーロッパが主催したプレス向けのブリーフィングに本日出席。スイス鉄道旅の最新情報を入手してまいりました。

006sws.JPG


イメージしただけでも涼やかなスイス山岳鉄道と車窓の風景。その魅力を、来る8月7日、
J-WAVE81.3MHz・番組「Paradiso(パラディーソ)」(11:30〜16:00)のなかでお伝えする予定です。ナビゲーションは南美布(みなみ・みぶ)さん。私も運転中に車のラジオでよく聴きます大好きな番組なだけに、ナマの美布さんにお会いできるのが今からとっても楽しみ。当日は、"けやき坂スタジオ"にて生出演の予定です。
posted by 千葉千枝子 at 23:04| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 鉄道 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月28日

TBS【はなまるマーケット】とくまるコーナーに出演します

放送(予定)日をあらかじめ教えて!と、よく知人らからお願いされるのですが、私自身が事前にわかっておりましても、速報などが入りましたときの順延やカットも当たり前、それに気恥かしさも手伝って、これまで事前告知をなるたけ控えておりました…。が、勇気をもってインフォメーションするよう努めてまいりますよし、ぜひ、ご視聴のほど宜しくお願いいたします。

来たる7月30日放送予定、TBS系列全国28局ネット【はなまるマーケット】(朝8:30〜9:55)の「とくまるコーナー」アウトレット特集にVTR出演をいたします。

img046chieko.jpg


ところでV録後、局のご担当者さんから、私のプロフィール紹介に画像の提供を依頼され、手持ちのわずかな古写真を、ひっくり返すことになりました。ほとんどが実家の押し入れに眠っているのですが…、私が海外添乗に行ったときのヒトコマ、1993年4月撮影の一枚です。とっておくものですカメラ



posted by 千葉千枝子 at 00:00| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(1) | 千葉千枝子のTV・ラジオ出演 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月27日

民主党政権で得する人・損する奴【週刊ポスト】に地方観光のコメントを寄せています

本日(7月27日)発売【週刊ポスト】8月7日号に組まれた特集「民主党政権で得する人・損する奴」に、観光ジャーナリストとしてコメントを寄せています。

高速道路無料化で観光地の明暗が懸念されています。ETC1000円効果で地方観光地からは悦びの声が聞こえておりますが、と同時に、地勢柄の不均衡を助長していることも忘れてはなりません。お得さ、便利さにばかり光が当たりがちな時代ですが、光が当たれば影もできるということを再認識すべきではとおもいます。

006chieko.JPG


ところで、誌面をみて驚いたことに、同特集で私と並んでコメントを寄せられたレジャー産業業界紙の役員兼編集長さん。なんと、拙著(しかも処女作)の編集をご担当してくださった恩人でした。お名前が目に飛び込んで、思わずびっくり。師弟でご掲載いただきました手(グー) 光栄です。
posted by 千葉千枝子 at 18:23| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 会社経営・ビジネス全般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月26日

美しいセブの海【シャングリ・ラ マクタンリゾート&スパ】と「氣」

セブの美しい海を、早くブログで紹介したいと思いつつ、時間ばかりが過ぎました。今日、お伝えするのは、セブの国際空港が位置するマクタン島の東岸。プライベートビーチにホワイトラグーン、そしてカラオケルームや託児施設、ECに最適なマーキーなどを敷地内に擁する【シャングリ・ラ マクタンリゾート&スパ】です。

026cebu.JPG


おすすめは、シャングリ・ラ ブランドで展開する【氣】ChiSPA(チー・スパ)。ヒロットと呼ばれるフィリピン式トリートメントやタイ式マッサージ、スウェディッシュなどが受けられます。
やっぱり、すべては"気"です台風

058cebu.JPG 073chi.JPG


■【シャングリ・ラ マクタンリゾート&スパ セブ】のホームページ(日本語)は、http://www.shangri-la.com/jp/property/cebu/mactanresort
■そして【シャングリ・ラ セブ】気になる客室内は…
posted by 千葉千枝子 at 01:51| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 海外のホテル・コンドミニアム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月25日

日経プラス1【アウトレットモール利用術】に達人掲載されました

この夏は、あまり遠出をせず近場でレジャーを楽しもうというひとが、少なくないはず。景気悪化の影響を受け、個人の貯蓄、それも投資ではなく安全性の高い銀行預金が、じわり増えているとか。生活防衛への構えが顕著になるなか、好調な来客数をみせているのが、アウトレットモールです。

004plus1.JPG


7月25日付日経新聞の土曜版・日経PLUS1に「アウトレットモール利用術」という特集が組まれ、私、千葉千枝子のコメントが掲載されました。少しでも安い物を買いたいとする消費者心理とレジャー産業が、うまく結びついた米国型アウトレットモール。政治経済が停滞するこの夏、日本版アウトレットは大きく開花のときを迎えるようです。
posted by 千葉千枝子 at 10:58| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | アウトレット・観光商業施設 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月24日

【あみプレミアム・アウトレット】でTVロケ

7月9日にグランドオープンしたばかり、茨城県・阿見にある【あみプレミアム・アウトレット】で、昨日、TVロケがありました。TBS【はなまるマーケット】のロケ班の皆さん、朝早くに赤坂を出発するというので、私は出番の正午ごろにあわせ、マイカーで現地入り。アウトレット・モールの特徴やお買い物術をコメントしました。

首都高向島線から三郷経由で常磐道へ、つくばJCTから圏央道を利用したのですが、のどかな田園風景の先に、いきなり広がるモールの、さらに向こうには……巨大な大仏様。そうです、あの牛久大仏です。

IMG_0017ami.JPG
雨雲が気になる牛久方面の空…


IMG_0002ami.JPG IMG_0018ami.JPG
IMG_0003ami.JPG IMG_0012ami.JPG


平日の昼前というのに、多くの利用客が訪れていました。アウトレットブーム、まだまだ続きそうですね。ロケ班の皆さん、暑い中、お疲れ様でした。
放送予定日は7月30日TBS【はなまるマーケット】(8:30〜)の「とくまるコーナー」にVTR出演します。お楽しみに目

■茨城県阿見【あみプレミアム・アウトレット】のホームページは、http://www.premiumoutlets.co.jp/ami/
■TBS【はなまるマーケット】番組ホームページは、http://www.tbs.co.jp/hanamaru/


posted by 千葉千枝子 at 00:00| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | アウトレット・観光商業施設 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月23日

銀座【チャオタイ】でシンハービールとタイ料理

夏本番というのに傘が手放せない毎日が続いていますね。
ここにきてパタパタっと露出が増え、7月27日発売の【週刊ポスト】に観光ジャーナリストとしてコメント、7月30日放送のTBS【はなまるマーケット】にVTR出演、そして8月1日発売の【第三文明】に旅行作家として紹介記事が掲載されます。夏休みを迎える前に、いずれかのメディアで皆さんのお目に触れたら幸いです。


タイつながりの仲間たちとの再会で、選ばれたお店、それは【チャオタイ】銀座店。阪急モザイク(銀座東芝ビル)の地階に位置しているので、地下鉄銀座駅に直結、とても便利で美味しくリーズナブルな、タイ料理専門店です。

IMG_0027chao.JPG


シンハーはもちろん、チャーンやプーケット・ビールなどタイブランドのビールが揃っているうえに、料理のメニューは全て寸分違わず本場タイの味。ソムタム(パパイヤで作るピリ辛サラダ)やトートマンプラー(タイ風さつまあげ)、カイチャオ・ムーサーブっていうのかしら?タイ風の卵焼きなどをオーダーしました。

IMG_0035chao.JPG IMG_0029chao.JPG

IMG_0036chao.JPG


銀座だけでなく渋谷に二店、原宿、川崎、横浜にも出店しているそうです。場所柄か、銀座店はとにかく女性客、それもお一人の女性が多く来店していました。タイの女性人気、ここにも表れているな…と実感。
【チャオタイ】おすすめですグッド(上向き矢印)

■タイ料理【チャオタイ】CHAOTHAI のホームページは、http://www.chaothai.jp
posted by 千葉千枝子 at 00:00| 東京 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 国内のグルメ・レストラン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月22日

映画【そんな彼なら捨てちゃえば?】の試写会に行きました

凄いタイトルでしょ!?【そんな彼なら捨てちゃえば?
ずっとお誘いいただいていたのですが、試写会最終日の昨日、午前に夕にアポがあるというのに、駆け付けましたよ、ワーナー・ブラザース試写会場。略して「カレステ」。サブタイトルもイケてまして、「彼はあなたに気がありません。この映画を観て、新しい恋をしましょう!」とあります。

米国のテレビドラマ「セックス・アンド・ザ・シティ」の脚本スタッフが仕掛けたとあって期待して出かけたのですが、あれ?この女優さん…。なんと「チャーリーズ・エンジェル」でイイ味出していたドリュー・バリモアが脇役で登場しつつ、自らが製作総指揮をとっていたのね!バリモア・コメディーも炸裂です。

005kare.JPG


全米No.1の大ヒット作。8月1日から全国ロードショーです。20代・30代の、恋に、ケッコンに悩める女性に、何か福音が届くかも揺れるハート


■映画【そんな彼なら捨てちゃえば?】の公式ホームページは、http://wwws.warnerbros.co.jp/hesjustnotthatintoyou/

posted by 千葉千枝子 at 02:03| 東京 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 旅と映画・旅と写真 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

新大久保【宋家ガムジャタン】で夏バテ解消

連休は用事があって新宿へ。
冬場は超満員。長蛇の列で賑わう韓国料理の専門店【宋家(そうけ)ガムジャタン】で、この暑いさなか「ふぅふぅ」言って、美味しいガムジャタンを食べました手(チョキ)

009soh.JPG


ガムジャタンとは、豚の背骨とジャガイモ(ガムジャ)をピリ辛味のスープで煮込んだ韓国鍋のことで、エゴマの葉やネギ、胡麻やニンニクが入っているから、パワー倍増。本当に美味しいんです!
そして、残ったスープで、麺かご飯をチョイスして腹ごしらえ。今回はご飯にしてみました。汁けがなく、お焦げチャーハンのようで、これまた美味。夏バテ解消に、ぜひ一度、試してみて。

013soh.JPG





■HISの「ふたりで2万円」セールも
posted by 千葉千枝子 at 01:42| 東京 ☔| Comment(0) | TrackBack(1) | 国内のグルメ・レストラン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月21日

【在日フランス大使館新事務所棟】を内覧しました

08年7月の着工以降、まる1年。私が暮らすマンションに隣接する【在日フランス大使館】では、新事務所棟の建設工事が行われてきました。
緑深き大使館の敷地は広大で、桜の老木が生い茂り、この時期、カブトムシやクワガタが、我が家の玄関前を訪ねたりしたものです(玄関開けると、わずか数メートル先が、大使館の敷地なのです)。かつてテニスコートが広がっていた場所に、全長100メートル、東西に走る新事務所棟が建設されるとあって、着工前から近隣住民との和合も苦労がひとしおだったようです。

先日、「大切な隣人の皆さまに」との呼びかけで、完成間近の新事務所棟内覧会が実施されました。完成後は厳重な警戒に立ち入りも制限されることから、10月下旬のオープンを前に行われた内覧会に、私も隣人のひとりとして参加して参りました。(ヘルメット着用で、足場が組まれた作業事務所に、恐るおそる…)

006french.JPG
以前あったクイーンアリス大使館は取り壊されました


005french.JPG
現在ある仮設のビザ棟


残念ながらセキュリティー上、一切の撮影が禁止されておりましたので
工事中の外観のみのお伝えですが、ご容赦ください。
現在、仮設のビザ棟も、将来、「新ビザ棟」として査証セクションがリニューアル・オープンします。ニュー・フレンチ・エンバシ―の誕生、今から楽しみです。
posted by 千葉千枝子 at 00:00| 東京 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 大使館・領事館 旅券・査証 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月20日

マニラ【ダイヤモンド・ホテル・フィリピンズ】

■オールアバウト【ロングステイ・海外移住】サイトに、新着記事「フィリピンでロングステイ最新情報2009」をupしました。
■連載中のファイナンシャルプランナー向け総合情報サイト【Power FP】も、次号はフィリピン特集です。お楽しみに。


「千葉さ〜ん、フィリピンは食事がマズいですよぉ」と出発前に言われ、ドッキリ。しかし、いえいえ。行く先ざき、美食に恵まれる旅でした。

今日、ご紹介するのはマニラのロハス通りに面する【ダイヤモンド・ホテル・フィリピンズ】。マニラ湾を望む27階建のエレガントな老舗ホテルで、ユーロ・コンチネンタル料理のダイニング"Le Bellevue"で、実に美味しいフルコースをいただきました。

IMG_9843manila.JPG IMG_9846manila.JPG


とってもムーディーなレストランですよ。マニラ・ベイの夕陽が望めるロケーションで、夜景がまた美しい。テーブル・マスターは、とても紳士的でハンサム。フィリピンの食、洗練されています右斜め上

■マニラ湾の眺めとともに…
posted by 千葉千枝子 at 19:53| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 海外のホテル・コンドミニアム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月19日

セブのジャズバー【ジャズン・ブルース】でボール・ルーム・ダンシング

フィリピンから帰国して1週間。東京は梅雨が明け、猛暑のなか外出続きの日々でした。飛びとびですが、フィリピンのご報告をお届けしてまいります。

今回の在比で特に印象的だったのが、明るいフィリピーナのダンシングです。治安が悪い、怖い・汚いというイメージが、どうしてもつきまとう土地柄ですが、とんでもない。首都マニラは驚くほど整備が進み、豊かさを感じ入りましたし、ビーチリゾート・セブでは美しい海を望むことができました。とはいえ、フィリピーナたちの踊り好きには、胸のすくものがあります。「明るく生きよ」、そんな言葉をもらった気がしました。

IMG_0248jazz.JPG


【ジャズン・ブルース】Jazz'n bluz―――。今、セブで人気のジャズバーで、日本人女性が経営しているというから驚きです。フィリピンでは、一般の社交ダンスよりもカジュアルに楽しめる"ボール・ルーム・ダンシング"が大流行り。(詳しくは、こちらをご覧ください)。DI(ディーアイ)と呼ばれるダンス・インストラクターが優しく手ほどきしてくれますので、難しいステップを知らなくても楽しく躍ることができます。

IMG_0254sebu.JPG
店内が混み合う前に私もDIにお手前いただきました


生演奏のド迫力で懐かしのナンバーが流れるなか、繰り広げられるボール・ルーム・ダンシング。夜も更けるころ店内は最高潮に。素敵なマダムとDI、それに白髪のご婦人や初老の紳士も、実に美しく軽やかに踊る姿に、とにかく圧倒されました。ぜひ、立ち寄ってみて!

■セブ市内【ジャズン・ブルース】Jazz'n bluz
**お店の地図や連絡先が、こちらに掲載されています。

■DIと記念撮影…
posted by 千葉千枝子 at 09:46| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ライブ・ミュージカル・ダンス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月18日

プリンスホテル【健康と美を追求した宿泊プラン】

ヘルス・ツーリズムを初めて取材したのは、4年ほど前。旅行医学としてお医者様の見地から語られることが多かった旅と健康が、近ごろでは、「メディカル・ツーリズム」「医療観光」というキーワードで、国内外ともに、さかんに推し進められるようになりました。

013pr.JPGプリンスホテルでは、このたび「健康と美を追求した宿泊プラン」を造成。去る17日、グランドプリンスホテル高輪を会場に、商品発表会が行われました。

■金曜日の夜から始まる二泊三日の【週末断食】プラン(ザ・プリンスパークタワー東京&グランドプリンスホテル新高輪)
高輪メディカルクリニックによる特別プログラムの人間ドック付き【トータルエイジングケアステイ】(ザ・プリンスさくらタワー東京)
■ザ・プリンスパークタワー東京【パークタワーアイランド・ステイ】三泊四日のプランは、エステメニュー5回のほか、各種プログラムや特典が付いて通常単価70万円のところ、27万円で格安提供。
以上、3商品が発表されました。

当日は、嬉しいことにドクターキュイジーヌ試食会が併せて行われました。
高輪メディカルクリニック専属管理栄養士の指導のもと、フランス料理ル・トリアノンの川又シェフが腕をふるったコースメニューです。画像でお楽しみください。


■プリンスホテル【ドクターズキュイジーヌ】フランス料理ル・トリアノン
posted by 千葉千枝子 at 00:00| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 大使館・領事館 旅券・査証 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月17日

浦和うなぎ【満寿家】から暑中お見舞い

■7月17日付【夕刊フジ】にて、皆既日食ツアーに関するコメントを寄せています。


001unagi.JPG暑中お見舞い申し上げます

毎日、うだるような暑さですが、皆さん、体調を崩されていませんか?

フィリピン帰国後、休む間もなく昼夜外出が続いた一週間。浦和ついでに精力をつけようと、老舗【満寿家(ますや)】さんで鰻料理を食べました。

知りませんでしたが、浦和近郊は江戸時代、沼地が多かったとかで、中山道を行き交うひとたちのための鰻料理店が、今でもたくさん残っているのですね。

"うな重"に"ひつまぶし"、"う巻き"などをひと通りオーダー。和服姿のお給仕に、なんとも江戸時代に戻ったかのようです。こちらは、二階のお座敷。床の間に衣装が飾られ、かつて浦和宿が栄えていたことを物語ります。


■創業明治21年うなぎ【満寿家】のホームページは、http://www.unagi-masuya.com/
**JR浦和駅西口から中山道沿い
タグ:グルメ 浦和
posted by 千葉千枝子 at 00:00| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 国内のグルメ・レストラン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月16日

フィリピン【マルコ・ポーロ プラザ セブ】

セブでの滞在は、セブ・シティにあるホテル【マルコ・ポーロ プラザ セブ】Marco Polo Plaza CEBU

131marco.JPG
BLU Bar & Grill


117marco.JPG
**落ち着いた内装のお部屋はデラックス・タイプ。インターネットは残念ながら有料です(画像右)。


わずか1泊の滞在でしたが、実に居心地のよいホテルで、お食事もgood。華僑の経営ですが、日本人スタッフも駐在します。高台にあるので眺めも抜群。屋上1000フィートからセブの海と街並みを眼下に望める"BLU Bar & Grill"で、まずは、ウェルカムドリンク。そのあとに、世界の食が楽しめるダイニング"カフェ・マルコ"にて、ブッフェディナーをいただきました。

"カフェ・マルコ"には、ピッツァ専用の釜があるほか、和洋中、巻き寿司やお刺身もあります。(生モノに心配なイメージがあったのですが、マニラもセブも、ホテルなどで出されるお刺身は、どれも美味しく新鮮でした。海洋国だからなのね…)。


■マルコ・ポーロのホームページは、http://www.marcopolohotels.com

■ダイニング【カフェ・マルコ】
posted by 千葉千枝子 at 00:00| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 海外のホテル・コンドミニアム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月15日

台湾薬膳火鍋の専門店【天香回味】銀座店

台北に行くたび立ち寄る薬膳火鍋の専門店【天香回味(テンシャンフェイウェイ)】が、日本にも出店しているというので、ランチタイムに銀座店を訪ねました。

IMG_0280hinabe.JPG


銀座に二店舗、赤坂や六本木にも出店しており、かなり流行っているのだそう。天香回味イチオシの「モンゴル鍋」はランチメニューで、おひとり2500円。約60種の漢方素材が含まれるスープは、滋養強壮や美容にもよいとされ、辛味のあるものと、ベーシックな味の二種類が楽しめる火鍋です。
暑いときには熱いものがイチバン。ぜひ、お試しください。


■天香回味(テンシャンフェイウェイ)のホームページは、http://tenshanfayway.com/
posted by 千葉千枝子 at 00:00| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 国内のグルメ・レストラン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月14日

【デュシタニ・マニラ】

「サワディー・カァ!」。ここはフィリピン・マニラなのに、ホテルエントランスの美しい女性が、そう声をかけます。【デュシタニ・マニラ】。今回のマニラ投宿先は、タイ資本の高級ホテル、マカティ地区にあるデュシタニ・マニラでした。「デュシタニ」というより、「デュシットッ!」と言ったほうが、地元のひとには通じましたね。

IMG_9755dusit.JPG


IMG_9752dusit.JPG IMG_9876dusit.JPG


リビングが独立したグランドというスイートに宿泊したのですが、デュシタニ独特のダークな色調で、落ち着く構え。角部屋で73平米の広さです。ネットが無料で、日本人の利用比率が比較的高く、場所も至便でおすすめです。

■デュシタニ・グループのホームページは、http://www.dusit.com/
posted by 千葉千枝子 at 00:00| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 海外のホテル・コンドミニアム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月13日

【トラベル・エクスプロア・フィリピン】フェアウェルパーティー vol.2

【トラベル・エクスプロア・フィリピン】フェアウェルパーティーの第二弾、「これがフィリピン流!」と驚かされたイベント・コンベンションの在り方です。

IMG_9966eastwood.JPG


マニラ近郊にある新興商業施設【イーストウッドモール】の中央エントランスで行われた、このフェアウェルパーティー。70年代、80年代の懐かしい曲が、さまざまな形で披露されました。最高潮に達したのは、ダンスタイム。フィリピン人の男性ダンサーが招きに訪れ、ディスコティークに酔いしれました。男性天国のイメージが強いフィリピンですが、女性も楽しめるデスであることを再発見。ダンスについても、あらためてインフォメーションしますね。

IMG_9985phill.JPG

IMG_9989phill.JPG
思わずニンマリ揺れるハート



posted by 千葉千枝子 at 00:00| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ライブ・ミュージカル・ダンス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月12日

【トラベル・エクスプロア・フィリピン】フェアウェルパーティー まずは動画をご覧ください

■トラベルビジョン掲載の特集「若者の海外旅行離れ」が週間アクセスランキングの第一位になりました。お読みくださり、ありがとうございました。編集長の書評はこちらです。


今回のフィリピン取材、テーマはMICE(マイス)です。業界用語ですから、一般のひとはきっと聞き慣れないことでしょう。MICEとは、ミーティング、イベント、コンベンション、エキシビションの頭文字をとったもので、観光振興のひとつに各国が注目しているテーマ群です。

フィリピン観光省主催の【トラベル・エクスプロア・フィリピン】には、われわれチームジャパン以外に、世界各国から多数のエージェントやマスメディアが集まりました。最終日のフェアウェルパーティーでは、マイケル・ジャクソンのそっくりさんによる踊りに始まり、矢島美容室さながらのボンバーなオカマ歌手など、魅せる見せる…。
まずは、パーティー会場で撮影しました、こちらの動画をご覧ください。


音楽著作権の関係で音声は流れません
posted by 千葉千枝子 at 23:04| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 政府観光局・観光協会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月11日

マニラのナイトスポットvol.2

エキサイティングなマニラ取材が続いています。

manila2 175b.jpg


もちろん本取材は、朝早くから夜遅くまでスケジュールに追われ、夜は夜で、ケソンにできた巨大モール・イーストウッドでのサプライズありなフェアウェルパーティーに出席。素晴らしい思い出ができました。

しかし、そのあとは夜のクラブ活動。昨日のフィリピンクラブ【アップ・ステージ】に引き続き、今夜は真隣りにある【ブルー・エンジェル】を訪ね、熱唱ですカラオケ 
明日はセブに移動します。
posted by 千葉千枝子 at 00:00| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 海外のグルメ・レストラン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月10日

マニラのナイトスポット

manila 001.jpg


フィリピンの首都マニラにいます!
終日取材後、昨夜はフィリピーナたちに囲まれてサンミゲルを飲みました。マカティにある、オンナの子たちいっぱいの、このお店の様子は、またあらためて。

posted by 千葉千枝子 at 09:16| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 海外のホテル・コンドミニアム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月09日

特集【若者の海外旅行離れ】記事が掲載されました

このブログを皆さんが読むころは、きっと私は機上のひと。明日のブログは、またガラっと違った内容でお届けすることでしょう。
【若者の海外旅行離れ】を検証する―――。拙記事が3シリーズでトラベルビジョンに掲載されました。

tvblog.jpg


若者の海外旅行離れ(1)「時代のリーダー」を対面取材(2009/07/07)
若者の海外旅行離れ(2)海外旅行の仕方を知らない世代(2009/07/07)
若者の海外旅行離れ(3)業界がするべき役割(2009/07/08)

ぜひ、ご一読ください。そしてご意見をお寄せ下さい。
末筆となりましたが、今回の調査にご協力をいただきました城西国際大学、そして横浜商科大学の皆さん、本当にありがとうございました。

タグ:ツーリズム
posted by 千葉千枝子 at 03:20| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 千葉千枝子の執筆記事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月08日

【目黒雅叙園】社長就任披露パーティー

航空、そして旅行業から総合結婚式場の社長へ。華麗なる転身を祝い、大勢の関係者、近隣の方々が駆け付けました。

IMG_0021meguro.JPG


目黒川のほとりに佇む【目黒雅叙園】。螺鈿細工が随所にほどこされ絢爛豪華なことでも知られています。社長ご就任、誠におめでとうございます。ますますのご発展を祈念しております。
posted by 千葉千枝子 at 00:00| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 国内のホテル旅館コンドミニアム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月07日

特集【主役になろう】

「【主役になろう】という特集があるのでご登場いただけませんか?」と先日、編集者の方から丁重なお電話をいただきました。梅雨空のこの頃には珍しく快晴となった七夕の今日。自宅近くの日比谷線広尾駅へ向かう道すがら、緑の木々に風がそよぎ、後ろを歩く若い女性二人が、うれしそうに「ハワイみた〜い」とはしゃいでいます。
新宿御苑近くにある、その出版社さんに伺う約束の時間は、午後2時。少し早く着いたので、ビル隣にある公園の木影で、じっと汗がひくのを待って、定刻より少し早くにお邪魔しました。

IMG_0011daisan.JPG


編集者さんにカメラマンさんとライターさん、編集長さんに専務さん…と、大勢の方にお出迎えいただき、およそ1時間半。旅行作家を目指した動機、大学時代から銀行を経て旅行会社に入ったときのこと。今の仕事への思いや若いひとたちへのメッセージを、パワフルに語りました。(それにしても、化粧崩れが心配)。半生を振り返ることができ、帰り道は感慨深げ…でした。
発売日は8月1日。【第三文明】9月号です。電車の中吊り広告も楽しみにしています。貴重なお声かけを、ありがとうございました。
posted by 千葉千枝子 at 00:00| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 千葉千枝子の取材協力 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月06日

【若者の海外旅行離れ】を検証

昨年来、調査を続けてまいりました若者の海外旅行離れに関する拙記事が、明日・明後日(7月7・8日付)トラベルビジョンに掲載の予定です。
観光学部を設置する私大二校にご協力を賜り、250近いサンプルを分析。予想を超える結果もあり、次世代リーダーの消費動向にあらためて驚きを覚えました。

no1.jpg.png
作図:千葉千枝子


こちらの図は、観光系学生のみならず非観光系の学部に所属する学生も含んだうえでの数値結果で作図しています。設問は、「若者が海外旅行をしなくなると、日本の将来に弊害があると考えますか?」。あなたなら、どう思いますか? 明日からの掲載を、どうぞお楽しみに。
タグ:ツーリズム
posted by 千葉千枝子 at 00:00| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 観光学と大学教育・キャリア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月05日

米沢牛 黄木の【牛そぼろ煮】

img044soboro.jpg山形のお土産に、知人から米沢牛 黄木の【牛そぼろ煮】をいただきました。
生姜の刻みと一緒に甘辛く煮る肉そぼろは、息子たちの大好物なので家でよくつくるのですが、さすが米沢牛。味がしっかりついていて、白いご飯によくあいます。

パッケージの絵柄は上杉公園の眼鏡橋。真空パックなので開封前は日持ちがします。美味しい旅のお土産、ありがとうございました。

■米沢牛・黄木(おうき)のホームページは、http://www.o-ki.co.jp/
タグ:山形 土産
posted by 千葉千枝子 at 14:19| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 旅行用品・旅小物・土産・特産 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月04日

おすすめの一冊【世界暗殺事件ミステリーファイル101】

今日おすすめの一冊は、タイトルも物々しい【世界暗殺事件ミステリーファイル101】―歴史に刻まれた決定的瞬間 (別冊歴史読本 42)です。

img042ansatsu.jpg


マイケル・ジャクソンさんの暗殺説が流れたりと、ヒーロー・ヒロインには諸説がつきもの。この本を紐解くと、未遂も含め、数多くの暗殺劇が古今東西、繰り広げられていたことがわかります。"映画で見る「暗殺」"コーナーには、ケネディ暗殺を描いた「JFK」や中国の「始皇帝暗殺」、トム・クルーズ演じる「ワルキューレ」などが紹介されており、観たい気持ちが募ります。昨年訪ねたベルヒテスガーデンの山荘に、ヒトラーが隠遁していたことも綴られていました(ヒトラーの山荘・ケールシュタインハウス訪問の様子は、こちら)。
男性編集者、渾身の一冊です。しかし次の新刊も楽しみ。女性なら誰しも憧れる、アノ人がテーマだそう…。

posted by 千葉千枝子 at 10:15| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | おすすめの一冊 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月03日

日本初 VISAトラベルプリペイドカード【グローバルマネー】を申し込みました

クレジットカードは後払い、即時払いはデビットカード。しかし、日本初【グローバルマネー】は前払い型のトラベルプリペイドカードです。
海外ATMでの現地通貨引き出しやVISA対応店舗でのショッピングができる一枚。事前入金をしますから、計画的な支出が可能です。例えば、クレジットカードの発行が難しい高校生や、複数通貨を必要とする海外出張時の旅費などに重宝するマネーアイテム。一昨日の7月1日に、発売が開始されたばかりです。

IMG_0006tb.JPG


旅のマネーアイテムに、ひところ昔は必携だったトラベラーズチェックが、すでに二社、姿を消しました。発行手数料も1%から2%へとアップし、利用者は減少の一途と聞きます。しかし、それに代わるクレジットカードは、米国並みに与信を厳格化する傾向にあり、旅先へのお金の持ち出し方にも変化が表れています。

発行元のトラベルバンクさんから「千葉さん、ぜひ使ってみてくださいよ」と背中を押された今日。近く海外出張がありますので、私も一枚、作ってみました手(パー) 


■グローバルマネーの申込書は、こちらのサイトからダウンロードができます。
タグ:マネー
posted by 千葉千枝子 at 00:00| 東京 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | フィナンシャル・観光と経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月02日

おすすめの一冊【バリ島ウブド楽園の散歩道】

先日のパーティーでご一緒した出版社の方が、参加御礼の一文を添えて、表紙の色味も美しい一冊のご本を送ってくださいました。
バリ島ウブド 楽園の散歩道 (地球の歩き方GEM STONE)】です。

img043diam.jpg


ウブド周辺をサイクリングしたのは、3年前の今ごろ。ライステラスの緑も眩しく、印象的な旅でした(そのときの、模様はこちら)。

バリ島に、まだ日本人観光客が少なかった18年前。インドネシア政府が外資系ホテルの誘致を積極化させたばかりのころ…インターコンが建設中のときに、バリ島を初訪しました。そのころは情報が乏しく、クタやヌサドゥアに集中していましたが、ウブドだけで一冊ができちゃうなんて!
体験型リゾート、進化していますグッド(上向き矢印)
タグ:
posted by 千葉千枝子 at 00:00| 東京 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | おすすめの一冊 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月01日

銀座 くいどころバー【独楽】

今日は、先般お世話になりました方に御礼の席。いくらメールや携帯の発達で便利な世の中になったとはいえ、互いの信頼を得るにはリアル・コミュニケーションが一番です。心を込めるには対面が最良で、自筆の礼状も欠かしません。(ですから、礼儀知らずには、ついつい腹が立ってしまうのです…ブツブツ)

IMG_0001koma.JPG


今日は初めてのお店、くいどころバー【独楽】(こま)を利用しました。銀座一丁目の桜通りに面しています。"炭焼・豆富・さかな"が美味しいとありますが、近ごろ珍しくない創作の和総菜が、(銀座にしては)まずまずの値段でいただくことができます。店内が狭いというのに、店員同志がかけあうオーダーの声が(カウンターに座ったものですから)あまりにうるさく、ちょっと辟易。お料理が、どれも美味しいのに、少しもったいない気がしました。
タグ:グルメ 銀座
posted by 千葉千枝子 at 00:00| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 国内のグルメ・レストラン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする