2009年12月31日

【2009年所感】

毎年暮れの恒例となりました、"所感"と申しますか、私観・所見を発表しております。どうぞ、おつきあいください。

2009年という年は、まさに生き残りをかけた一年でした。驚くほどに酷い景況に、巷で起こる、ちょっと大袈裟ですが"仁義なき戦い"。仕事に専念した、この一年。自ら挑んだSurvivalな戦いに、善戦していることを実感しての大晦日を迎えております。
それもひとえに多くの方々のご支援の賜物と、とりわけ恩師や所属団体の諸先輩方、関係各所の皆々様のご厚誼に、心から感謝をしております。この一年のご愛顧を、本当に有難うございました。

年賀状の準備が晦日スタートとなりました。遅れての新年ご挨拶を、どうかお許しください。皆様、どうぞ健やかに、佳いお年をお迎えください。


posted by 千葉千枝子 at 00:00| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ライフスタイル全般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月30日

今年を、そしてこれまでを振り返り…一時帰国した中村佐恵美さんと

今年最後のアポイントメントは……。
LAはウエストハリウッドから一時帰国したサエミ、そう「ハリウッド女優になったOL奮闘記」などのご著書でも知られる中村佐恵美さんと、久しぶりに再会しました!彼女とは24年前、お互いが初めての海外、憧れの地・アメリカで、ひと夏を一緒に過ごした仲。その後、彼女は短大を卒業し大手不動産会社に就職したのも束の間、会社を退職して単身渡米をしました。翌年、私は銀行から旅の会社に転職を。お互いが夢を叶えるための一歩を踏み出した瞬間でした。

2009oomisoka 058saemi.jpg


恵比寿のウェスティン東京・龍天門。美味しいチャイニーズをつつきながら今年一年を振り返り、そしてこれまでを振り返り、それぞれの道、仲間たちの今に想いを馳せました。
米国生活20年を迎えた彼女。女優道を全うせんとする貴女を、心から讃えます。サエミ、また会えるときまで!お互いの、さらなる昇りを祈って。

■中村佐恵美さんのホームページは、http://saemi.play-guide.net/
posted by 千葉千枝子 at 00:00| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | ライフスタイル全般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月29日

新春号でお会いしましょう!

間もなく2009年も暮れようとしていますが、私にとりましては充実した、感慨深い一年でした。新年は幾つかの紙面やweb、それも新春号でお会いできますので、ちょっぴり早くご報告いたしますね。

観光とまちづくり(日本観光協会) 
新年号で海外ロングステイと日本の課題に関する記事を執筆しています。
月刊レジャー産業資料(綜合ユニコム)
1月25日発売予定(2月号)でニューツーリズムとしてのアウトレットを執筆しています。
タブロイド紙「世界と日本」(内外ニュース)
新春特大号で台湾ロングステイをテーマに執筆しています。
フリーペーパー「3 Times Press」(リクルート)
1月25日配布予定に取材協力しています。テーマは内緒です…。
オールアバウト「海外旅行の準備・最新情報」
新年「旅行積立」をテーマに新着記事がupされます。

そのほか、雑誌などに登場の予定です。年末進行のなか、懇切丁寧にご編集を賜り、大変お世話になりました。
タグ:千葉千枝子
posted by 千葉千枝子 at 03:13| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 千葉千枝子の執筆記事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月28日

広尾の薬膳きのこ鍋【悠宮】Yugoo

今年一年、連載でお世話になりました編集長さんと、暮れの挨拶を兼ねてお食事を…。ということで、巷が御用納めのこの日、広尾の薬膳きのこ鍋【悠宮】Yugooを訪ねました。場所は、昔、"広尾デパート"があった先の路地(わかりますか?惜しまれながら去った、広尾デパート…)。
「ヘルシーでコラーゲンたっぷり」というのに惹かれ、きのこ20種の"薬膳きのこ鍋"1人前2500円に、帆立(別料金)をトッピング。ピーナッツパウダーの特製ダレに、好みの薬味を入れて食べるのですが、パクチーの刻みもあって感激!おすすめです。

IMG_0051kinoko.JPG


それにしましても、私の都合で広尾にご足労いただき恐縮でしたが、切に助かりました。実はこのところ、執筆依頼や取材協力依頼が集中しており、あまり時間に余裕がなかったものですから…。帰宅後、年内の仕事すべて、脱稿しました。ありがとうございます。来年も輝かしい一年となりますように(合掌)。


タグ:広尾 グルメ
posted by 千葉千枝子 at 00:00| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 国内のグルメ・レストラン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月27日

おすすめの一冊【軽井沢free】

今日ご紹介する一冊は、軽井沢で老舗の雑誌【軽井沢free】(毎日ムック)です。もとはフリーペーパーで、しかも軽井沢ガイドとしては元祖・フリーペーパー第一号なのだそう。そういえば、ネーミングに名残がありますよね。一冊380円で書店売りされています。

gazou 002.jpg


年があらたまりましたら、軽井沢・プリンスショッピングプラザのアウトレット攻略をテーマに、取材協力をさしあげる予定。見本誌を一冊、送っていただきましたが、女性好みのつくりで情報も満載。今回は、初夏に発刊予定の号で、皆さまのお目に触れるとおもいます。この冬、軽井沢へ行かれる方は、開運スポットを特集していますので、ぜひご一読を!
タグ:雑誌
posted by 千葉千枝子 at 00:00| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | おすすめの一冊 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月26日

おすすめの一冊【不機嫌な女子社員とのつき合い方】

内田春菊さんのイラスト入りで、ハッと目をひくこの一冊。新刊【不機嫌な女子社員とのつき合い方】(ポプラ社)は、女性の部下を持つ悩める世の男性、特に私と同世代の管理職クラスの男子に、読んでもらいたい一冊です。

gazou 003.jpg


(いつの時代も、いるのね、こういう女子……)と頷ける、"扱いに困る"女子、全28タイプを網羅。彼女らの能力をひきだして育てるのも、企業においては重要な仕事であり、力量が試されるところですから、本気出して読んでみてください。私も若いころは、このなかの"一匹狼女子"あたりだったかな?1300円税別です。
タグ:
posted by 千葉千枝子 at 00:00| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | おすすめの一冊 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月25日

オールアバウト新着記事「2009年!旅行業界10大ビッグニュース」

オールアバウト【海外旅行の準備・最新情報】に新着記事「2009年!旅行業界10大ビッグニュース」記事をupしました。

皆さんは、どのような聖夜&クリスマスをお過ごしですか?私は、泣く子も黙る半徹夜。「メリークリスマス!」と携帯に、PCに、嬉しいメールをいただくものの、複数ある原稿〆切りの嵐に(リーマンショック後、今年前半の、アノ暇は、なんだったのだろう…)と自問しました。そんな2009年も、あとわずか。今年の業界10大ビッグニュースを特集しました。読んでね目

<<おもな内容>>
▼第10位は? エリカ様も、ノリピーも行った"アレ"でしょう…。
▼第9位は? 心に残った天変地異といえば…。
▼第8位は? ハワイでもブームになったそうヨ。
▼第7位は? 山崎豊子さんの「沈まぬ太陽」に何か答えが!?
▼第6位は? 前原国交相の力量が今、試されるとき…。
▼第5位は? 明日は石川遼クンが親善大使の記者発表の日…。 
▼第4位は… 心よりご冥福をお祈りいたします。

さすがにトップ3は、URLをクリックして本記事をお読みください。年内最後のオールアバウト新着記事です。この一年のご愛顧を、心より感謝いたします。

記事URLは、http://allabout.co.jp/gm/gc/20893/
posted by 千葉千枝子 at 00:00| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 千葉千枝子のサイト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月24日

今年最後の出張です【沼津魚市場】から

暮れも押し迫りました。今年最後の出張は、静岡県沼津市。事後、港まで足を伸ばし、魚市場の場外で年末の海産物ショッピング。行列ができる店・魚河岸【丸天】の本・支店を梯子して、特許取得で有名な「丸天かき揚げ」や"かさご"の唐揚げに舌鼓。沼津駅のホームから、美しい富士山を拝むこともできました。続きはあらためて…。

IMG_0022nu.JPG


IMG_0012ka.JPG


IMG_0003nu.JPG


タグ:静岡県 沼津
posted by 千葉千枝子 at 02:38| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日本の名所・旧跡・お城 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月23日

おすすめの一冊【みんなが知りたい空港の疑問50】

今日、おすすめしたい一冊は、新刊【みんなが知りたい空港の疑問50】(ソフトバンククリエイティブ)です。12月に発売されたばかり、旅のお供に持ちやすいサイズの新書版。この"みんなが知りたい"シリーズでは、旅客機がテーマのマニアックタイプで、皆さん、すでにお馴染みですが、こちらは「なぜ?なぜ?」と知りたくなるような空港の秘密がカラー写真入りで平易に綴られていて、女性や子どもも楽しめます。羽田のハブ化や伊丹問題など、マスコミを賑わしている日本の空港。その空港を、身近に知ることができる一冊です。

img073apt.jpg


タグ:
posted by 千葉千枝子 at 00:00| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | おすすめの一冊 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月22日

韓流記者が綴る女性週刊誌

今月初め、大手女性誌で"韓流記者"と呼ばれる皆々様との交流の席にお邪魔しました。韓流スターの動向をつぶさに追って、ファン納得のグラビアで毎号お届けしている女性週刊誌の韓流記者の皆さん。とてもエネルギッシュです!

IMG_2073i.JPG


こちらは光文社の【女性自身】。
イ・ビョンホンさんの大ヒットドラマ「アイリス」の撮影現場を押さえたものやヨン様のアップなど、ファンならずともうっとりみとれる出来映えです。記者の皆さん、毎月のように韓国へ飛ぶのだとか…。「今度、ぜひご一緒しましょう」と、盛り上がりました。
タグ:韓国
posted by 千葉千枝子 at 00:00| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | おすすめの一冊 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月21日

おすすめの一冊【ナショナル ジオグラフィック トラベルガイド カナダ】

ムックタイプの旅本で、きちんと作り込んであるものが近ごろ随分と姿を消しました。景気の影響、海外旅行離れ、出版不況…、いろいろな理由が背景にあります。

img074ng.jpg


日経ナショナルジオグラフィック社が、この暮れ、臨時発行した【ナショナル ジオグラフィック トラベルガイド カナダ】は、そうした世況に一風をもたらしてくれました。見たことも触れたこともない大自然を訪ねることは、ニューツーリズム隆盛の時代にあっても、揺るぐことのない「旅」の根幹です。感受性の高い若いうちに、ぜひ、この大自然を体感してもらいたいものと願っています。ナショジオの意気が伝わる、おすすめの一冊です。

タグ:
posted by 千葉千枝子 at 00:00| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | おすすめの一冊 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月19日

おすすめの一冊【日本人がまだまだ知らないハワイ】旅のヒント・コラム

今年も多くの著者、編集者の方々からご献本を賜りました。この場を借りて、心から御礼申し上げます。そのうちの一冊、ロンリープラネットのコラム・セレクション【日本人がまだまだ知らない】シリーズは、ハワイとイタリアのほか、タイも書店に並んでいます。
【日本人がまだまだ知らないハワイ】旅のヒント・コラム138は、新書サイズで旅のお供にぴったり。特にロンプラのガイドブックは、あまりに厚すぎて持ち歩きに不便、という声をよく聞きます。ただし、こちらは読み物風。ガイドブックではありません。かなりマニアックな内容で、実際、本当に知らないネタが多くて吃驚です。

img050lp.jpg


近ごろは、日本人の目線、視点を大切にする向きが顕著ですよね。特に中国マーケットにおける日本ブランド確立の動きは、化粧品や飲料などを中心に加速傾向にあります。そうした点で、世界に名だたる和製ガイドブックの今後の展開も楽しみなところです。

タグ:ハワイ
posted by 千葉千枝子 at 00:00| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | おすすめの一冊 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月18日

想いのご著書…

今日、ご紹介する3冊は、いずれも書店では入手できない、貴重で、想いのこもったものばかり。
まずは、古市恭さんが著した【彼岸花】〜初恋の記憶〜。
旅先で出会った女学生との淡い恋物語かと思いきや…。当時、大学生だった主人公は、のちに念願叶って雑誌「旅」の編集者に。しかし激務から身体を壊し、畑違いの仕事に身を呈したところに彼女との再会。岬の旅情も伝わります。そして、【とど(魚へんに毛)ヶ崎】。こちらは、ご著者の実直さがうかがえる一冊です。

2070c.JPG


歩んできた我が人生の足跡を晩年に振り返り、それを商業筆ではなく、したためることができたなら。とても幸せなように思います。
五反田昭文さんの短歌集【いくばくの ことを成せしや わが一生 生くる証に何を残さむ】。19年の闘病生活のなかでうたわれた短歌。ご家族が遺稿をまとめて一冊にされたものです。「子の仕事 聞かれて一瞬 とまどいぬ 微笑という名の雑誌の中身」―――。生真面目なお父様が、我が子の仕事を想う気持ち。それらをご子息が、没後一冊の本にまとめました。本を編むことの"想い"や魅力を親子リレーされたものです。
タグ:
posted by 千葉千枝子 at 00:00| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | おすすめの一冊 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月17日

タブロイド紙「世界と日本」連載【Hello! ロングステイ】

今年2月から連載中の内外ニュース・タブロイド版、週刊「世界と日本」【Hello! ロングステイ】。ご愛読賜りまして、読者の皆様、いつも有難う存じます。最終回まで残すところ、あと1回となりました。連載の詳細は、ホームページに都度紹介をしておりませんので、こちらで簡単に過去記事を紹介させていただきます。

■第1回 ハワイ(09年2月23日号)
■第2回 タイ(09年3月9・16日合併号)
■第3回 マレーシア(09年4月27日号)
■第4回 ハンガリー(09年6月8・15日合併号)
■第5回 オーストラリア(09年7月27日号)
■第6回 フィリピン(09年9月21・28日合併号)
■第7回 カナダ(09年10月26日号)
■第8回 スイス(09年11月30日号)
■第9回 台湾(入稿済みです、お楽しみに!)

IMG_2064ls.JPG


さて、最終回。どの国をご紹介しようか、現在検討中。こちらもお楽しみに…。
タグ:千葉千枝子
posted by 千葉千枝子 at 00:00| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 千葉千枝子の執筆記事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月16日

ギャラリー册で【二期倶楽部本館】リニューアルオープンの集い

IMG_2050niki.JPG


千鳥ヶ淵の緑道を久しぶりに歩きました。
向かうは二期リゾートが展開するインテリジェンスな空間【ギャラリー册】。桜の季節にかつて訪ねたフェアーモントホテル跡に佇みます。

那須にあります二期倶楽部本館(にき倶楽部1986)が、来春3月12日、リニューアル・オープンします。目指すは"オールスイート"。客室内でお食事が可能なスイートダイニングも誕生します。
二期リゾートの北山ひとみ代表は「価値をシェアするのが二期倶楽部」と語り、業は宿なれど価値共有の共同体であり続けたいと、しなやかながらも力強くスピーチされました。

IMG_2040niki.JPG IMG_2037niki.JPG



 
■二期倶楽部特製バレンタインデー向けの…
タグ:那須 ホテル
posted by 千葉千枝子 at 00:00| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 国内のホテル旅館コンドミニアム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月15日

オールアバウト・ランキングで上位をいただきました

これまでは「ロングステイ・海外移住」という、ニッチでディープなテーマの案内役としてオールアバウトに執筆しておりましたが、この秋から間口を広げたのはご周知の通りと思います。

テーマが違っただけで、アクセス数が大いに上がることは予想しておりましたが、新サイトオープン後は大変な反響をいただき、とても嬉しく思っております。

■【海外旅行の準備・最新情報】サイト「年末年始の海外旅行!円高享受のお得・最新情報」記事は、海外旅行チャネルで第1位に。そして…
■国内旅行チャネル【アウトレット】サイト「お台場ヴィーナスフォート・アウトレット」記事は総合ランキングでベスト・テン入りしました。

紙媒体からネットへの移行が顕著だった2009年。来年は、さらにその傾向が強まることでしょう。たくさんのアクセスを有難うございました!

posted by 千葉千枝子 at 00:00| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 千葉千枝子のサイト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月14日

来春からスタートします【東京成徳短大】観光科目につきまして

受験生のいらっしゃるご家庭は、出願に備えて気忙しい年の瀬をお迎えのことと思います。私も秋口以降、週末ともなれば、この冬高校受験の長男が志望する学校へ、説明会通いをしました。大学全入時代とはいえ、受験戦争は相変わらずの熾烈さですが、各校のご説明を聞くにつけ、我が青春時代を振り返ることしきり。しかも、無知なる母の新たな発見―――、例えば「ローマ字のヘボン式を発案されたのが創設者のヘボン先生でして…」に驚き、「卒業生のなかには、残念ながらご他界されましたがジャーナリストの筑紫哲也さんや…」にも驚き、「系列大学の学長は実業界の…」と聞いてまた驚くという、私にとりましても発見続きの説明会行脚です。全ては彼が決めること。彼が選んだ先にひたすら出向き、それもようやっと一段落しました。

さて、かくいう私も、来春、新たなスタートを切ります。
この冬【東京成徳短期大学】言語文化コミュニケーション科を受験される皆さんには後期で、現在1年生の皆さんとは4月からの前期で、お目にかかることになります。担当科目は、「観光事業論」と「観光ビジネス実務総論」、そして「海外・地域研究」の3コマを予定しております。
桜の季節にキャンパスでお会いできるのを、今から心待ちにしています。受験生の皆さんは風邪など引かず、ラストスパートに向けて頑張ってください!



posted by 千葉千枝子 at 00:00| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 観光学と大学教育・キャリア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月13日

おすすめの一冊 小説【沈まぬ太陽】

映画公開以降、「もう観た?」と業界関係者に会うたびに尋ねられ(…映画は、まだ観ていません)、積ん読でした山崎豊子さんの【沈まぬ太陽】アフリカ編を、ちらと読み始めたら止まらなくなり、ここ数日、寝不足が続きました。

企業における労働組合の在り方――、女流作家による企業小説の取材や著し方、そして"国民航空"の現在ある姿と企業体質、これからの企業広報。すべてを一から紐解きたい、ヒントが隠されているのではないか…という衝動にかられ、ナナメ読みだった原作を一巻から読みあらためています。

作者の偉業に畏怖の念を覚えます。作品発表から十余年。550万部を超えるベストセラー。それが今、クローズアップされるには、商業主義だけにない、何かがあるように感じます。


沈まぬ太陽(新潮文庫)




タグ:
posted by 千葉千枝子 at 00:00| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | おすすめの一冊 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月12日

JWTCディスティネーションセミナー【モンゴルの夕べ】で馬頭琴

忘年会シーズンですが、皆さんはいかがお過ごしでしょう。胃はお疲れでないですか?ひとつのヤマを越しましたか??
昨日は、所属します日本旅行業女性の会JWTCで、【モンゴルの夕べ】と題してディスティネーションセミナー&忘年会が開催されました。モンゴル旅行ジャパンを営むアリウナー女史がセミナー講演を。お食事のあと、馬頭琴演奏家として来日8年のアヨーシ・バトエルデネ氏が、モンゴルの切ない歌、広い草原を想わせる曲には馬のいななき…、そして荒城の月などを奏でてくださいました。

IMG_0091mongol.JPG


モンゴルは私にとりまして未踏の地ですが、何だか神秘的な国ですね。馬頭琴の音色が、さらに、その神秘性を醸します。お琴は2本弦。モンゴル馬の尻尾を各々90本、110本と束ねて張ってあるのだそうですが、湿度の高い日本ではナイロン製を使用するのだそう。そんなトークを上手な日本語でされるので、つい惹きこまれました。

posted by 千葉千枝子 at 12:39| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 旅行業 運輸・観光業 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月11日

オールアバウト新着記事「お台場ヴィーナスフォート・アウトレット」

オールアバウト【アウトレット】に新着記事「お台場ヴィーナスフォート・アウトレット」記事をupしました。

今日のリ・ボーン。「女神が生まれ変わりました」のキャッチコピー通り、開業10年を迎えるお台場のヴィーナスフォートが、3階部分をあらたにアウトレットモールへとリニューアル。そのオープン初日は、あいにくの雨でしたが、朝からTV各局が伝えたせいか、公式サイトへのアクセスができないほど……(冷)。関心の高さを実感しました。

<<おもな内容>>
▼23区内初で注目のお台場ヴィーナスフォート・アウトレット
▼お目当てはTokyo発のファッションブランド
▼テーブルウェアや家具、雑貨もお手頃価格で
▼キッズパークやドッグランもあるヴィーナスフォート
▼洋服お直しや駐車場の注意点
▼ヴィーナス・アウトレットへのアクセス


記事URLは、http://allabout.co.jp/gm/gc/20530/
posted by 千葉千枝子 at 23:22| 東京 ☔| Comment(0) | TrackBack(2) | 千葉千枝子のサイト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

在日ヨーロッパ観光委員会ETC第3回【ヨーロッパ・メディア・デー】

丸の内MY PLAZAホールを会場に、在日ヨーロッパ観光委員会 European Travel Commision in Japan=ETC主催の第3回【ヨーロッパ・メディア・デー】が開催されました。ヨーロッパ39の国と地域の観光局からなるETCが、毎年この時期、Best Mediaのアワードを行うようになって今回で3回目。私は昨年から、参加をさせていただいておりますが、回を増すごとに欧州の結束の固さを痛感します。
そして何より驚きましたのは、昨年までは紙媒体とTV映像がアワード対象だったのですが、今回、オンライン媒体部門を新設。オールアバウトやトラベルビジョンもノミネートされていました。時代の変化を感じます。

さて、映像部門のグランプリは2008年10月放映のテレビ朝日「旅サラダ」チェコ・オーストリア特集。"思い出の地プラハで思秋期を熱唱"というテロップとともに、涙を浮かべて唱う歌手の岩崎宏美さんが画面に大きく映し出されました。が、何と岩崎さんご本人が会場に駆けつけていらして驚きました。

IMG_0128etc.JPG


審査員のほかご来賓の皆様もまた、そうそうたる顔ぶれ。日本旅行作家協会会長の兼高かおるさんが映像部門のプレゼンテーターとして登壇され、受賞作品を制作された皆さんや岩崎さんと授与後、仲よく記念撮影。ご受賞おめでとうございました。


■ETCのホームページは、http://www.visiteurope.com
タグ:ヨーロッパ
posted by 千葉千枝子 at 17:21| 東京 ☔| Comment(1) | TrackBack(0) | 政府観光局・観光協会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月10日

23区内初!お台場ヴィーナスフォート・アウトレットが明日オープン!

23区内初、そして森ビル初のアウトレットが、明日12月11日、お台場のヴィーナスフォート内にオープンします。大商圏の外縁に立地するとされるアウトレットモールが、ついに都心へと近づいてきました!!

今日は、【ヴィーナスフォート・アウトレット】のプレオープンに伴う記者発表があり、ヴィーナスフォート社長や森ビルの方々とご挨拶。都との定借で存続が噂されたヴィーナスフォートですが、アーバンリゾート立地でアウトレットに生まれ変わるとは…。アルマーニはじめブランドも、もちろん充実。間もなく記事でお届けします、お楽しみに。

IMG_0084v.JPG


IMG_0088v.JPG
ユナイテッド・アローズも十分な広さ!



■ヴィーナスフォート・アウトレットのホームページは、http://55vf.jp
posted by 千葉千枝子 at 16:37| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | アウトレット・観光商業施設 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月09日

トラベルビジョン記事【今、求められる人材−シンポジウムで議論】を執筆しました

先日聴講した「人材育成が観光ホスピタリティ産業の未来を拓く」シンポジウムの模様をトラベルビジョンに寄稿しました。記事タイトルは、取材ノート【今、求められる人材−シンポジウムで議論】。基調講演で登壇された星野リゾート代表取締役社長・星野佳路さんのお話がメインで、観光産業において求められる人物像をテーマにしたパネルディスカッションの内容もリポートしております。

tva.jpg


星野さんのコメントを筆耕する最中も、PCに向かって頷くこと、しばしば。それに会場では、星野さんの隣りに座ったものですから、いろいろお話もできてラッキーでした。記事中の挿入画像をご覧ください。若い衆の楽しそうな様子…。若者を惹きつける力に感服。さりげなく撮らせていただいた一枚です。


■記事はこちらです。
posted by 千葉千枝子 at 01:16| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 千葉千枝子の執筆記事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月08日

オールアバウト新着記事「年末年始の海外旅行!円高享受のお得・最新情報」

オールアバウト【海外旅行の準備・最新情報】に新着記事「年末年始の海外旅行!円高享受のお得・最新情報」記事をupしました。

この冬、"賞与なし"もしくは大幅減額のひとも多いのかと思います。官民一斉にボーナスが出そろうこの時期、年末年始の海外旅行申し込みはピークを迎えるころですが…果たして今年の出足はいかに!?特に今年は、航空会社の路線廃止や減便・減席を受け、大手旅行会社はチャーター便の特別企画商品を、魅力ある特典付きで用意しているのが特徴。そうした商品に今も空きがあるなら、迷わずクリック!ミッキー&ミニーとオーランドで初詣!?もしくは旅順で渋く「坂の上の雲」するのもオススメです。

<<おもな内容>>
▼出国ピークは12月26日! 依然人気の韓国が早い出だし
▼初詣はミッキー&ミニーと! HIS創業30周年でさらにお得に
▼JTBイチオシは大連・旅順3日間をお得価格で
▼品薄になる前に!年内、韓国でショッピング
▼年末年始はチャーター便利用が狙い目
▼年末年始商品をうまくゲットするコツ
▼年末年始の海外旅行で気をつけたい点

吉方は遠くへ行くほど運気が高まるって、知っていますか?氏神様へのお参り+遠方海外。やってみてください。


記事URLは、http://allabout.co.jp/gm/gc/20218/
posted by 千葉千枝子 at 11:26| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 千葉千枝子のサイト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月07日

円高デフレに克つマネー術【週刊ポスト】にコメント掲載

本日12月7日発売【週刊ポスト】(12月18日号)に特集されました"円高デフレに克つマネー術"「ウォン安 vs ETC1000円」欄にコメントを寄せています。

post1.jpg


年末年始海外旅行で依然人気の韓国旅行。JTB・HIS両社の広報担当者も、この暮れイチオシで口を揃える人気のデスです。とはいえ、ETC1000円と国民宿舎などを組み合わせれば国内旅行もお得。観光とマネーに特化した裏技的なコメントを多岐に渡り述べましたが、女性記者の方、上手におまとめくださいました。

オールアバウトの新着記事【年末年始の海外旅行!円高享受のお得・最新情報】、こちらもあわせてお読みください!
posted by 千葉千枝子 at 18:13| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 千葉千枝子の取材協力 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月06日

新春スタートする連載のお知らせ【月刊レジャー産業資料】

師走の気忙しい毎日ですが、皆さんはいかがお過ごしですか?今日は、新春からスタートする新連載のお知らせです。ホテルや観光施設の経営者、また開発を手がける企業担当者の方々に読者が多い【月刊レジャー産業資料】(綜合ユニコム)において、「観光系ビジネスの新潮流(仮題)」と題した新連載が、新年スタートします。

p0080.JPG


観光経済や国内ニューツーリズムにおけるハードコアな記事を発表したいと考えていた矢先に、大きなチャンスを与えていただきました。連載スタートは1月25日発売号(2月号)です。どうぞお楽しみに!


■綜合ユニコムのホームページは、http://www.sogo-unicom.co.jp/
posted by 千葉千枝子 at 00:00| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 千葉千枝子の執筆記事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月05日

BOB会忘年会@【東天紅上野店】

JTB・OB会(BOB会)関東支部忘年懇親会が、東天紅上野店を会場に開催されました。私はOGとして、初めての参加。それが吃驚…、会場を埋め尽くす350人超もの諸先輩がたがご参集。歴代社長や現役役員の皆さんも駆けつけてくださり、一年の互いの労をねぎらいました。

bob0070.JPG


bob0072.JPG


bob0077.JPG


昔の上司とも再会が果たせ、めでたく2ショット。かつて私を採用してくださいました当時の人事担当リーダーも、ご出世されて(約20年ぶり)の再会でした。それに、JWTCの初代会長・安西さんにもご挨拶ができました。
お土産に旅の絵ごよみカレンダーと、なんとビンゴで3等が当たりました(ツイてます)!私が退職してから来年は、15年という節目の年を迎えます。諸先輩方にかくも大切にしていただき感謝です。
タグ:旅行業
posted by 千葉千枝子 at 00:00| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 旅行業 運輸・観光業 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月04日

人材育成が観光ホスピタリティ産業の未来を拓く【星野リゾート】

ホスピタリティ・マネジメント人材育成シンポジウム―――。自主聴講のつもりが偶然にも、業界web誌から本件に記事化のご依頼をいただき、二話に続けて発表してから、かれこれ一年近く経ちました。
ホスピタリティ・マネジメント人材育成シンポジウム (その1)
ホスピタリティ・マネジメント人材育成シンポジウム (その2)

ちょうど一橋MBAの件で他紙にコメントしたのが前回聴講の動機でしたが、今回は一期生も訪れ、さながら大学のキャンパスのよう。とにかく賑やかだったのは、基調講演で登壇された星野リゾート代表取締役社長・星野佳路さんのお話が、あまりにも面白く興味深かったからかもしれません。

hoshinoresort.JPG


東京駅サピアタワーで開催された「人材育成が観光・ホスピタリティ産業の未来を拓く」と題した今回のシンポジウム。基調講演のタイトルは「日本製リゾートへの挑戦」です。管理職育成のための産学官連携の取り組みは、まだ走り始めたばかり。詳しくは年内に、拙記事でお届けできることでしょう。


タグ:観光学
posted by 千葉千枝子 at 02:19| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 観光学と大学教育・キャリア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月03日

SWISS+三國シェフ@【ミクニ・マルノウチ】

スイス・インターナショナル・エアラインズの1stクラス、Cクラスのお料理を監修されているのが、あの「現代の名工(厚労省)」にも選ばれた三國清三シェフ。昨日は、丸の内ブリックスクエア2階にある【mikuni MARUNOUCHI(ミクニ・マルノウチ)】を会場に、ちょっとしたプレゼンテーションがありました。

mikuni.JPG


mikuni007.JPG
小平の次郎柿や紫イモを素材にしたスイーツ。ヌガーグラッセは東京蜂蜜で


15歳で料理人を志し、札幌グランド、帝国ホテルで腕を磨いた三國さんは、駐スイス日本大使館の料理人としてジュネーブに。わずか20歳のことです。2期4年の在勤中より、仏の天才料理人フレディ・ジラルデ氏に師事。ジラルデ氏が、かつて同社チューリヒ・東京間の機内食監修をしていたこともあり、のちに日本サイドからの働きかけで三國さんの監修がスタートしたのがいきさつだそう。

食育や地産地消を呼びかける三國氏だけに、こちらのお店、すべての食材が東京産。(えっ!?)と吃驚したのですが、お野菜や果物だけでなく、水に牛乳、蜂蜜までもがメイド・イン・東京といいます。皇居にお花がたくさん咲くから、東京では良質な蜂蜜がとれるのだとか…。四谷のオテル・ドゥ・ミクニで三國さんをお見かけしたのは、かれこれ7、8年前でしたでしょうか。現在の巨匠然たるや…、まさに名工。機内の楽しみが、またひとつ増えたように思います。



■スイス・インターナショナル・エアラインズのホームページは、http://www.swiss-japan.co.jp/
■ミクニ丸の内のホームページは、http://mikuni-marunouchi.jp/

■三國シェフ監修の機内食は…
タグ:グルメ
posted by 千葉千枝子 at 00:00| 東京 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | エアライン・空港・マイレジ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月02日

明日【神戸三田プレミアム・アウトレット】パワーアップ・オープンです!

明日、12月3日午前10時【神戸三田プレミアム・アウトレット】がパワーアップ・オープンします! 阪神圏のアウトレットに、あらたな時代の幕開け。オールアバウト【アウトレット】に新着記事「神戸三田プレミアム・アウトレット」記事をupしました。ご覧ください。


<<おもな内容>>
▼リュクスを体感! 神戸三田プレミアム・アウトレット
▼ブランド力抜群だから一日いても飽きない
▼普段使いの生活用品もワンランク上をめざす
▼スポーツ・アウトドア用品はもちろんメンズ小物やカメラも
▼神戸グルメ&スイーツも見逃せません
▼子ども連れにもうれしいプレイグラウンドも


あの高級陶器リヤドロや、カメラのニコンも軒を連ねます。なにしろブランド倍増ですから、これからが楽しみです。確か今日は、プレ・オープニングセールのバスツアーも押し寄せているはず。明日は早朝から渋滞が予想されます。お気をつけてお出かけください。



記事URLは、http://allabout.co.jp/gm/gc/20173/
posted by 千葉千枝子 at 11:07| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | アウトレット・観光商業施設 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月01日

オールアバウト新着記事「外貨両替」

14年ぶりの円高?つい半年前に「13年半ぶりの円高」と報じられたばかりですのに、砂上の楼閣・ドバイショックがついに訪れましたね。

オールアバウト【海外旅行の準備・最新情報】に新着記事「外貨両替」をupしています。タイムリーですが、基礎記事です。基本に戻って、外貨両替のイロハを綴っておりますのでご一読ください。


<<おもな内容>>
▼外貨両替とは ▼通貨の基礎知識
▼為替相場・為替レートは美人投票に似ています
▼外貨両替パックの利点・注意点
▼少しの額でも渡航前に現地通貨を用意しておけば安心
▼マイナー通貨を両替するときの注意点
▼現金、その場限り! 計算書は捨てないで
▼外為法や各国の外為規制(現金類の持込・持出制限)について

秋葉原の外貨両替専門店トラベレックスには「年末年始海外旅行の軍資金を、お得に替えよう」という人たちが、列をなしていました。間もなく年末年始海外旅行の最新情報を、別途皆さんにお届けします。お楽しみに。


記事URLは、http://allabout.co.jp/gm/gc/19594/
posted by 千葉千枝子 at 00:00| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 千葉千枝子のサイト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする