2015年06月21日

月刊北國【ACTUS】7月号「京都VS金沢」のフシギ に取材協力・コメントを寄せました

「小京都」と呼ばれることほど、(ご当地の方々にとって不愉快なものはないのでは?)と感じる私ですが、おそらく金沢(や、角館ほかetc)の皆さんも同様ではないでしょうか。これもガイドブック用語の一つ、昭和に普及した言葉の副産物ですが、今の時代、観光地の未来を考えたとき、喜ばしくない表現であるような気がしています。京都や銀座という地名がブランドとしての形容しやすさをもっているのは事実ですが、海外におけるリトルトーキョーと小京都では、意味合いも違います。

月刊北國【ACTUS(アクタス)】7月号の第一特集「新幹線開業でにわかに脚光「京都VS金沢」のフシギ」に取材協力、コメントを寄せました。

actus.jpg


金沢から帰りの新幹線のなかで読んでいました北國新聞の下5段に、
IMG_5046_edited.jpg


アクタスの広告が掲載されていました。2015年6月20日発売号です。ぜひ、ご一読されてください。

ラベル:石川県 金沢
posted by 千葉千枝子 at 13:51| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 千葉千枝子の取材協力 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック