2010年08月29日

40周年の【新穂高ロープウェイ】西穂高口駅の屋上展望台から

今度は、さるぼぼ人形を抱いてみました@新穂高ロープウェイ展望台。

IMG_6684s.jpg


IMG_6707s.jpg


【新穂高ロープウェイ】を利用して、山頂駅・西穂高口駅(2156m)を目指しました。その屋上展望台で、日本の屋根・奥穂高岳(3190m)に槍ヶ岳(3180m)の絶景に感動。夏休み最後の日曜日。空も晴れ渡り、たくさんの人出です。そして今年、新穂高ロープウェイは40周年を迎え、その歩みも展示中。


■通年営業【新穂高ロープウェイ】のホームページは、http://www.okuhi.jp/
IMG_6700a.jpg



展望台にて。少しだけ高い秋の空のもと、笑顔の写真屋さんが絶景スポットでスタンバイ。「お撮りしますよ、お手持ちのカメラで」。はい、さるぼぼ人形を抱かせてくれるんですね。そして写真屋さんが先に二枚、そのあと私の一眼レフで縦・横各二枚撮影してくれました。

モチロン、観光名所定番の台紙付き販売が、帰り際に(思い出こみ1枚1000円)。旅行会社勤務時代、とてもお世話になった観光地写真店の皆さん。開業以来、1400万人もの観光者を運んだ新穂高ロープウェイでは、飛ぶように台紙付き写真が売れていて、ちょっと嬉しい私。
さるぼぼ人形を持たせるのは、被写体に笑っていただくための写真屋さんの知恵のようです。こちらの画像は、私のカメラに収まったものですが、台紙付きの商品のほうはというと、なぜか、とびきりの笑顔で写っていました。お代を支払って戴いて帰りましたヨ、旅の思い出に。




ラベル:岐阜県
posted by 千葉千枝子 at 00:00| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日本の名所・旧跡・お城 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック