2007年03月03日

雛祭り

teikokuhina.jpg女の子のいない我が家では、せめてものお祝いに、桃の節句は"ちらし寿司"を作ります。
実家にひとり住む父が、「お雛様を出そうか?」と電話をかけて寄こしました。「冗談はやめてよ、お父さん。すぐに仕舞わなきゃ、"いき遅れる"っていうのに」と私。父は、ゲラゲラ大笑い。(どこかに、また"行こう"としているのか??)

**この段飾りは、先日、帝国ホテルで撮ったもの。美しいひな壇は、つい立ち止まって眺めてしまう。。

「いつか女の子が産まれたら」と、七五三や成人式に袖を通した私の着物を、狭いマンション暮らしというのに、後生大事に持ってきている私。。夢には、頑張れば叶う夢と、どうしたって叶わない夢があるもの。

hinamatsuri.jpg春だけ使用する桜柄の小皿とちらし寿司の前に、以前、多治見(たじみ)で購入した織部(おりべ)焼きの箸置き(雛の形をしている。。)を飾り、気持ちだけのお祝いをしました。

**数ある箸置きコレクションのひとつ、織部のお雛様


posted by 千葉千枝子 at 00:00| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ライフスタイル全般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック