2010年05月26日

間もなく公開【セックス・アンド・ザ・シティ2】舞台はアブダビ! 試写会へ

ニューヨークが私を呼んでいる!
いきなり、そう感じたのは、来る6月4日(金)丸の内ピカデリーほか全国ロードショーが予定されている【セックス・アンド・ザ・シティ2】の冒頭、あのサラ・ジェシカ・パーカー(キャリー役)が初めてNYの大都会にやってきたときが、まさに私が初めてニューヨークに行った年でもあったから。

今回の舞台は何と、ミッドイーストUAEアラブ首長国連邦のアブダビです。シーンのひとつに「え?ドバイ??(アラビア語の密談のあと・・・)あそこは終わっている」というアブダビのスークの一語に、ドキッ。女性観をあらわすディス選びと、アメリカらしいセリフ妙味に脱帽です。

SATC2-10298rsex&thecity.jpg
(C)2010 New Line Productions, Inc. and Home Box Office, Inc.


子どもを持たない人生の在り方を選んだ人、子育て真っ最中のママ、仕事と育児を両立させている女性、そして彼と別れたばかりのあなた、近ごろ昔の彼氏と偶然にも再会したという方にも、元気と勇気を与えてくれます。そして書くことを生業としている女性にも、ね。

恋の結末&ファッションは、その筋の専門家に任せることにして、今回の旅的みどころは、映画の中で彼女たちがアラビックのエアライン・アフダル航空(架空の航空会社)のファーストクラスに搭乗するシーン。こちら、実はエミレーツのエアバスA380 型機をモデルにしています。そして豪華なアブダビのホテルは・・・マンダリン・オリエンタル!コスメボックスなどの二次的旅行鞄やサンド・ファッションも外せません。

続きは、映画公開後にあらためて。本当に笑えて、かなりスッキリ。彼女と同じ時代に生きていることを、実感させられる映画でした。


■映画【セックス・アンド・ザ・シティ2】の公式ホームページは、http://www.SATC2.jp
監督: マイケル・パトリック・キング
出演: サラ・ジェシカ・パーカー、キム・キャトラル、クリスティン・デイビス、シンシア・ニクソン
posted by 千葉千枝子 at 00:00| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 旅と映画・旅と写真 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック