2019年12月29日

【開飯 川食堂】台湾で再会した教え子たち 2019年を振り返って

人生は旅。
様々な出会いと別れが2019年もありました。長かった旅ですが、まもなく終盤です。

先ほど台北駅近くの【開飯 川食堂】で、台湾に到着したばかりの中央大学の教え子1期生たちと再会して、一緒にランチをとりました。
日本で仕事納めをして朝LCCで到着した彼らは、このあと台中・台南をまわるそうです。勤務地の札幌から直に台北入りしたものもいます。
私は北投駅から駆け付けました。

twIMG_2411.jpg



開飯川食堂は、ローカルの友人から勧められたそうで、台北駅前、京站時尚広場の綺麗なビルの地下3階にあります。
台北駅周辺を歩きましたが、数年前より劇的に整備されていて驚きました。
あいにくの雨で、地下道をつたってお店にたどり着きました。地下街Y區から地上へ。便利ですね。

twIMG_2976.jpg


美味しい台湾料理に舌鼓を打ちました。麻婆辣など辛めの料理が美味しい食堂でした。
事前に予約を入れてくれていまして、トリップアドバイザー経由だとおもいます。人気店で、開店時間直後に到着しましたが、あっという間に満席でした。
7年前にともにマレーシアの地を踏んで以降、皆さん本当に大きく成長されました。頼もしいです。

ここからまた、それぞれの道へとお別れです。
別れを惜しんで、食後に店の隣の珈琲店にも立ち寄りました。
【小樽手作珈琲】というお店です。台湾のひとたちにとって、北海道の地名もブランドなのですね。
サイフォンで淹れた美味しいコーヒーがいただけました。

twIMG_2979.jpg


仲間のおひとりが、旅の直前にパスポートを紛失して飛行機に乗り遅れ、天津・香港経由で台湾に来ることになったそうで、この日、予定の全員は揃いませんでした。ですが旅の交差点、こうやって明るく再会できて幸いでした。会えなかった彼もまた、もはや私以上に旅のプロです。

皆さん、よい旅を。佳いお年を!




ラベル:グルメ 台湾 台北
posted by 千葉千枝子 at 00:00| 東京 ☁| Comment(0) | 海外のグルメ・レストラン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。