2008年07月29日

【アトレヴィ田端】明日オープン

駅ビル「アトレ」を運営するJR東日本グループ「東京圏駅ビル開発(株)」では、JR田端駅北口に、アトレの小規模タイプブランド【アトレヴィ田端】を、今年7月30日(明日ですね)、オープンさせます。
IMG_5988tabata.JPG

IMG_5983tabata.JPG"エキナカ・ビジネス"は、昨年まで連載をしておりましたオールJRグループ社内報のコラム【ハーイJR】でも、「(旧来の)JRらしからぬビジネスセンスのよさ」について触れさせてもらいましたが、乗降するだけのただの駅を、素晴らしく蘇らせたアイデア事業の好例です。それに、女性の発案という点も見逃せませんね。

**画像は、ブレッドジャーナリスト清水美穂子さんがアドバイザーを務める新業態ベーカリー【アズ・リーフ】で。

アトレヴィ田端】はエキナカではございませんので、一般の商業地と同様の課税になるとのこと。そんな話題が記者から寄せられた、昨日の内覧会の席。やはりアトレ事業にも、女性役員の活躍が目に映りました。女性の感性の時代――。旧国鉄では考えられなかったことでしょう。

IMG_5985tabata.JPG狭い立地で、"プチ・アトレ"といった感じのアトレヴィ田端は、山手線と京浜東北線の乗り換えなどで田端を利用する乗降客の、ワンストップ・ショップをめざしているようです。内装や設備への初期投資は総額3億8800万円。坪単価50万円といったところ。初年度売上は、約14億円を想定しています。

**北口降りてすぐ右手がアトレヴィ田端の入口です

IMG_5968150.JPG一番の立ち寄りどころは、TSUTAYAの先に設けられたライブラリーラウンジ【ガーデンテラス】。ホームを往き来する列車を眼下に、スタバのコーヒーを飲みながら、TSUTAYAで売られている本や雑誌を、椅子に腰掛け閲覧できるコミュニティースペースです。
**小さいテーブルもあって、ナチュラルな雰囲気。鉄道の入線を眺めながら、一杯のコーヒー。こういうシーンが、とてもよい!

こうした商業施設の内覧会は、ららぽーと豊洲はじめ、いくつかお誘いを頂戴しておりましたが、なかなか都合がつかず伺えませんでしたので、とても勉強になりました。

オープニングセレモニーは、明日30日午前9時40分から。"駅+商業施設"という概念。空港や高速道に負けていられませんね。気分を変えて「途中下車を!」という考え、人生にも当てはまります。

■アトレヴィ田端のホームページは、http://www.atre.co.jp/vie/
ラベル:JR 鉄道
posted by 千葉千枝子 at 20:23| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 観光業界ニュース・最新事情 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック