2009年08月31日

政権交代におもうこと

選挙速報で仕事が手につかなかった8月最後の日曜日。政権交代の予兆は海外でも話題になっていたようで、結果が出る前から、海外のさまざまな方から「(日本は)政権が替わるのでしょうか?」と尋ねられました。

観光業の発展にとって、自民党政権でなくなることに不安の声も聞こえました。しかし大きな潮流のなかで、経済を活性化させるための中長期的な政策、企業の救済以前に、個人に目を向けた政策、格差のない社会づくりが急務なところにまで、事態が深刻化しています。

子育て支援――、ありがたいことです。我が家にも、来春の高校受験で夏休みは遠出もできなかった息子がいます。ひとりっ子政策をしいているわけではないのに、今の日本には、兄弟を持たないお子さんが大勢います。理由はそれぞれ。しかし一般的には、晩婚など社会的背景のなかで、そうした結果が生じています。

「二人の子どもに恵まれよかったな」と常々感じております私でも、その反面、一人のお子さんに注力し過ぎる周囲の過保護傾向や経済的負担の違いに疑問を感じることがあります。「(民主党政権になり)たくさん産んでいてよかった」という巷の主婦の声が、テレビから流れてきました。将来の宝=子ども世代に光があたることに、今回の政権交代の本当の意義があるように感じます。

追記:二人分の夏休みの宿題を手伝い、31日は半徹状態でした…。
posted by 千葉千枝子 at 00:00| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 子どもと旅・旅育 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月30日

恵比寿・旬菜家庭料理【なかよし】

よいネーミングの店を選んでくれました、【なかよし】です。さかのぼると出会いも旧い三人が、この店に集い再会しました。

001nakayoshi.JPG


出会いのキーワードは「ロングステイ」。今は、それぞれに、違う道を歩んでいます。またの再会を楽しみに。手羽先やもつ煮込み、男爵いものグラタンなどなど、会話が弾み過ぎて、写真を撮るのを忘れちゃいました。まっこりのお土産、ありがとうございました。

■恵比寿西口【なかよし】は、http://r.gnavi.co.jp/e387100/
posted by 千葉千枝子 at 00:00| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 国内のグルメ・レストラン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月29日

ノジュール掲載【佐渡1週間ロングステイ体験】のモニター募集セミナーを都内で開催します

50代からの自分ライフを格好よく!――。人気の雑誌【ノジュール】8月号に、「佐渡1週間ロングステイ体験」というタイトルで、素敵なご夫婦の佐渡滞在記事が大きく掲載されました。

009sado.JPG


私も理事を務めますNPO法人交流・暮らしネットでは、国内長期滞在の推進を中心に活動をすすめております。このたび、内閣府・地方の元気再生事業における佐渡観光協会の取り組みを支援する目的で、佐渡1週間滞在のモニターを募集、都内においてセミナーを実施することにいたしました。

セミナー会場は、表参道にある新潟館ネスパス。実施予定日は下記の通りです。
2009年9月22日(祝)「秋の佐渡を楽しむ」セミナー
2009年11月29日(日)「冬の佐渡を楽しむ」セミナー
2010年3月7日(日)「春の佐渡を楽しむ」セミナー
いずれも14時開始予定、先着50名、入場無料で、佐渡の味覚試食会も予定しております。佐渡1週間滞在モニターにご参加いただける方は、船賃など実費の一部免除等、特典もあります。

逐時、セミナー詳細や応募の方法を、こちらブログで発表してまいりますので、ご興味のある方はぜひチェックされてください。当日は、私が司会進行をいたします。どうぞお楽しみに!




■秋の佐渡を訪ねるモニター募集要領と9月22日実施無料セミナーのお知らせ
posted by 千葉千枝子 at 16:40| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 国内ロングステイ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月28日

【日本旅行業女性の会】JWTCに入会をいたしました

以前、ゲストスピーカーでお招き賜りましてご縁をいただいた【日本旅行業女性の会】JWTC(JAPAN WOMEN IN TRAVEL CLUB)に、このたび入会する運びとなりました。

JWTCの初代会長で、JTBOGの大先輩です安西美津子さんは、つい先だって、日本国際ツーリズム殿堂入りを果たされたばかり。JTWO日本旅行作家協会会長で、日ごろお世話になっております兼高かおるさんに次ぐ、女性二人目の殿堂入りだそう。私事、恐悦ながら二代目・四代目の歴代会長にご推薦賜り、今回の入会に至ります。先輩諸氏のお導きを、とても有り難くおもいます。

005jwtc.JPG


旅行業を生業とはしておりません私も、とはいえ業界の今後の発展、後進育成に、持てる力でお役に立てればとおもいます。宜しくご指導・ご鞭撻のほどお願いいたします。

■JWTC【日本旅行業女性の会】のホームページは、http://www.jp-jwtc.org/
ラベル:旅行業
posted by 千葉千枝子 at 00:00| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 旅行業 運輸・観光業 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月27日

おすすめの一冊【JTB時刻表】

たくさんのご献本をいただいているなか、著者や編集者の皆様に、とても失礼をいたしますが、このところの執筆環境のなかで、いつも欠かせぬ座右の一冊【JTB時刻表】を、今日は無粋ながら紹介させていただきます。

このところ、北東北のコースづくりに、毎日、旅行会社各社のツアーパンフレットと睨めっこ。そこで、ふと取り出したのが【JTB時刻表】999号(09年4月号)です。**銀河鉄道スリーナインの著者・松本零士さんが表紙を飾りました!

img055jikokuhyo.jpg


時刻表には歴史があります。拙著でも紹介しましたが、JTB時刻表は1932年に鉄道省(現在のJR)「汽車時刻表」を編纂したのが始まりです。独占的な版権を失ったことから、現在は、JRが出版する「JR時刻表」と人気を二分します。私が旅行会社で営業マンをしていた時代は、いつも必ず、このJTB時刻表が、セールス鞄のなかに入っていました。

「えきねっと」。そうです、今ではインターネットで列車時刻を検索します。それでも記事を書くときに、アナログ志向は重要です。ときの気分で、JRかJTB、どちらかを購入するのですが、何しろアナログな時刻表は座右の一冊。想像力・創造力を働かせるとき、アナログは役立ちます(そんなエッセイを、JRさんの連載で、書いたことがありました〜)。ダイヤも変わり、消耗品な時刻表ですが、999号、捨てられないでいます。そんな一冊です。

■「JTB時刻表1000号ありがとうキャンペーン」ホームページは、http://www.rurubu.com/1000/
ラベル:鉄道
posted by 千葉千枝子 at 00:00| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | おすすめの一冊 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月26日

カナダロイヤル銀行東京支店で来日中のRBCドミニオン証券クリスさんと

昨年暮れのリーマンショックから、早や10ヵ月が経ちました。景気は底をつき再生の兆しとの報道にも、ビジネスのフィールドでは実感もわかないうちに、季節も変わろうとしています。猛暑が去り涼しい風が吹き始めた昨日、ホテルオークラ前にあるカナダロイヤル銀行東京支店を訪ねました。カナダから来日中の【RBCドミニオン証券】日本マーケット担当クリス氏とお会いするためです。

006rbc.JPG


「米ドルの代替通貨」と呼ばれるカナダドルですが、リーマンショック後は、やはり一部の米国人らがカナダへ預金を移すなど、リスクヘッジのための行為がみられたようです。海外の銀行口座開設は、今や、珍しいことではありませんが、銀行選びは容易ではありません。いかに安心・安全に資産運用ができるか、その信頼性やシステムの点で、「わからないから」という理由だけで、邦銀に任せているひとが大半なのではないでしょうか。

カナダにおいて証券会社 Securities が優位なのは、代理制度が徹底し、さまざまな銀行への預金ができるという点です。銀行によって金利も異なるため、利回りの高い順に銀行を選び、政府保障の範囲(1行につき10万カナダドル)を上限に分散して預金するGIC手法をとることができるというメリットがあります(ちなみにカナダ国内の銀行では1年定期で1.55%、5年物で3.35%、昨日時点のハイアーレートです)。

007RBC.JPG
オークラ前のRBC東京支店


クリスさんに最新のグローバルファイナンス・ニュースリリースをいただきました。世界の銀行ランキングでRBCは世界第7位。カナダの銀行としては最上位に位置します。シティグループが上位30位から姿を消し、グローバルバンクにも変化がみてとれます。

カナダでの資産運用を真剣に考えていらっしゃるのであれば、バンクーバーに本部を置く【RBCドミニオン証券】日本マーケット担当に、まずは日本語で相談されてみてはいかがでしょう。電話はカナダ(604)257−7291(ショウコさん、もしくはクリスさん宛て)。最低取扱額は10万カナダドル〜。場合によっては東京支店での取次も可能とのこと。日加の違いがみてとれます。
posted by 千葉千枝子 at 13:06| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | フィナンシャル・観光と経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月24日

アウトレットの取材受けで五反田に行きました

今日は、アウトレットモールの賢い利用術などについて取材を受けるため、五反田にあります出版社さんを訪ねました。

この不況下、時代の波に乗る日本版アウトレット・モール。全米では300を超すといわれていますが、アウトレット・プロパティの歴史なども交えながら語らせていただき、ときを経ること2時間弱。何だか話をするのがとっても楽しくて、編集の方やライターさんに「千葉さん、本当に楽しそうにお話なさいますね〜」と言われてしまいました。(つくづく私って、お買い物が好きなんだわ。。)

014az.JPG


以前、長原に初めておうかがいしたのは、6年ほど前のことでしょうか。五反田に移られたとのご通知はいただいておりましたが、それから早や1年も経ったのですね。あまりに立派な社屋で、実に驚きました。次号、来月、こちらの発売が今から楽しみです!
ラベル:アウトレット
posted by 千葉千枝子 at 00:00| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | アウトレット・観光商業施設 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月23日

海岸通りのお洒落なレストラン&バー【セデュース】

日の出桟橋の近く。海外通りを車で走ると、いつも目に留まる赤い軒のレストラン&バー【セデュース】Seduce。ネオ・イタリアンのお店です。

025b.JPG


031b.JPG 034b.JPG


遠く瞬くお台場の夜景と暗く沈む東京湾。なかに入ると意外とカジュアルテイストで、マルゲリータのピッツァや冷えたハートランド・ビールが美味しかったです。

■港区海岸【セデュース】Seduce のホームページは、http://www.seduce.jp/
ラベル:グルメ バー 港区
posted by 千葉千枝子 at 00:00| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 国内のグルメ・レストラン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月22日

日の出桟橋の船上バー【JICOO】vol.2ウェイティングバー

海抜0メートル、日の出桟橋出発の船上バー【JICOO】は、100名ほどの貸切船上パーティーが可能です。
乗船までを、日の出桟橋客船ターミナルのウェイティングバーでお集りいただける趣向。航行前から、ムーディーな気分に浸れます。
04jicoo.JPG
こちらがウェイティングバー

ちなみに、日の出客船ターミナルJICOO入口は、シンフォニーの待合所に向かって、左手にあります。受付は、こちら入口付近もしくは、船着場近くにご用意します。

022hinode.JPG


006jicoo.JPG


日の出桟橋の船上バー【JICOO】
posted by 千葉千枝子 at 00:00| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | クルーズ・港湾 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月21日

日の出桟橋の船上バー【JICOO】vol.1海抜0メートルの動く東京夜景

■本日、生出演しました、日テレ【おもいッきりDON!】、ご拝聴賜りありがとうございました。
■オールアバウト【ロングステイ・海外移住】サイトに新着記事「各種届出・手続」をupしました。


浜松町から海外通り方面へ、日の出桟橋に停泊するフローティングバー【JICOO】でカクテルを楽しみました。
これ日中は、観光汽船ヒミコとして東京湾を運航する水上バス。それが夜になると、光も怪しく、お洒落なバーに変身するのです。木・金・土の夜の定期便は、日の出桟橋とお台場海浜公園を片道30分で運航。予約不要、東京イチお洒落なバーで夜景とカクテル、素敵ですね〜。

007jicoo.JPG


010jicoo.JPG


来月9月1日、こちらを貸し切り、船上パーティーを行います。ご興味のあるかた、ご一緒しませんか?乗船前のウェイティングに最適な客船ターミナルのバーは、こちら

■船上バー【JICOO】のホームページは、http://www.jicoofloatingbar.com/
posted by 千葉千枝子 at 18:33| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | クルーズ・港湾 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月20日

【JATA世界旅行博2009】来月開催です

年に1回の旅の祭典【JATA世界旅行博2009】が、今年もお台場・東京ビッグサイトで開催されます。期間は、9月18・19・20日(18日は業界日)の3日間。開催1ヵ月前を切り、ほうぼう関係者の皆様からご連絡やご通知、再会を誓ったメッセージをいただいております。

DSCN5418s.JPG


4月に参加しましたソウル市招聘事業を主催されたソウル市観光公社の皆さんからも、「ソウル観光広報名誉記者」の名刺とともに、訪問当時の記念写真がエクスプレス便で送られてきました。今年ソウル市も、JATA博にブースを出すそうです。

ちなみに今年の【JATA世界旅行博2009】、テーマは「世界を活かす旅の力」〜旅が世界を元気にする〜。テーマ地域はアフリカです。皆さんにも、きっと会場で、ばったりお目にかかれるはず。今から開催が楽しみです。

■世界旅行博2009の公式ホームページは、http://ryokohaku.com


■ソウル市招聘事業訪問団の皆さんと
posted by 千葉千枝子 at 14:19| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(1) | 旅行業 運輸・観光業 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月19日

おすすめの一冊【ココ・シャネルという生き方】

女性の生き方は男性に比べ、ある意味多様。特に現代においては、境遇の一致を求めきれない複雑さが在ります。世界を代表するデザイナー、ココ・シャネルという一人の女性の生き様をなぞり、現代女性へのメッセージを著した一冊【ココ・シャネルという生き方 (新人物文庫)】が、版元の新人物往来社さんから届きました。

ご担当の編集者さんから、かねてより発行への強い想いをうかがっていただけに、(やっとできたのね、おめでとう)という気持ちで手にとりました。昨日、ロケバスでの移動中に完読。文庫版で読みやすく、あっという間に読み上げてしまいました。

img054coco.jpg


「自分が何者なのか決意しなさい」「自分の実力は自分で決めなさい」「退屈より失敗を選びなさい」「真似されたら喜びなさい」…etc。各章にこめられたメッセージのなかに、きっと幾つかの気づきがあることでしょう。

私自身、仕事上でのコピー=表現や活動の模倣に苦しめられた時期がありました。しかし「コピーされるのは誇らしいこと(中略)つまり「成功の証明」そのもの…(本文より抜粋)」というくだりを読むにつけ、これからも(誰もが真似したくなるオピニオン・リーダーでいつづけよう!)と確信。広い気持ちになれました。
映画も間もなく封切り。旬な一冊です。ぜひ、ご一読を。
ラベル:
posted by 千葉千枝子 at 09:52| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | おすすめの一冊 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月18日

【御殿場プレミアム・アウトレット】でTVロケ

昼前に汐留の日テレ本社を出発、今日は【御殿場プレミアム・アウトレット】TVロケでした。
ご一緒させていただきましたのは、私たちアラフォー世代のシンボリック的存在RIKACOさんと日テレジェニック2009の小泉麻耶さん。この三人で、超お得品を買い物三昧。楽しい一日でした。

それにしても、とにかく驚いたのは、おしゃれアドバイザーRIKACOさんのファッションセンスと機転のよさ。スタイル抜群、美しいのは誰もが知っていることですが、おしゃれ・感性・気遣いと、すべてにおいて脱帽。
お話していてわかったのですが、まず、私と同じ年。そして長男も中3で同い年手(グー)  マネージャーさんがおっしゃってましたが、いつものまんま、気さくで、これが"素"だそう。彼女の生きざまに勇気をもらっている同世代女性も多いのでは?と感じます。

002go.JPG


005go.JPG
御殿場プレミアム・アウトレット、賑わっていました


本日のV録放映は、今週21日(金)日本テレビの番組【おもいッきりDON!】正午過ぎ12時台です。帰り道、礼儀正しくキュートな小泉麻耶ちゃんと記念撮影をして別れました。芸能界って挨拶や礼儀を重んじるって聞いてはいますが、皆さん本当に折り目正しい。勉強になります。

008mayachan.JPG



posted by 千葉千枝子 at 20:30| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | アウトレット・観光商業施設 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月17日

日テレ【人生が変わる1分間の深イイ話】に祖父が…

明日は、日テレの番組ロケで御殿場。
お顔のマッサージでもして美容に備え、早く寝なくちゃ…と思っていたところ、テレビを観ている息子から「ひいおじいちゃんが出ている!」。

日テレ夜9時【人生が変わる1分間の深イイ話】09年上半期全員一致の深イイ話に、「世界一のおじいちゃん」と題して、実祖父が登場しているではありませんか(番組の内容は、こちら)。

完全なる敗北…、おじいちゃんに先を越されました。健康の秘訣はズバリ「ちょっと、ごまかすことよ(祖父談)」。わかりました、美容も健康も一緒。真面目一本気にならず、誤魔化しながら、やってみます。
ラベル:テレビ スポーツ
posted by 千葉千枝子 at 23:15| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ゴルフ・スキー・スポーツ観戦 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月16日

【フィリピン航空】PAL

フィリピン取材から早や1ヵ月。「千葉さんの記事、読みましたよ」と【フィリピン航空】の方からメールをいただきました。最後に寄せられた「癒しの島フィリピンをよろしくお願いします」の一文に、思わずホロリ。

さまざまな国の政府観光局職員さん、そして航空会社に勤務される社員の方々と一緒に旅をします。皆さん、それぞれ、お国を愛しているのがわかります。「フィリピン航空をよろしく…」とくるところ、「癒しの島フィリピンをよろしく」というから泣かせるじゃありませんか!

IMG_0033p.JPG


IMG_0044pal.JPG


7000もの島々からなるフィリピン。マニラ国際空港までの降下の様子は、それは美しいものでした。
東京・名古屋・大阪からマニラへは毎日就航、福岡-マニラも週5便あります。

IMG_0026pal.JPG IMG_0030pal.JPG


マブハイ!(タガログ語でHello!の意味)
癒しのエアライン【フィリピン航空】PALも、ぜひヨロシク手(パー)

■【フィリピン航空】日本語サイトは、http://www.jp.philippineair.com/

■マニラ上空
posted by 千葉千枝子 at 00:00| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | エアライン・空港・マイレジ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月15日

天然温泉【極楽湯】和光店でバッチリ充電

しばしのお盆休暇を堪能しました。実家近くの天然温泉【極楽湯】で湯三昧。正午までに入店すれば、通常950円(土日祝)のところ、500円というので、慌ててお支度。まずはシェイプアップバス→檜風呂→天然温泉(これまた泥色)→寝湯と湯渡りし、すっかりのぼせたあとは…。原稿書きでこった肩・背中・腰を、その名も"ほぐし処"で、整体師にほぐしてもらいました。本当に「極楽、ごくらく〜」。しかも嬉しいことに、お盆期間中は生ビールが1杯290円!。ということで、かれこれ4時間も楽しんでしまいました。

Image070goku.jpg


「夏で旅シーズンだから、もしや海外?」と、よくご質問をいただくのですが、旅のピーク期はコスト高なうえ、現場の皆さんはかきいれどき。お客様をお迎えする大切な時期にお邪魔することになるので、基本的には取材を入れませんし、オファーがくることはありません。特に海外は、その土地のベストシーズンと日本の暦が一致するとは限りませんので、こうしたときこそ充電できるんですね。
ばっちり、充電しました手(チョキ) また明日から再始動です。
ラベル:練馬 温泉
posted by 千葉千枝子 at 00:00| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日本の温泉・和風旅館 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月14日

第1回【筑紫哲也賞"スローライフの眼で"作文コンクールにご応募ください

日本を代表するジャーナリスト筑紫哲也さんがご他界されて、間もなく1年が経とうとしています。生前の筑紫さんのスローライフ活動への遺志を継ぎ、このたび筑紫哲也賞が創設されました。私も参加しております【スローライフ学会】より、賞創設のご案内をいただきましたので、ここで皆さまにご報告いたします。

img052s.jpg


第1回筑紫哲也賞"スローライフの眼で"作文コンクール】応募要項
神話・伝説・昔話を題材に、5000字以内の作文を郵送かメールで。応募の締切りは09年10月31日(必着)。優秀な作品には賞金50万円ほか。詳しくは、主催【NPOスローライフ・ジャパン】のホームページをご覧ください。お一人何篇でも応募できるのだそう。審査員は元総務大臣・増田寛也さんや朝日新聞の論説でお馴染み・早野透さんら、そうそうたるメンバーです。ぜひ、ご応募ください!

■第1回筑紫哲也賞"スローライフの眼で"作文コンクール応募要項は、こちらからダウンロードできます。
ラベル:スローライフ
posted by 千葉千枝子 at 00:00| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 地域・まちづくり・NPO | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月13日

(財)日本交通公社【観光事典】

盆の墓参に実家へ帰るため、格闘の末、原稿を仕上げ、このブログをじっくり練馬で書いています。
観光ビジネスの基礎用語を書き進めています。借用した数冊の観光辞典(事典)を紐解くと、意外と面白い語彙が並んでいてびっくり。業界用語がおもだつため、どれも聞き慣れた言葉ばかりで、ついつい読みふけることも。しかし近年編纂された辞典のなかには、疑問符がわく語彙もあります。例えば、「アゴ」「アシ」「マクラ」。これは隠語の部類とおもうのですが、学術的な"辞典"に載るというのも……。

tokyobon09 0201.jpg


さて、今日ご紹介するのは、昭和48年に発行されました【観光事典】(財団法人日本交通公社発行)です。新聞社の用語事典に体裁が似ており、年季の入りかたからして希少性を感じさせます。発行は古いのですが、語彙説明に遜色はありません。時代性を反映しやすい観光ビジネスも、基本の知識があってこそ。先人は偉大…と、その足跡を感じます。もちろん、アゴ・アシ・マクラは掲載されていません。
posted by 千葉千枝子 at 00:00| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | おすすめの一冊 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月12日

日本テレビ【おもいッきりDON!】に出演予定です

大きな地震に飛び起きたのが、いったい何時だったのか…。前夜、新宿ゴールデン街で飲んで歌って二日酔い状態だった私は、翌朝、大いなる疑問にかられました。東名道の崩落など被害も甚大なだけに、移動の足、スケジュールに影響を受けたかたも多いのではないでしょうか?

001nihontv.JPG


昨日は、汐留にある【日本テレビ】本社日テレタワーに打ち合わせに行きました。来週、アウトレットの現地ロケが予定されていまして、8月21日(金)オンエアー、昼またぎの番組【おもいッきりDON!】に、VTRとあわせ、生出演の予定です。「オ・シ・え・てDON」のコーナーですから、お昼間の12時台前半です。どうぞ、お楽しみに!

さて、打ち合わせのあとは、新橋で迎え酒〜。この時期、暑い中お仕事されている皆さんと、久々の再会が続いています。落ち着いて会話できる時期、落ち着いて原稿が書ける静かなお盆を迎えています。

■中山ヒデさんがお伝えする日テレ【おもいッきりDON!】の公式ホームページは、http://www.ntv.co.jp/don/top/
posted by 千葉千枝子 at 19:32| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 千葉千枝子のTV・ラジオ出演 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月11日

単著【悠々ロングステイガイド台湾】

地震に水害、総選挙と、何だか気忙しい夏盆ですね。

taiawngurashi.jpg今日ご紹介するのは、2006年12月に発行されましたムック本【悠々ロングステイガイド台湾】(千葉千枝子著/イカロス出版)です。
書籍ではありませんが、単著のスタイルをとらせていただきました。あとがきには、北京語でプロフィールを。そして現地でオーダーしたチャイナドレス着用の姿も掲載されています。

台湾との結びつきは強く、思い入れがあります。台湾初訪は戒厳令がしかれていた80年代半ば。その後の訪問回数は数えきれないほどで、まるで生き物のように変貌する街並みを、じっと、この30年、みてきました。

日台の国交が断絶したのは1972年のことですが、民間ベースでの交流は実にさかん。何より台湾のよさは「人」だと実感します。アジア近隣諸国に「近くて遠い国」という表現がありますが、近ごろは以前にも増して垣根がなくなりました。大交流時代の幕があいたのを痛感します。私たち一人ひとりが、小さな親善大使の役割を担っているのですね。


■【悠々ロングステイ・ガイド台湾―台湾は心とカラダにやさしい (イカロスMOOK)】(千葉千枝子著)


posted by 千葉千枝子 at 14:37| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 千葉千枝子の著書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月10日

単著【カナダ・バンクーバー ロングステイ術】

オールアバウト【ロングステイ・海外移住】サイトに新着記事「渡航直前に必要な準備と段取り」をupしました。海外旅行チャネル人気ランキングで上位をいただきました「フィリピンでロングステイ最新情報2009」記事とあわせ、ぜひご一読ください。


来年度はちょっと忙しくなりそうなので、これまでの活動の軌跡を、このお盆休みの間に整理しようと頑張っています。日常の暮らし・非日常の旅をお伝えしたく、ブログ毎日更新を信条にしておりますが、ちゃんと公式ホームページも持っています。業務上の活動歴はすべて、こちらHP上で発表してまいりましたが、デビュー当初からのものではないこと、そしてHP以上にブログへのアクセスが多いことなどから、単著・共著を過去にさかのぼり、少しずつご紹介させていただくことにしました。

canadayvr.jpgこの本が発行されましたのは、2006年2月のこと。カナダ西海岸のロングステイに人気の都市・バンクーバーを紹介しています。

発行元はJTBパブリッシング。
かつての職場で同じビルに入居しておりました当時は、日本交通公社出版事業局という名称で、お世話になっておりました。お気づきの通り当時から、一事業部ではなく"局"として、JTBの出版部門は権威を誇っていただけに、(JTBから自著を出したい)という一念で、企画立案に動いた一冊です。

カナダの四季の美しさ、バンクーバーの空気は光煌めき、それは気持ちがよいのです。まだまだ先…、と思っていたバンクーバー五輪も間もなくですね。書店や図書館などで見かけましたら、ぜひお手にとられてみてください。


■【カナダ・バンクーバー ロングステイ術】(千葉千枝子著/JTBパブリッシング)
posted by 千葉千枝子 at 10:31| 東京 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 千葉千枝子の著書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月09日

築地【すし鮮】6丁目場外市場店

「築地場外を案内して!」という知人からのリクエストで、先週の昼下がり、築地駅に降り立ちました。2時も過ぎると、店の多くはシャッターを降ろし始めます。

044jyougai.JPG


数軒めぐったのち、暖簾をくぐりましたのが築地【すし鮮】6丁目場外市場店です。新潟出身という店長さんはお話好き。カウンターの奥に陣取りオーダーを済ませると、あれやこれやと我々の会話に加わります。"特選おまかせにぎり"を頼みましたが、ネタが新鮮で、美味しかったです。

045jyougai.JPG



■築地【すし鮮】のホームページは、こちら。帰りに、お店近くの波除(なみよけ)神社を参拝しました。
ラベル:グルメ 築地
posted by 千葉千枝子 at 01:06| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 国内のグルメ・レストラン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

四谷三丁目のレストラン【パザパ】

四谷三丁目に美味しいカジュアルフレンチのお店があると聞き、向かいましたのがレストラン【パザパ】PAS A PASです。

細〜い階段で2階に上がると、赤いギンガムチェックのテーブルクロスに彩られ、(ここはパリの下町?)と思い違うような空間が広がっていました。お料理の種類が豊富なのに、お値段はリーズナブル。ディナーは前菜・メイン・デザート・お飲物のコースで2625円。それが、ランチは同じメニューで1575円というから驚きです。

038pas.JPG 040pas.JPG


カルパチョを前菜に、メインはパザパ名物"牛ほほ肉の赤ワイン煮込み"を選んでみました。それがまた、お口の中でとろけるような柔らかさ!ボリュームもあります。
場所は、四谷三丁目駅からちょっと歩いた杉大門通り沿い。次回は、ランチでお邪魔したいとおもいます。


■レストラン【パザパ】PAS A PAS のホームページは、http://www.hpmix.com/home/pasapas/
ラベル:グルメ 四谷 新宿
posted by 千葉千枝子 at 00:29| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 国内のグルメ・レストラン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【淀川長治】映画の祭典・前夜祭で伝記映画サイナラと大林宣彦監督トークショー

「【淀川長治】映画の祭典・前夜祭にいらっしゃいませんか?」とお誘いいただき、大崎ゲートシティホールで、淀川氏伝記映画「淀川長治物語・神戸篇 サイナラ」を試写しました。
今年は淀川長治さん生誕100年の記念の年。映画の素晴らしさを広くあまねく教えてくださった淀川さんが、この世を去ってから、早や10年が経ちます。上映後の大林宣彦監督トークショーで、あらためて淀川氏の偉大さとご功績、そして昭和のよさ・懐かしさがこみ上げてきました。

この映画、スタンダード・フィルムの手作り感があるうえ、時代衣装も素晴らしく、それに淀川さんの幼少時代から青年期までがいきいきと描き出されていて、惹きこまれます。このところ邦画への人気が高まっていますよね。近ごろでは、来客数の約6割が邦画だそうで、ハリウッド映画とは違う、胸に熱い日本の作品に注目が集まっているのがうかがえます。

007yodo.JPG 005yodo.JPG
002yodo.JPG 010yodo.JPG


淀川長治・映画の祭典は16日まで、東京・大崎のゲートシティ大崎で開催されています。若かりしころの淀川さんのお写真、そして懐かしの映画ポスターなどが展示されていて、とってもキッチュです。サイナラ・サイナラ・サイナラ…。子どものころ聞いた淀川さんの、あのフレーズが、ナマに聞こえてくるような、そんな映画でした。秋吉久美子さんの名演技もみどころですよ。
ラベル:映画 神戸
posted by 千葉千枝子 at 00:00| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 旅と映画・旅と写真 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月08日

トラベルビジョン【MICE誘致に乗り出すフィリピンの潜在性】

旅行業界web誌【トラベルビジョン】の現地レポート拙記事「フィリピンMICEトラベルマート開催し誘致を強化」が8月7日付で掲載されました。

diamondpic.jpg


今回のフィリピン取材は、各旅行会社の秀逸なMICE担当者らと、昼に夜に同行させていただき、私自身とても勉強になることばかりでした。サブタイトルに冠した「MICE誘致に乗り出すフィリピンの潜在性」。それは今後、アジア各国がしのぎを削るであろうMICE覇権争いのなかで、地勢柄、日本に近しいフィリピンに、多くの潜在性が秘められていることを言い表しています。記事はこちらです。ぜひ、ご一読ください。

posted by 千葉千枝子 at 01:31| 東京 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 千葉千枝子のサイト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月07日

【J−WAVE】けやき坂スタジオで南美布さんの番組PARADISOに生出演しました

六本木ヒルズにあります【J−WAVE】けやき坂スタジオで南美布さんの番組「PARADISO」ボン・ボヤージュというコーナーに生出演しました!
いつも車を運転中にラジオから流れる美布さんの軽快な声。聞けば15年来の長寿番組だそうで、大好きなナビゲーターとお会いできて、本番前からカンゲキひとしおでした。

001jwave.JPG


今回のテーマは、暑い毎日に一服の涼、スイスの観光列車「氷河特急」です!その名もグレッシャー・エキスプレス。PARADISOブログには、早速、美布さんとのツーショット写真や、番組の詳細が掲載されています。ぜひ、ご覧ください!こちらです。私の鉄子画像も掲載されています…、サンモリッツ駅で悦にいってる写真ですよ。リスニングくださり、ありがとうございました。

003chieko.JPG
スタジオで南美布さんと手(チョキ)




posted by 千葉千枝子 at 17:23| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 千葉千枝子のTV・ラジオ出演 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月06日

四谷三丁目の渋いバー【こくている】

明日(8月7日)【J-WAVE】81.3MHz昼の番組「Paradiso」ボンボヤージュのコーナーに出演します。14時10分ごろ登場の予定です。ぜひ、チューニングされてみてください。


店内に入るなり目にとまったのが、真野響子さんのモノクロポスター。ウイスキーの宣伝用でしょう、あの"ダルマ"が一緒に写っていて、背景は、まさにこのお店。荒木町の小路にあるよつや【こくている】です。
先日、ある媒体の編集長さんに連れていってもらいました。渋〜い感じで味があり、お値段的にもリーズナブルで安心できるバーで、とっても気にいったので、ブログ紹介させていただきました。

043yotsuya.JPG
看板からしてシブイでしょバー


■よつや【こくている】
新宿区荒木町1番地 電話03-3357-3845
**四谷三丁目駅が最寄りです



ラベル:バー 四谷
posted by 千葉千枝子 at 00:00| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 国内のグルメ・レストラン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月05日

【ナショナルジオグラフィック】主催イベント「私たちはどこから来たのか?」人類の大いなる旅

東京・お台場の日本科学未来館で開催された日経BP社&ナショナルジオグラフィック(日本版)主催のイベント「私たちはどこから来たのか?」を聴講しました。

006mourisan.JPG
日本科学未来館館長の毛利衛さんが冒頭ご挨拶
「月面に二足歩行のロボットを送ろう」という動きがあるのだそう


米国ナショジオ協会付き研究員スペンサー・ウェルズ博士の基調講演は、ことさら興味深いものでした。人類の大いなる旅――「私たちは、どこから来たのか?」。科学を道具に歴史を学ぶ「究極の旅」がテーマです。

現代人の遺伝子を調べ続けたスペンサー博士は、「"人類"誕生の地はアフリカ」と断言。それは突然変異から始まったといいます。突然変異した人類の祖がアフリカを旅立ったのは6万〜2万年前のこと。世界各地の先住民族5万人以上、一般人30万7千人ものDNAサンプルを抽出。この壮大なプロジェクトは2005年から始まり、今もなお続けられています。

ちなみに日本に最初に辿りついたのは、まさに"アイヌ"だそう。私たち現代日本人の約3分の1が、アイヌの8割にみられるDNAの型="南方系縄文人"といいます(下図をご覧ください。旅してますね)。
東アジアを廻り辿り着いた南方系縄文人の場合、「お酒が強くソース顔(文化人類学者・竹村真一氏の弁)」だそう。それに対して、中国大陸から渡った北方系弥生人は"しょうゆ顔"でお酒も弱い?ようですよ。あなたはどちら?人類の旅、ゾクゾクしますね。

023national.JPG
インドネシアやフィリピン、台湾を渡ってきたから、日本人はシーフードが好きらしいexclamation×2


最後のトークセッションでは、沖縄出身の知花くららさんも登壇。遠目にも美しさが際立っておりましたが、彼女のDNAを読み解くと、ベーリング海を渡り北米へと移住したひとたちが祖先だとか(やっぱり違うな〜)。人種の違いが、とてもミクロなものだと感じ入った、このセッション。最後の〆で語られたセリフ、「私たちは"地球人"なのです」。印象的でした。

028national.JPG
パープルのブラウス姿が知花さん。英語も堪能でした


■ナショナルジオグラフィック(日本版)のホームページは、http://nng.nikkeibp.co.jp/
10月19日にはスペンサー博士が出演するナショジオのテレビ放映もあるのだそう。チェックしてみて!

■夏休みは【日本科学未来館】へ!
ラベル:イベント
posted by 千葉千枝子 at 00:00| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 観光業界ニュース・最新事情 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月04日

【岩手県交通バス】と東北新幹線【ポケモン新幹線】

015takagi.JPG帰京後の打ち合わせにあわせ、岩手弔問の復路はひとり、路線バス+新幹線でした。

岩手県交通】の路線バス「特急一関線」で一ノ関駅まで、高田からは気仙沼経由で約2時間(1680円)。そして一ノ関駅から東北新幹線やまびこ号利用で、東京駅まで約2時間40分。乗り換え時間を含めますと、おおむね5時間超の長旅です。
地方の路線バスは赤字経営が多いと聞きますが、市民の大切な足だと、こんなとき、つくづく感じます。日に8本の運行。父の生家の目の前に停留所があります。

さて、お盆のピークシーズンを前に、しかし企業の夏期休暇分散化が進んでいるのでしょう。新幹線は、まずまずの乗車率。とはいえ往きはETC1000円の日曜日に車で出発しましたから、いつもより(東北道は)車の数が多く、びっくりしました。お盆の時期、高速道路と鉄道が、どのような混み具合になるのかが気になります。

027jr.JPG 028jr.JPG
やまびこ号の車窓には緑の田んぼが目にも眩しい


東京駅に着くと、期間限定JR東日本の【ポケモン新幹線】が入線していました。息子たちが幼少のころの暑い夏、ポケモン・スタンプラリーをしたことを思い出します。ラッピング列車を前に、記念撮影をする親子連れを何組もみかけました。夏旅のシーズン、間もなくピークが到来ですね。

034iwate.JPG



ラベル:バス 鉄道 JR 岩手県
posted by 千葉千枝子 at 00:00| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 鉄道 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月03日

追悼【岩手県陸前高田市米崎町】にて

突然の訃報でした。伯父急逝の悲しい報せに、実弟と一路、岩手県陸前高田を訪ねました。東京から、車で所要7時間半の道のり。父の生家でもあります茅葺の旧家。山険しい三陸の農村に佇む千葉家の軒先には、御霊燈の灯りもほの暗く、駆けつけた私たちをひっそり迎え入れてくれました。

012owakare.JPG


穏やかで心優しく、争いを好まぬ伯父でした。幼少のころより毎夏、東京から車で訪ねた想い出のふるさと。従兄弟もそれぞれ家庭を持ち、それぞれの道でしのぎを削っています。築百年超の母屋に一族が集まったころ、「子どものころには凄く高いと思っていた梁や天井が、こんなに低かったのかな?」と従弟。そうですね、我々が大きくなったということです。

いつも思うのです、(ご先祖様に守られているな…)と。永遠の旅路――。おじちゃん、ありがとう。これからは皆を、天から見守ってください。
posted by 千葉千枝子 at 00:00| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ライフスタイル全般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月02日

エリザベートも愛したあのカフェが日本に上陸!青山【ジェルボー】

「日経プラス1」「夕刊フジ」「週刊ポスト」「TBSはなまるマーケット」、そして「第三文明」…。それぞれの媒体を通じ、たくさんの知己の方々からご連絡をいただきました。心温まるお言葉、ご声援を、本当にありがとうございます。この場をかりて、心より御礼申し上げます。


ハンガリーの至宝、あのエリザベート王妃も通ったとされるブダペストのカフェ【ジェルボー】が、ついに日本に上陸。海外初進出でもあるのだそうで、早速、ハンガリーつながりの知人と当カフェで夜の7時、待ち合わせをしました。

004aoyama.JPG


しかし残念。ティールームは6時半までだそうで、スイーツの販売が8時までとか。しかし美味しそうなケーキの数々、ネーミングがこれまた面白いのです!黄色い長方形のケーキは"トラム"、そして山型のものは"ヤーノシュ"、それに日本を意味するのだそう苺のショートケーキは"ヤパーン"…etc。可愛いでしょ。
場所は246号沿い、紀伊国屋と東京ウィメンズプラザの中間に位置します。ハンガリーの過去記事も、あわせてご覧ください。

■青山【ジェルボー】のホームページは、http://www.gerbeaud.jp


■"トラム"や"ヤーノシュ"…ハンガリーの過去記事は
ラベル:カフェ 青山
posted by 千葉千枝子 at 00:00| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 海外のグルメ・レストラン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月01日

8月1日発売【第三文明】電車の中吊りにご注目ください

3rd_poster_0909_216h.png

本日(8月1日)発売の【第三文明】。「主役になろう!」特集に登場します旅行作家・千葉千枝子の文字。嬉しいことに、電車の中吊り広告にも大きく踊っています♪
サブタイトルは「自分らしく輝くために」です。本誌とあわせ、ぜひ、ご一読ください。
ラベル:千葉千枝子
posted by 千葉千枝子 at 09:40| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 千葉千枝子の取材協力 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする