2015年10月31日

釜石の食文化・完熟【甲子(かっし)柿】が届きました!じゅくじゅくで激甘です

皆さん、釜石特産・甲子柿をご存じでしょうか。釜石市に、甲子(かっし)という町があることは、震災のときまで私、知りませんでした。親戚が、この甲子町にお住まいだったのです。その地名を冠した甲子柿(かっし・がき)が、完熟の状態で先日、我が家に届きました。まるでジュレ状態。驚くほど糖度が高く、フルーツを食べている感じがしません。息子もびっくりしていましたが、驚愕の甘さです。2箱ちょうだいしましたので、食べきれない分は一つずつラップにくるんで、冷凍庫に保管しました。冷やすとなお美味しく、解凍後はシャーベット状態がまた、美味だとか。

IMG_5197_kasshi.jpg


委員を務めさせていただいています「釜石食ブランド開発検討協議会」で、この甲子柿を素材にした釜石特産のスイーツを開発された方がおいででした。それで、とても興味があったのですが、こうやって生でいただいてみると、印象も強烈。ぜひ、観光ブランディングしたい一品とおもいました。
明日から私、釜石、そして陸前高田をまわります。今回はお仕事ではなく、家族三世代の絆の旅、ご先祖様の供養が目的です。釜石の甲子柿、どこかで見かけましたらぜひ、お試しください。

posted by 千葉千枝子 at 17:53| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 旅行用品・旅小物・土産・特産 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年10月30日

月刊レジャー産業資料11月号【観光でビッグチャンスをつかめ! 「インバウンド」ビジネス開拓の鍵】最終回「日本の観光見本市が世界最大級へ 観光大国への道筋はみえたのか」

連載しております【月刊レジャー産業資料】2015年11月号は、今回、沖縄で出来立ての見本誌を落手しました。昨年からスタート、本誌では2度目の連載でした【観光でビッグチャンスをつかめ! 「インバウンド」ビジネス開拓の鍵】は、お蔭さまで今回、最終回を迎えさせていただきました。1年間のご愛読を、誠に有難うございました。

lesur.jpg


最終回は、「日本の観光見本市が世界最大級へ 「観光大国」への道筋はみえたのか」と題してお届けしております。

続きを読む
posted by 千葉千枝子 at 00:00| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 千葉千枝子の執筆記事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年10月29日

那覇の隠れ家風ビストロ【Coco Romance(ココロマンス)】が凄すぎる!美食家におすすめ

この外観から、ここが那覇きってのレストランであることは、きっとどなたもお分かりにならないでしょう。ゆいレール見栄橋駅で待ち合わせて、向かった先は隠れ家風ビストロ【Coco Romance(ココロマンス)】です。入口から凄すぎるので、ぜひ、次の画像もご覧ください。

IMG_9957_edited.jpg




続きを読む
posted by 千葉千枝子 at 00:00| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 国内のグルメ・レストラン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年10月28日

【沖縄感動体験プログラム実証事業】平成27年度第2回実証委員会が開催されました

【沖縄感動体験プログラム実証事業】に、平成27年度も委員を拝命いたしております。28日午後、那覇のサザンプラザ海邦を会場に、第2回実証委員会が開催され、お邪魔しました。今年度第1回目となる委員会は、去る7月、私の目の手術と重なってしまって、やむなく欠席させていただいたのですが、9月のツーリズムEXPOジャパンでは特設ブースも設けられ、感動体験プログラムがいよいよ、船出を始めています。

IMG_9966_edited.jpg


このプログラムは、JATA沖縄支部に所属する県内一流の旅行会社の皆さんが、一堂に参画するプログラム(ツアーコース)です。近年、個人旅行がまっさかりですが、旅行業ならではの手配力とホスピタリティで、唯一無二の感動体験を導くことでしょう。

続きを読む
posted by 千葉千枝子 at 21:53| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 地域・まちづくり・NPO | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年10月27日

【メルキュールホテル沖縄那覇】にチェックイン

那覇に来ています!
那覇出張で毎回、利用するのが【メルキュールホテル沖縄那覇】です。ゆいレールの壺川駅前に立地。空港や県庁、首里と、どこに行くにも便利で、24h営業のコンビニ(ファミマ)や郵便局本局もホテル並びにあって至便。OTSレンタカーのプール場にもなっています。ここ数年、中国人観光客のご利用が確かに増えていますが、バスだけでなく、レンタカーを利用する中国人の方が、特に増えているのがみてとれます。朝は「わ」ナンバーの車が車寄せにズラリ並んで、本島めぐりに出発する様子、プチ壮観です。リピーター化、FIT化が進んでいるのですね。

IMG_6695_edited.jpg


定宿になっており、訪沖のたびOTSさんにお願いしてご予約いただいています。



チェックインのときに一枚、撮ってもらいましたのが上の写真。メルキュールは、世界に700を超えるアコーホテルグループ。インテリアも素敵です。




続きを読む
posted by 千葉千枝子 at 17:34| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 国内のホテル旅館コンドミニアム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年10月26日

六本木【国立新美術館】第69回二紀展を鑑賞しました

ブログの更新をすっかりおサボリしてしまっている、このごろ。気がつけば木枯らし一番が吹いて、冬の気配になってきました。大学は文化祭シーズン、まっさかり。今日は、毎週月曜日に教鞭をとる横浜の大学で授業がなかったことから、お昼間、車を飛ばして、六本木の【国立新美術館】へ行き、第69回二紀展を鑑賞しました。夕方の、NPOの会議までの、ぽっかり空いた時間帯でした。

sIMG_6676.jpg


子供のころから師事しております野田典男画伯から、今年もご案内をいただき、本日が会期最終日。美術館は、我が家から車で10分としない場所ですが、ここ数年、なかなか足を運ぶ時間がとれませんでした。今年は滑り込みで達成です。



続きを読む
posted by 千葉千枝子 at 20:44| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 美術館・博物館・伝統芸能 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年10月24日

【練馬区立谷原中学校】1981年卒業生同窓会に出席しました。35年ぶりの再会です

80人以上ものご出席でした。池袋西口のパーティースペース・グレースバリを会場に、【練馬区立谷原中学校】1981年卒業生同窓会が開催されました。「空にすわれし15の心」。まさに35年ぶりの、中学時代の仲間との再会でした。懐かしすぎるわ!
とにかく幹事さんに大感謝です。メリーさん、ロミちゃん、有難うございました。

sIMG_9918.jpg


高松幼稚園を振り出しに、小・中学校時代を地元・練馬で過ごしました。幼・小・中、はたまた小・中とご一緒だった幼馴染とも再会したので、思い出を手繰り寄せるのに精いっぱいでした。地域で育つって、いいですね。何より嬉しかったのは、


続きを読む
ラベル:東京都 練馬区
posted by 千葉千枝子 at 22:48| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ライフスタイル全般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年10月23日

青森ブランド米【青天の霹靂(へきれき)】いよいよ発売です

青森県のブランド米【青天の霹靂(せいてんのへきれき)】が、いよいよ都内でも発売です!
約10年の歳月をかけて育成に取り組んできた極良食味米。このネーミングは、去年の秋に決定されたそうです。今年2月の雪深く寒い時期、皆様より一足先に(すみません)、プレミアムパックを頂戴しまして、早速いただいてみた私。これまでのお米と違ってエラく美味しい、艶々の炊き上がりでした。

20151027_edited.jpg


市場デビューは、この秋です。去る19日、日本穀物検定協会から最高評価の「特A米」を取得したばかり。ブランド米競争が、ますます激化しそうな予感です。この艶っぽさ、素晴らしいですよね。




続きを読む
posted by 千葉千枝子 at 00:00| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 世界の料理教室・レシピ・器 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年10月22日

映画【海難1890】(12月5日ロードショー)試写会へ。トルコと日本・友好の絆の物語です

今日はトルコ航空さんのお招きで、銀座・東映本社の試写室にて開催された、映画【海難1890】の試写会にお邪魔しました。1890年9月16日未明、ときの明治天皇を謁見したトルコ使節団約600人を載せたエルトゥールル号が、和歌山・串本の沖合で台風に見舞われ座礁。それを村民が助けたことが、今の日土友好の始まりでした。この映画では、そのときの救助の様子が鮮やかに描かれていて、史書に勝るものでした。映画の後半は、1985年のテヘラン邦人救出劇の様子が生々しく映画化されています。トルコ航空のパイロットが、危険を顧みず全員が救援機に志願したシーンも大変、感動的でした。史実については、このブログでも幾度とお伝えしたので、続きはぜひ、劇場でご覧ください。今年は日本とトルコ友好125周年の節目の年。ですから、全国ロードショーは、来たる12月5日(125です。覚えやすいですね)。

sIMG_6642.jpg


私が取材で一人、トルコ・イスタンブールを訪ねたのは5年前のことでした。イスタンブールは、生きているうちに再び訪ねたいと強く願う都市の一つです。親日的なトルコの人たち。アジアの果て、東西の十字路を未だ見ぬ方、ぜひトルコを訪ねてみてください。エアラインは、もちろんTKさんで。


続きを読む
posted by 千葉千枝子 at 21:00| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 旅と映画・旅と写真 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年10月21日

MM2Hで10年を経て完全帰国マレーシアからお帰りなさい【ペトロナスツインタワー】の一枚を

マレーシアの首都クアラルンプールで去る7月、珍しく晴天に恵まれ、美しい一枚が撮れました。ペトロナスツインタワーです。タワー1が日本の技術で、タワー2は韓国が施工しました。まるで絵葉書のようでしょう?

sIMG_2380.jpg


マレーシアが9年連続、海外ロングステイの人気国として第一位を独走しています。物価が比較的低く、暮らしやすいマレーシア。マレーシアロングステイの走りのとき、MM2H マレーシア・マイ・セカンドホーム・プログラムをご取得、10年の長期滞在期間を終え、つい先日、完全帰国された方と「お帰りなさい」のお食事会をしました。場所は品川で、ささやかですがワインで乾杯です。現地で数年前、ご主人が病に倒れられたので、お帰りは奥様お一人。パパさんは今、神奈川の墓所に眠っています。それだけ、老後の10年というのは短そうで長いものだと感じました。取材がご縁で親しくなりました。今は、私のゴルフの師匠でもあります。次回は日本でラウンドにお手うちいただきます。お帰りなさい。


posted by 千葉千枝子 at 00:00| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 海外ロングステイ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年10月20日

NHK【NEWS WEB(ニュースウェブ)】特区での「民泊」認定をテーマに生出演しました

NHK【NEWS WEB(ニュースウェブ)】深知りのコーナーで「特区での「民泊」認定」をテーマに生出演しました。国家戦略特区で広がる新たな民泊への動き。いち早く大田区で、民泊条例が始まることになりました。かねてより、旅館業法と宅建業法の境について規制緩和を進めるべきと、滞在型観光促進の見地から論じてまいりましたが、外国人観光客の流入で、緩和が一気に進みそうです。

sIMG_9887.jpg


驚いたのは、キャスターの鎌倉さんがお打ち合せの時に、「海外でよく私、民泊しています」とおっしゃって、「こないだ、プラハでも」と、ご自身のスマホで撮影された美しい動画をみせてくれたこと。本当にびっくりでした。さすがアンテナが高いですね。

続きを読む
posted by 千葉千枝子 at 23:59| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 千葉千枝子のTV・ラジオ出演 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年10月19日

おすすめの一冊【民社育ちで、日本が好き】

筆一本で食べていく。簡単なことではなかったのですが、それでも何とか形になってきました。観光を、時代が後押しもしてくれました。
ここまで自身を育ててくださった方、恩人と呼びたい方が幾人かおりまして、そのうちのおひとりが纏められた一冊です。私が手にしておりますのは、【民社育ちで、日本が好き】(展転社)。私にとって文章の先生でもあります著者の方。ですが、先生にも師がおられます。大学でも文章の書き方を教えるほどの方が、以前、打ち明けてくれました。読後感想に、そのお方はきっと「お美しい方なのでしょうねぇ」と申し上げます(笑)。宿題は千字とのことで、朱入れの箇所をワンポイントとして文末に添えておられます。いえいえ、随所に奥様を大切に想われる気持ちを著しておいででした。これまで、あれこれうかがったエピソードが、軽妙なテンポで綴られています。

sIMG_6631.jpg


本題は、人脈です。
続きを読む
ラベル:書籍
posted by 千葉千枝子 at 00:00| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | おすすめの一冊 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年10月15日

【トラベルボイス】連載「世界のリーダーが語った、観光立国・日本のための「文化デスティネーション」という考え方」を執筆

【トラベルボイス】連載「千葉千枝子の観光ビジネス解説」に、「世界のリーダーが語った、観光立国・日本のための「文化デスティネーション」という考え方」と題してコラムを執筆しました。こちらの画像は、鎌倉在住、フランスの高級ブランド・シャネル社のリシャール・コラス社長です。親日家でも知られ、ツーリズムEXPOジャパン2015の業界日に開催された国際観光フォーラムに登壇されました。

sIMG_9813.jpg


私たちが向かうべき先を、示唆してくれた世界の有識者たち。日本という唯一無二のデスティネーション・ブランディングに、一石を投ずるご発言が続きました。ぜひ、お読みください。

▼記事URLは、http://www.travelvoice.jp/20151015-52498
posted by 千葉千枝子 at 12:45| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 千葉千枝子のサイト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年10月08日

【東京江戸川中央ロータリークラブ】で「観光対象としてのアウトレット」と題して卓話登壇しました

【東京江戸川中央ロータリークラブ】10月例会(第973回)で、「観光対象としてのアウトレット 観光ビジネスの新潮流」と題して、卓話に登壇させていただきました。東京江戸川中央のロータリアンの皆様とお目にかかるのは本当に久しぶりで、皆様、益々の事業ご発展に嬉しさを感じました。

IMG_9873_e.jpg


以前、家族ぐるみでお付き合いをさせていただいた方のお嬢様もお越しになり、次世代ロータリアンですね、すっかり成長され、眩しいほどお綺麗になられていました。私の母校の、後輩にもあたります。お招きをありがとうございました。


posted by 千葉千枝子 at 17:19| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 千葉千枝子の講演 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年10月03日

沖縄繁多川【島豆腐うどん】琉宮の白弦 那覇市長賞最優秀賞受賞

沖縄の手延べうどん、というのは皆さん、イメージがわかないかもしれません。お土産でいただいた「沖縄繁多川【島豆腐うどん】琉宮の白弦(りゅうきゅうのはくげん)」が、ことのほか美味しかったのでご紹介します。このうどん、島豆腐から作られています。沖縄そばは、実際に作ってみると、サラダオイルがたっぷりで、つい、太ってしまうかも・・と体形が気になりますが、こちらはノンオイル製法。2015年第37回那覇の物産展で那覇市長賞・最優秀賞を受賞した一品です。

IMG_6564_eted.jpg


そうめん風に、冷うどんでつゆにつけていただくのですが、乾麺で日持ちもよく、お土産に最適でしょう。那覇市繁多川の特産品で、道の駅などにも売られています。ぜひ、ご賞味あれ。

posted by 千葉千枝子 at 00:00| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 旅行用品・旅小物・土産・特産 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年10月02日

【トラベルボイス】連載「ツーリズムEXPOジャパン2015を振り返り総括」を執筆しました

【トラベルボイス】連載「千葉千枝子の観光ビジネス解説」に、「ツーリズムEXPOジャパン2015を振り返り総括、注目ポイントを「5つの柱」にまとめてみた」を執筆しました。ぜひ、ご一読ください!

sIMG_6582.png


世界最大といわれる観光見本市・ITBベルリンは、調べたところ最新(2015年3月実績)で、187の国・地域から約1万社が出展、入場者数は17.4万人で、うち11.4万人が商談者という規模でした。んっ〜惜しい。入場者数はもう少しでITBベルリン超えでした。来年の飛躍年に期待します。

▼記事URLは、http://www.travelvoice.jp/20151002-51809
ラベル:旅行業
posted by 千葉千枝子 at 11:55| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 千葉千枝子のサイト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年10月01日

岩手・釜石の地酒 酒蔵元情報誌【浜千鳥】に「旅と地酒」と題してコラムを執筆しました

銘酒・浜千鳥(はまちどり)をご存じですか?岩手県釜石市が産地の地酒です。
東日本大震災から早くも4年半が経ちました。震災直後に釜石市大町の生家を訪ね、そこで目にした光景を、私は生涯忘れることはないでしょう。その晩は親族らで、犠牲となった故人を偲んで、酌み交わしたのも浜千鳥でした。

sIMG_5189.jpg


酒蔵元情報誌【浜千鳥】の最新号に「旅と地酒」と題してコラムを執筆させていただく機会を得まして、今日、手元に届きました。新里進社長様のご厚意によるものです。心から御礼申し上げます。
中秋を過ぎて、暦は10月に。秋も深まろうとしています。
嬉しいことに近ごろ、日本ラグビーが注目され始めています。五郎丸選手、カッコイイですよね。
かつて快進撃を続けた新日鐵釜石のラガーマンたちを皆さんはご存じですか? 高校・大学時代の私は、母とよく、テレビ観戦して燃えました。2019年ラグビーワールド杯では、釜石も開催地に決定しています。世界から訪釜の多くのラガーマンたち、観客を、この浜千鳥がきっと酔わせてくれるはず。どうぞ、ほろ酔い千鳥足で、母国へとお帰りくださいますように。大会成功を祈念します。





続きを読む
posted by 千葉千枝子 at 00:00| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 千葉千枝子の執筆記事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする