2017年03月01日

【築地場外】という東京の失いたくない観光資源

先日、久しぶりに築地場外で食事をしました。【つきぢ神楽寿司】さんです。豆腐の西京漬けが、ビールにあって美味しかったです。
あいにく【すしざんまい本店】さんは、長蛇の列で、入店をあきらめました。そのかわり、木村社長人形の前で記念撮影を。母校大学の先輩なのです。日本人客も外国人客も次々、一緒に撮影していました。

IMG_4894_edited.jpg


帰りに、割烹料理用漆器【築地きむら屋】さんで、念願だった海苔の炙り用の木箱を買いました。ほら、よくお蕎麦屋さんで出される、海苔をパリパリにして出す木の箱です。小さな炭が必要です。

築地市場が豊洲移転問題で物議をかもしていますが、場外のこの雰囲気は、私たち都民にとって格別なもの。失いたくない観光資源でもあります。例えば台湾が観光夜市を、タイなら観光用に水上マーケットを保存整備したように、市場のみならず築地場外を残す動きを、進めていただきたいと願っています。




posted by 千葉千枝子 at 00:00| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 国内のグルメ・レストラン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/447538939
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック