2016年04月21日

【週刊新潮】4月28日号 熊本地震関連でコメントを寄せました

あらためまして、このたびの熊本地震で被災されました熊本県はじめ九州地方の皆様へ、心よりお見舞いを申し上げます。そして、お亡くなりになられました方におかれましては、ご家族の皆様、無念でしたでしょうに、深くお悔やみ申し上げます。

20160429.jpg


4月21日発売の【週刊新潮】4月28日号 熊本地震関連の特集記事内で、コメントを寄せさせていただきました。ゴールデンウィークの観光需要がもっとも高まる時期だけに、産業界におけるその被害の甚大さは計り知れません。東日本大震災で親族を失ったものとしては心痛の極みでした。これから私たちができることを、ただただ実行するだけです。必ず復興します。淑徳大学の学生たちも募金活動に奔走しています。例え小さなことでも、できることを、やります。


ラベル:熊本地震 熊本県
posted by 千葉千枝子 at 00:00| 東京 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 千葉千枝子の取材協力 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック