2009年01月27日

【川崎大師】と京急発祥の地・久寿餅・だるませんべい・ダルマ・とんとこ飴…

大本山【川崎大師】平間寺を訪ねました。実は私、大師様を参拝するのは、生まれて初めてです!

IMG_4811daishi.JPG
**もちろんご朱印もいただきました。
ご朱印帳は三途の河を渡るときのパスポートですからね


京急川崎駅から大師線に乗り換え、川崎大師駅下車。駅の脇には、京浜急行発祥の地を示す記念碑が(画像は一番下に)。110年前の開通といいますから、本当に驚かされます。日本初の標準軸を用いているのだそうで、京急の運転が速くて安定している理由、謎が解けました。
駅前から参道が開け、道の両側には料亭や土産物店がいっぱい。途中、コの字に曲がると、そこは仲見世。風情ある老舗店が軒を連ねていました。

【住吉】本舗の「くずもち」を買う
IMG_4813kuzumochi.JPG参拝後は、山門前にある住吉本舗の「独鈷・久寿餅」(くずもち)を購入。2枚入りで700円〜。"あんみつ"と"きなこ"がついています。とっても美味しかったです。


【住吉】の公式ホームページは、こちら

【津田屋】の「だるませんべい」を買う
IMG_4815fusen.JPG近ごろは「風船せんべい」が人気だとか。中が空洞になっている球形のお煎餅です。迷いましたが、1袋350円のオーソドックスな「だるませんべい」を買いました。
だるまさんの形をした醤油煎餅で、小ぶりです。


【津田屋】の紹介サイトは、こちら

【かどや開運堂】の「だるま」を買う
IMG_4814daruma.JPGありました、合格祈願ダルマ!はち巻きをしています。購入すると、「当日、受験会場に持って行けるように…」と、小さな金ダルマのお守りをくださいました。これ、サービスだそうです。それに、商品を入れる袋に、目玉の入れ方が記されていて親切。男性は左目が先だそうです。知らなかった!


【かどや開運堂】のホームページは、こちら


仲見世通りで、もっとも見入ったのが【とんとこ飴】です。松屋総本店で、とんとこ軽妙な音を立てて錬リたての飴を切る職人さんを、どうぞ!

IMG_4808tontoko.JPG IMG_4806daishisen.JPG

posted by 千葉千枝子 at 00:00| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日本の名所・旧跡・お城 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック