2015年11月23日

【糸満漁港】でマグロのセリを見学 競り落とされたマグロの解体ショーも

先週うかがった、海人(うみんちゅ)のまち・糸満で、感動体験した民泊以外のもう一つが、【糸満漁港】でのマグロのセリでした。水揚げされたばかりのマグロを身近で見ることができて、かなりな刺激。アドレナリン放出です。

sIMG_6164.jpg


糸満漁港北地区へ向かったのは、朝6時半。夜も明けないうちに、出来立てほやほやで湯気が出る「ゆし豆腐」をいただきましたのち、漁港へと向かいました。7時のチャイムとともに、始まりました、セリです。


つばぜり合いとは、こういう雰囲気を言うのだろうと思いました。買い付け業者たちも、皆さん真剣です。

sIMG_6288.jpg


落札されると、業者さんの車に積まれていく魚たち。本州ではなかなかお目にかかることができない、極彩色の魚もいて、南の海らしさを感じます。

sIMG_6250.jpg


sIMG_6140.jpg


夕方、市内の鮮魚店で、競り落とされたマグロの解体ショーを見学しました。その鮮魚店の2階にある居酒屋【たらじさびら】さんで、さばいたばかりのマグロを刺身に、ビールできゅっ

ただし残念ですが、糸満の魚市場も築地のように、近い将来、移転が決まっているのだとか。この規模にあるのが、とてもディ―プではあるのですが。観光市場の是非もあろうかとおもいます。旅行商品化とは、こうした苦悩のなかにあります。
夕方、行われたマグロ解体ショーやお刺身画像は、また日をあらためて、お見せしますね。

sIMG_7226.jpg


先週うかがった糸満の、感動体験報告でした。

ラベル:漁港 糸満 沖縄県
posted by 千葉千枝子 at 00:00| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | クルーズ・港湾 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック