2010年11月30日

明海大学ホスピタリティ・ツーリズム学部で特別講義【スポーツツーリズム】

新浦安駅から徒歩8分。湾岸の美しい街なみに佇む明海大学で、今日は二限の授業に特別講義で登壇しました。テーマは【台頭するニューツーリズム・ビジネス 「スポーツツーリズム」】です。

IMG_0037a.jpg


先日の事業再仕分けで、廃止が決まったスポーツ観光支援事業。スポーツを観光資源として捉える動きはアジア各国でも活発です。3年生の皆さん、輝いていましたね。就職活動で多忙な中を、講義に出席してくださり嬉しくおもいました。“山ガール”さんもいらして、楽しい授業となりました。観光を取り巻く環境は大きく変化を遂げています。旅行会社はじめ観光業界とは違う世界でも、ホスピタリティ・ツーリズムの考えが求められる時代です。将来のご活躍を期待しています、がんばって!


posted by 千葉千枝子 at 23:49| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 千葉千枝子の講演 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月29日

「ナチュラル・ハブ」と呼ばれるイスタンブール【トルコ航空】記者昼食会へ

トルコ航空の躍進劇。成田エクスプレスのなかや、BSで欧州サッカーを観戦したとき、ふとTKの広告を目にする機会が今年は多かったのではないでしょうか。
六本木アカデミーヒルズで開催されたトルコ航空の記者昼食会へお邪魔しました。あいにくCEOの初来日とはなりませんでしたが、マーケティング担当上級副社長のプレゼンテーションに、トルコ航空の成長性をあらためて実感。キーワードは「ナチュラル・ハブ」です。イスタンブールの地勢を考えると、欧州やアフリカ大陸、中近東、ロシア・CISと全方位を近圏カバーしているのがわかります。

IMG_7728a.jpg


IMG_7735a.jpg


昼食会はスカイトラックス(英国本拠の航空サービス格付け会社)で毎年受賞1位に輝くYクラスの機内食で。なんと「galleyから、そのまま来ました!」といういでたち&機内カートで、CAはじめターキッシュスタッフがランチボックスを記者たちに配ってくれました。トゥーバ支社長はじめ、本当にチャーミングなトルコの人たち。今年、会社設立77年のTK。2011年上期、トルコカラーをきかせたトリプルセブン、しかも関空増便でイスタンブールと結ぶとのことです。ますます、東西の十字路・トルコを近く感じますね。






ラベル:エアライン
posted by 千葉千枝子 at 17:42| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | エアライン・空港・マイレジ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月28日

主婦・生活情報誌【サンキュ!】LCCについて取材協力しました

ベネッセが展開する主婦・生活情報誌【サンキュ!】(2011年1月号)に、小さく取材協力しました(12月2日に発売の予定です)。それにしても一年が早いですね。大掃除やおせち料理の特集ページに、おもわず溜息。間もなく師走です。

IMG_7758c.jpg


テーマはLCCローコストキャリア(格安航空会社)です。こちら新年号は、おかずレシピが載った別冊が2冊も! 発売後にぜひどうぞ、ご一読くださいませ。420円です。



ラベル:雑誌 取材協力
posted by 千葉千枝子 at 00:00| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 千葉千枝子の取材協力 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月27日

タブロイド紙「世界と日本」【競い合う医療観光】メディカルツーリズム

内外ニュース発行のタブロイド版・週刊「世界と日本」12月6日号に、医療観光(メディカルツーリズム)をテーマに記事を執筆しました。一面を大きく割いての構成に、ご編集を誠にありがとうございました。

IMG_7714a.jpg


ニューツーリズムを追いかけてきたなかで、とりわけ医療観光に大きく光があたり始めたのは、今年6月以降のこと。菅新政権のもと閣議決定された新成長戦略に盛り込まれたのが契機です。日本が船出したばかりということから、他国の取り組み事例・先進事例を記事紹介しております。







posted by 千葉千枝子 at 22:43| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 千葉千枝子の執筆記事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月26日

おすすめしたい学生時代の【ひとり旅】

大学生に向けた情報発信の機会に数多く恵まれた2010年。今年最後の執筆メッセージは、「学生時代のひとり旅!今しかできない旅をしよう」です。大学在学中には数え切れないくらい、さまざまな形態で旅をしました。サークル合宿が毎年春夏、ゼミ旅行も海外含め頻繁に、友人との旅は北海道や倉敷etc、スキーは毎週のように、米国ホームステイ、米国視察研修、欧州卒業旅行…と、勉強そっちのけで旅をしていた感じです。なかでも心に残るのは一人旅です。金沢・福井を周りました。

img063a.jpg


発行されましたら、またご案内いたします。1987年、鉄道旅の貴重フォトカメラ。実はセルフタイマーで撮影したものです(鉄子でしょ)。
ラベル:旅育
posted by 千葉千枝子 at 00:00| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 子どもと旅・旅育 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月25日

All About【年末年始の旅・帰省】サイトを要チェック!

日々の仕事に忙殺、スケジュール帳はビッシリ…という毎日に、師走の足音がひたひたと近づいているのを感じます
(だって11月下旬というのに、今年は早くも忘年会がスタートし始めていますたらーっ(汗)

allabout2010a.jpg


オールアバウト【年末年始の旅・帰省】特集を、ぜひご覧ください。旅行会社各社に先がけ、今年の年末年始海外旅行の予約動向予測を発表させていただきました。ちなみに韓国における北朝鮮の砲撃について、予約キャンセルなどを問い合わせてみましたが、年末年始旅行には今のところ影響が出ていないようです。皆さん、冷静に見守ってらっしゃるのでしょう。今後、大事がないことを祈ります。


■オールアバウト【年末年始の旅・帰省】特集ページは、http://allabout.co.jp/special/newyearholidays/
posted by 千葉千枝子 at 00:00| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 観光業界ニュース・最新事情 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月24日

世界の美食コラボ【脇屋友詞シェフ×ヤントーヒン】@赤坂・Wakiya一笑美茶樓

トゥーランドット游仙境などを展開する脇屋友詞シェフが、インターコンチネンタル香港の最高級レストラン【Yan Toh Heen】ヤントーヒンに招かれ、中国料理の本場で腕を振るわれたことを記念して、ヤントーヒンの料理長Lau Yiu Fai氏が来日。赤坂にあります一軒家風のレストラン【Wakiya 一笑美茶樓】で美食のコラボレートがありました。鉄人なのに腰が低く、正直で寡黙な雰囲気を漂わせるファイ料理長に、素敵な脇屋シェフ。お二人の奏でるお食事は、ことのほか美味でした。着式でいただきましたお料理の一部とともに、お届けします。

IMG_7674a.jpg


IMG_7694a.jpg


IMG_7696a.jpg


IMG_7699a.jpg


**(画像上二番目から)スターターはファイ氏の「タロイモバスケット入りアワビの姿煮」。ロイヤルコペンハーゲンの高台に盛られています。
**「干し貝柱のXO醤とおつまみラー油」は実に美味でした!右手が脇屋シェフ製、左手がファイ氏のもの。
**点心は三種いただきました。それと美味し過ぎて写真を撮り忘れましたのが、脇屋氏による翡翠色した百合根の一品。まさに鉄人対決でした。


■脇屋シェフの店舗情報は、http://www.wakiya.co.jp
■インターコンチネンタル香港の日本語ウェブサイトは、http://www.hongkong-intercontinental.jp




ラベル:グルメ 香港 赤坂
posted by 千葉千枝子 at 00:00| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 国内のグルメ・レストラン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月23日

ファイナンシャルプランナーの継続教育と単位の取得でブラッシュアップ

日本ファイナンシャル・プランナーズ協会の更新時期が最終期限も迫り、先日の日曜日、一気に単位の申請と継続教育のネット受験をやっつけました。

私がファイナンシャルプランナーの資格を取得したのは、1999年のこと。
銀行を退職して10年近い歳月が過ぎておりましたので、学ぶ内容も新鮮でした。金融経済の世界は、生き物のように日々刻々、変化を遂げています。そのブラッシュアップのために、現在では2年おきに、継続教育や単位の取得(執筆や講演実績がカウントされます)が義務付けられているのです。

特に近年、「倫理・コンプライアンス」の科目が必修になりました。
得意の海外暮らしが主テーマの「ライフプランニング」科目(一般講演のほか、FPフェアや継続教育を含む講師実績)や、現在、経済系サイトに執筆中の金融・観光経済情報も「金融」科目として取得済みでした。ですが、倫理科目を含む3科目以上の単位取得がFP資格更新には義務付けられています。これは先述したとおり、知識のブラッシュアップが目的。旧い情報では、人さまのお役に立てないからです。

さて、必修の倫理科目のネット受験に挑戦。その場で合格がもらえる仕組みで、あまりに面白いので3講座も受けてしまいました(続々、合格グッド(上向き矢印))。
今後も「旅」と「金融」をテーマに、パイオニアとして頑張ろう!と心に誓った次第です。よろしくご支援ください。



posted by 千葉千枝子 at 01:11| 東京 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | フィナンシャル・観光と経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月22日

オールアバウト新着記事「年末年始の海外旅行!円高享受のお得・最新情報」

師走の足音が、ひたひたと近付いておりますね。オールアバウト【海外旅行の準備・最新情報】新着記事「年末年始の海外旅行!円高享受のお得・最新情報」をupしました。

aajnenmatsua.jpg


今年の年末年始は、皆さん、どのようにお過ごしの予定ですか?
私は書き物に明け暮れそうです…。海外旅行をご予定の方も、そうでない方も、ぜひご一読を賜りたく存じます。



■記事URLは、http://allabout.co.jp/gm/gc/20218/
ラベル:千葉千枝子
posted by 千葉千枝子 at 21:02| 東京 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 千葉千枝子のサイト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月21日

愛用のリモワがピンチ!ルフトハンザ・リモワの修理先を教えてください

旅慣れた人たちが、必ずといってよいほど使用しているリモワRimowa。人間工学的製品に長けたドイツにおける、スーツケースのメーカーで知られています。スーツケースにおける日本製品も健闘されているのは承知です。しかしながら世界を旅していると、今の潮流はリモワにあるのは誰もがお認めになることでしょう。

国内出張で愛用のルフトハンザ・リモワ(機内持ち込み可能サイズ)が、実は先日の京都出張の折り、京都駅構内ですっ転びましてね…。ハンドルの柄が、無惨にも変形してしまいました。

IMG_7670aa.jpg


IMG_7672aa.jpg


伺うところによると、この夏から、大手の修理メーカーでも「国内正規代理店からの購入でないと(ギャランティーカードがないと)修理を受け付けない」とのことです(困った!)。ハンドル型のスーツケースは、サムソナイトに始まり、今ではリモワが大きな国内シェアを占めているだけに、多くの方々が、どのように修理されているのか(航空利用での破損ではないので、今回、PIRでは対応いただけません!)。現在、ほうぼうに教えを乞うているところです。

ご意見・ご経験談と、そして新情報をお待ちしております。

■やっと修理ができました…
posted by 千葉千枝子 at 20:27| 東京 ☁| Comment(4) | TrackBack(0) | 旅行用品・旅小物・土産・特産 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月20日

尖閣諸島中国漁船衝突事件を考える

報道で幾度となく繰り返し流された、尖閣諸島中国漁船衝突事件の流出映像。皆さんは、実際にYouTubuをご覧になられましたか。テレビが伝える衝突の瞬間だけでなく、その前後も明瞭な音声入りの映像コピー。政府の強制削除も、トカゲの尻尾のようです。そして賛否両論のコメントの数々。
この週末は、年末年始の海外旅行動向について記事を書いておりましたが、上海は万博閉幕の反動で、北京や他都市もまた、この衝突事件による対中感情の変化から、空きが多いと予測しております。そこで筆を止め、あらためてYouTubuを驚きをもって見入りました。

流出させた海保職員の弁護に、大学時代の旧友弁護士がつきました。渦中の彼は現れませんでしたが、旧い仲間で週末、西麻布で一献傾けました。男子ばかりの同期の席に私が顔を出すのも、本当に久しぶりのことでしたが、あらためて皆、最前線で戦っているのだな、と実感した一夜でありました。「観光は平和産業である」と若いころから職場で教えられてまいりました。有事があれば潮のごとく消費者は引いていきます。中国側が通関基準を硬化させ物流が滞るなどのニュースが飛び込むたびに、チャイナリスクの大きさを痛感させられます。今後の行方を見守りたいと思います。





ラベル:海外 中国
posted by 千葉千枝子 at 23:00| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 会社経営・ビジネス全般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月19日

【女性セブン】羽田発 弾丸トラベラー体験記特集に取材協力

羽田発記事、続々です。
現在発売中の【女性セブン】(12月2日号)の「羽田発 弾丸トラベラー体験記」特集に取材協力しています。

7toppage.jpg
**表紙・ジャニーズは権利の都合上、掲載できません**


編集者の方が実際、SQさん(シンガポール航空)を利用してシンガポールを日帰り体験。体当たり記事で、面白い作りでした。気になったのは搭乗の記念品・マグカップ…。こういうギブアウェイは、ついつい欲しくなっちゃうのです。


■ちなみに全日空さんの搭乗記念品は…
posted by 千葉千枝子 at 00:00| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 千葉千枝子の取材協力 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月18日

中央大学東京木曜会でメディカルツーリズムをテーマに講演しました

本日18日、学員交流会【中央大学東京木曜会】例会(於:日本橋DICビル)で、「どこへ行く日本の観光 メディカルツーリズムを検証する」と題して講演をいたしました。
経済界はじめ各界でご活躍の諸先輩がたにご清聴を賜り、恐悦至極。誠に有難うございました。各国の医療観光の取り組み事例、そして日本における今後の医療観光展望をお話させていただきました。この場を借りて、心より御礼申し上げます。



ラベル:講演 千葉千枝子
posted by 千葉千枝子 at 23:21| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 千葉千枝子の講演 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月17日

日本旅行業女性の会30周年記念講演会・パーティー

旅行業の前線で働く女性を中心に結成された【JWTC日本旅行業女性の会】。その創設30周年を祝い、京王プラザホテルを会場に、記念講演会ならびに祝賀パーティーが本日、開催されました。お懐かしい方々、業界の歴々がお集いになられ大変な盛会となりましたこと、ここにご報告させていただきます。

IMG_0116a.jpg


記念講演会では、JTB相談役でTIJの会長もお務めになる舩山龍二さまがご登壇されました。ご自身の歩みが、そのまま旅行業の歴史を彷彿とさせるものでありました。ご入社の1962年から約半世紀、旅行業に君臨されたなかで、交換した名刺の数は約3万枚。それを業種別に分類した表が冒頭に示され、私は度肝を抜きました。キャリアの軌跡を示すのに、凄くよいアイデア!勉強になりました。私が追いかけますニューツーリズム…ロングステイやMICE、クルーズ、そして旅育等を、ちらっとご紹介いただき感激至極。「人はみている」と仰るお言葉通り、と痛感しました。人生「分水嶺」にあって、どちらに流れても一生懸命生きることが大切。貴重なご講演を有難うございました。


■歴代会長の皆さまも
ラベル:旅行業
posted by 千葉千枝子 at 23:54| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 旅行業 運輸・観光業 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月16日

ライフスタイルをテーマにした新連載のお知らせ

今月末を目途にスタートする新連載の準備に追われておりました。
テーマはLifestyle(ライフスタイル)。著述業に入って以降、ずっと語り続けた旅と暮らしの一大テーマです。

IMG_7007a.jpg


連載タイトルは「人生を豊かにする大人の時間旅行 ライフステージでかわる旅のカタチ」です。これまでに旅とフィナンシャルの融合で、おもにロングステイの角度からお伝えしてきたテーマですが、よりパワーアップさせました。
詳細は企業秘密にて、まだ発表できませんあせあせ(飛び散る汗) 追ってご報告させていただきますね。どうぞお楽しみに!

ラベル:千葉千枝子
posted by 千葉千枝子 at 00:00| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 千葉千枝子の執筆記事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月15日

日本観光研究学会 第25回全国大会で論文発表します

来る12月4・5日の日程で開催予定の【日本観光研究学会】第25回全国大会(於:文教大学)で、「国内ロングステイにおける観光振興とその事例」と題して論文を発表いたします。(発表日時などの詳細は、すでに学会ホームページ上に掲載されております)。


■日本観光研究学会のホームページは、http://www.jitr.jp/
ラベル:千葉千枝子
posted by 千葉千枝子 at 00:00| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 千葉千枝子の講演 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月14日

明海大学ホスピタリティ・ツーリズム学部でゲスト講義をします

来る2010年11月30日、明海大学ホスピタリティ・ツーリズム学部でスポーツ観光をテーマにゲスト講義をします。

連日の事業仕分けにおける観光予算の行方、気になりますね。スポーツ観光については国交省の事業が廃止と再仕分けされたばかりです。日本のスポーツ観光のあるべき姿について、学生の皆さんと話ができればと考えております。

posted by 千葉千枝子 at 00:00| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 千葉千枝子の講演 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月13日

世界へ羽田 11月18日発売の【女性セブン】に取材協力

「世界へ羽田電車
京都からの帰りでしたでしょうか。品川駅からタクシーに乗っての道すがら、車窓に映る絵文字を見つけて感動!それを今日、やはりタクシーの窓から帰り道に撮影しました。営業を終えたホテルパシフィック東京の粋なはからい。赤い電車は京急ですね。
去る9月30日、開業1971年の老舗・ホテルパシフィック東京がついに閉館しました。二十歳の振袖も、このホテルで行われた百貨店主催の新作会で両親に買ってもらいました…思い出いっぱいのホテル。1階のピッコロやスカイラウンジ・ブルーパシフィックは大好きで、OL時代、毎週のように利用していました。寂しいですね。

IMG_0092a.jpg


でも羽田は新時代。来る11月18日発売の週刊誌【女性セブン】羽田国際線特集にコメントを寄せています。ぜひ、ご覧くださいね。終わりは、新たなる始まりですもの…。ホテルパシフィックも、こうやって羽田新時代を祝福しているの。ジーンときました。



ラベル:エアライン
posted by 千葉千枝子 at 00:00| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 千葉千枝子の取材協力 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月12日

ぼくをスキー場に連れてって プリンスホテル・東急リゾートサービスのスキー事業業務提携に加藤清史郎くんも

90年代のピーク期に比べ、半減した日本のスキー人口。その昔、西武と東急は運命的なライバルと称されました。その両社・プリンスホテルと東急リゾートサービスが、スキー需要の喚起を目的に、歴史的に手を組んでから今冬2季目。ついに業務提携との記者発表が、本日、池袋サンシャインシティで行われました(昨年は、業務“協力”でした)。

画像(上)はプリンスホテル小林正則社長(右)と東急リゾートサービス有馬修社長のお二方。そして、新潟県の泉田裕彦知事と、あの人気子役タレント・加藤清史郎くんが(スキーウェア姿で)駆けつけ、賑々しい雰囲気となりました。

IMG_0044a.jpg


IMG_0082a.jpg


サンシャインシティでは、今月14日までウィンターリゾート2011を開催。今年は、スキーが日本に伝えられてからちょうど100年という節目の年でもあります。清史郎くん効果で、多くの家族連れがスキー場に舞い戻ることを祈ります。…それにしても、もの凄い数の報道陣。景気づけとなる冬の始まりでした。


■共同で相乗効果を…
ラベル:スキー ホテル
posted by 千葉千枝子 at 22:41| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 観光業界ニュース・最新事情 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月11日

京都で見つけた可愛い菓子型【清水製陶所】 産寧坂と二年坂

先日の京都では、世界遺産・清水寺も参りました。そして祇園までの街歩き…。
以前、実業之日本社さんから戴いたガイドブック「ブルーガイド ココロ旅 京都」を片手に、三年坂(産寧坂)から二年坂、高台寺から“ねねの道”を抜け、そして八坂神社・祇園へと辿りました。印象的だったのは、着物で街歩きをする女性が多かったこと。しかも日本人だけでなく、諸外国の方が。ときに若い男性までもが、お着物姿で町屋の路を歩いているではありませんか。

IMG_7306s.jpg


さて今回、一番気に行った自分へのお土産は、産寧坂と二年坂の中間にある【清水製陶所】さんの菓子型。らくがんなどの菓子作りはもちろん、ゼリー型にも最適で陶器です。一つ250円。さまざまな種類が揃います。
清水坂から折れた先、そぞろ歩きにぴったりの二つの坂を下記にお届けします。


■産寧坂・二年坂
ラベル:京都
posted by 千葉千枝子 at 00:00| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 世界の料理教室・レシピ・器 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月10日

京都【西陣織会館】で産業観光

京都の産業といえば、絹織業・西陣織。今出川駅から徒歩10分のところにある【西陣織会館】を訪ねました。入場無料、立派な建物で、産直ショップや着物ショーのための舞台もあります。興味を惹いたのは実演コーナー。有料で手織り体験もできるのだそう。見入りましたのは、絞りの型を作製している場面。こうした伝統産業を観光資源とする取り組みは、都内では墨田区などでもさかんになってきました。

IMG_7459kyo.jpg


中国人インバウンドが、大型バスで大勢乗りつける西陣織会館。お土産品をショップで物色したあと、1階ホールで着物ショーをデジカメ携え、食い入るように鑑賞していました。開館時間は9:00〜17:00。ショーは1時間に1回のペースで行われています。

■西陣織会館のホームページは、http://www.nishijin.or.jp/





■きものショー
ラベル:京都
posted by 千葉千枝子 at 00:00| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日本の名所・旧跡・お城 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月09日

連載【Hakumon ちゅうおう】秋季号2010 卒業旅行へGO!

連載しております母校・中央大学の広報誌【Hakumon ちゅうおう】の秋季号(11月1日発行分)
「中大生の旅するチカラ」では、今号、卒業旅行を取り上げました。自身の卒業旅行をはじめ、社会人のころのエピソード、学生旅行にまつわる最近の出来事まで、新旧の経験を織りこみながら熱いメッセージを綴っています。

IMG_7662a.jpg


今週末開催される創立125周年の記念式典には、この一冊がご列席の皆さまへ配本される予定です。副題は「学生時代の総決算・卒業旅行へGO!」。社会に出る前に、ぜひガイドブックを片手に世界へ羽ばたいてください!素敵な出会い・人生のチャンスが、きっとあなたを待ちうけていることでしょう。


posted by 千葉千枝子 at 00:00| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 千葉千枝子の執筆記事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月08日

日本経済新聞の本日夕刊「まさかの千客万来」私の願い ここでなら… 女性の願い事旅にコメント

三重県鳥羽市の相差(おうさつ)にある神明(しんめい)神社。ここには、女性の願い事を一つだけ叶えてくれる神様=「石神さん」のお社があって、参拝ブームに沸いています。そういえば先日も、知り合いのある女性から嬉しいエアメールが。「前回のセドナ(米国)に引き続き、今回も世界有数のパワースポット・グラストンベリー(英国)に来ています」という言葉が綴られていました。まさにパワースポット巡りです。

IMG_7659a.jpg


11月8日付け日本経済新聞全国版(夕刊)の一面に新たにスタートした連載「まさかの千客万来」コーナーには、この石神さんの話題が掲載されています。「私の願い ここでなら…」の副題。そして“女性の願い事旅に詳しい”という冠付きで、私もコメントを寄せました。思いもかけないスポットが千客万来の舞台に。ぜひ、ご一読ください。
ラベル:千葉千枝子
posted by 千葉千枝子 at 23:24| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 千葉千枝子の取材協力 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月07日

オールアバウト新着記事「那須ガーデンアウトレット」

久しぶり、All About【アウトレット】サイト更新のお知らせです。(嬉しい悲鳴なのですが、先々月来、仕事が殺到しておりまして、サイト更新が遅れ気味でした。ごめんなさい)
今回フューチャーしたのは、来る11月19日から23日までの5日間、最大級のプライスダウン“クリスタルバーゲン”が開催される那須ガーデンアウトレット。日本有数の観光立地にテナンシーは、あの流通の老舗・西武グループが手掛けるだけあってブランドも充実。ぜひ、訪問されてください。

aajnasua.jpg


さて。かつては毎週のように車を飛ばし、通いつめた那須(―――セカンドハウスがありました)。近年、黒磯板室インターができたことで、さらに便利になりました。那須ガーデンアウトレットは、インターおりてスグの場所。至便ですヨ。


■記事URLは、http://allabout.co.jp/gm/gc/324942/
posted by 千葉千枝子 at 00:00| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 千葉千枝子のサイト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月06日

私たち「ウェアもスコアも本気」です!【Regina】2010冬号別冊版 海外ゴルフに取材協力

11月5日発売の女性向けゴルフ雑誌【Regina】2010冬号に取材協力をしました。泣かせるタイトル“私たち「ウェアもスコアも本気」です!”。わかるよ、わかる〜もうやだ〜(悲しい顔)。私も、どちらも本気です。

IMG_7658a.jpg


協力しましたのは、Regina2010冬号の別冊版「ワールドツアー・ウイズ・ラヴ黒ハート」(本誌挟み込み)。「トラベルの達人に聞く!海外ゴルフ」の頁に取材協力しました。昨日も那須ガーデンアウトレットで、BLACK&WHITEのショップを見つけ大悩み。凄く素敵なアウター・スラックスがあったのです。
Regina冬号、ぜひ、ご一読くださいね。発行元はALBA(プレジデント社)さんです(定価780円)。
ラベル:ゴルフ
posted by 千葉千枝子 at 21:47| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 千葉千枝子の取材協力 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月05日

紅葉の那須路をドライブ【那須ガーデンアウトレット】

久しぶりにハンドルを握り、東北道を北上。目指すは【那須ガーデンアウトレット】です。場所は、東北道・黒磯板室インター降りてスグ。標高の低いインター周辺も、すでに木々が色づき始めていました。

IMG_7471aaja.jpg


それにしても秋のドライブ日和で、運転するにも気持がよい。往きは天現寺ランプからアウトレットまで、ジャスト2時間(飛ばしました)。でも帰り道はラッシュアワーにかかり首都高渋滞、3時間超の長旅となりました。間もなく記事が公開されます。お楽しみに!




■戦利品はマックス・マーラと白菜・長ネギ…
posted by 千葉千枝子 at 00:00| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | アウトレット・観光商業施設 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月04日

今年の紅葉前線は…錦秋間もなく京都【金閣寺】

中学時代、高校時代の修学旅行に加え、団体添乗でも幾度と足を運んだ京都・金閣鹿苑寺(金閣寺)。寺社仏閣を訪ねる旅は、年齢を重ねるごと深みが増すものですが、若いころに一、二度観ておくことが、こうした感慨を一層深く招くものなのではないでしょうか。唯一無二の観光資源、日本が守るべき宝だと、しみじみ感じ入って拝観いたしました。

IMG_7431k.jpg


IMG_7426a.jpg


驚いたのは入場券がお札になっていたこと。世界遺産ゆえに本当に多くの外国人観光客で溢れ返り、心なしかガイドさんもいきいきしています。今年の京都の紅葉は、例年より若干遅めだそう。見ごろは11月中旬。それでも幾分木々は色づき始め、錦秋の一枚をカメラに収めようと多くの人がファインダーを覗いていました。文化の日の秋晴れに、美しく光る舎利殿。心が洗われる旅のハイライトでした。


ラベル:京都 寺社仏閣
posted by 千葉千枝子 at 00:00| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日本の名所・旧跡・お城 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月03日

縁結びの神様・京都【地主神社】恋占いの石

女性の願い事旅。これ、永遠なるテーマですよね。
縁結びの神様で知られる京都・地主(じしゅ)神社を訪ねました。場所は、あの清水寺の舞台を出てすぐ。以前、連載していた”教えて達人”(日経新聞土曜版の月一記事)でもご紹介しました縁結びの名所です。

jishujinjya1.JPG


境内にある二つの「恋占いの石」。一方の石から目を閉じて反対側の石に無事にたどり着くことができると願いが叶うと言われており…。いました、いました。可愛い外国人女性が、真剣に目をつむって歩いています。修学旅行の生徒さんはもちろん、カップルもたくさん参拝していました。そして私。嬉しそうにしているでしょ。(着用しているベストは、先日、ソウルのカロスキルで購入したもの。お気に入りです)。今回、お守りも買いました黒ハート

■京都・地主神社のホームページは、http://www.jishujinja.or.jp

ラベル:京都 縁結び
posted by 千葉千枝子 at 00:00| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日本の名所・旧跡・お城 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月02日

J-WAVE【HELLO★WORLD】 LCCについてコメント出演

本日放送のJ-WAVE【HELLO★WORLD】22時台のコーナーで、LCCについてコメント出演します。もっと早くご案内したかったのですが、実は只今、出張先で、出番の直前に遠距離収録。このブログも、東京を離れ、旅先からお届けしております。

こちらのコーナー、あのDJ TAROさんが担当されています(隠れファンです、私)。それが残念ながら、収録ともに東京を離れていたため、本番を聴くことはできません。とはいえ、今、話題のローコストキャリア(LCC格安航空会社)についてのコメントです。ぜひ、81.3MHzにチューニングを。旅の醍醐味、話題のLCCをぜひ試してみてください。
posted by 千葉千枝子 at 19:53| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 千葉千枝子のTV・ラジオ出演 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月01日

【東京羽田・台北松山就航記念レセプション】

台湾の心臓部に位置する台北・松山空港。
このたび羽田国際化にあわせ、東京・羽田と台北・松山を結ぶ直行便が、1日8便全4社。ほぼ1時間おきに往来することになりました。その4社(中華航空、エバー航空、日本航空、全日本空輸)が一堂に集結。台北駐日経済文化代表処主催の【東京羽田・台北松山就航記念レセプション】が、本日、帝国ホテルで開催され、祝賀ムードに包まれました。

IMG_7181a.JPG


IMG_7200twna.JPG


かつて断交前、台湾への渡航は羽田松山が定石でした。私が初めて台湾へ渡った80年代もまた、戒厳令下、松山を国内線利用した記憶があります。羽田同様、桃園と松山の内際分離は長らく続きました。近年、台湾新幹線(台湾高鉄)が開通。中国大陸との直行便が松山から飛び立つようになり、今、台北・松山空港も再国際化が進みます。ついに今、日本と台湾は日帰り圏の新時代を迎え、羽田松山線がリバイバル。
このたびのご就航、誠におめでとうございます。そして新時代の幕開けの、この瞬間に居合わせることができた幸せを感じます。この貴重な時代の変局点のお祝いの席に、お招きくださり有難うございました。



ラベル:台湾 エアライン
posted by 千葉千枝子 at 00:00| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | エアライン・空港・マイレジ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする