2016年01月24日

お気に入りのフェイラーのハンカチ 機内販売JAL・ANA仕様です

ドイツが誇る伝統工芸織物・フェイラーFEILER。機会があったらぜひ、本場ドイツのホーエンベルクで、シュニール織の製法を、この目で見学したいとおもっています。
このところ機内販売で、航空会社のコラボ・フェイラーが気になりっぱなし
もう入手不可能なものもあります。手持ちの一部をご覧にいれますー。

sIMG_8180.jpg


続きを読む
ラベル:JAL ANA ドイツ
posted by 千葉千枝子 at 00:00| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | ショッピング・コレクション | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月23日

韓国ソウル【ロッテマート】でお買い物

今回のソウル、取材のさなかに立ち寄ったのがロッテマート・ワールド店。品揃えが豊富で、生鮮から乾物、日用雑貨まで、ありとあらゆるものが安いお値段で入手できます。チャムシルにあるロッテ百貨店前で撮影してもらった一枚をお届けします。


IMG_0225a.JPG


ラベル:ソウル
posted by 千葉千枝子 at 00:00| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ショッピング・コレクション | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月05日

トルコ第三の都市【イズミル】で 連れ込み皮革店を冷やかす

イスタンブール空港でプレスの皆さんと合流し、トルコ第三の都市【イズミル】Izmirへと移動。遺跡の宝庫と欧州バカンスのメッカと聞いていましたが、それはそれはヨーロピアンの雰囲気。なぜなら、あのエーゲ海に面しているから。すぐそこに見える島は、ギリシャ。トルコがいかに地理的ヨーロッパにあるかを実感させられます。

turkey_izumr 096a.jpg


トルコで気をつけたいのが、ショッピングの客引き。とにかく、あちらこちらから「ジャポン?」「ジャポネ?」と言いながら、日本語、英語で語りかけ、最後に店へと導くというもの。なかには鍵をかけられ高額商品を買わされる、なんていう被害もあるのだとか。客引きはイスタンブールで散見しましたが、ここイズミルでも同様。無視をしたり蹴散らしても、懲りない輩がおりました。そこで冷やかしに行ってみることに。革製品の店だったのですね。着せられたのはトルコカラー。グループでの旅は、こういうとき安心です。一人旅と違って、冷やかす余裕が生まれます。どうですか?値段は、あえて尋ねませんでしたが。



ラベル:トルコ イズミル
posted by 千葉千枝子 at 00:00| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | ショッピング・コレクション | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月29日

星野や・軽井沢【ハルニレテラス】

IMG_3122a.JPG


中軽井沢に昨夏オープンした星野や・軽井沢【ハルニレテラス】を訪ねました。

リーシングの手法を存分に、高いブランド力と地の利、軽井沢に集う高所得者層にも訴求する店並びです。北欧雑貨を覗き、沢村さんで熱いコーヒーを。美味しそうな天然酵母の食パンを1斤買って帰りました。


■ハルニレテラスは、現在、駐車場が無料。気軽に立ち寄りお茶&ランチしたいエリアです。ホームページは、http://www.hoshinoya.com/facilities/harunire.html

続きを読む
ラベル:軽井沢
posted by 千葉千枝子 at 17:58| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | ショッピング・コレクション | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月13日

【オメガ】の腕時計 by 卒業旅行

「過去、四半世紀の卒業旅行ヒストリーにコメントをください!」と出版社さんから頼まれ、ぐぐっと蘇ったのが1985年のプラザ合意です。私の海外旅行デビュー年で、以降、卒業旅行含め、大学時代の4年間は都合4回、海外旅行を満喫しました。
この卒業旅行コメントは、テストするモノ批評誌「MONOQULO」4月号に掲載の予定。そこで綴られています当時の海外旅行ショッピングについて―――。私はジュネーブで、【オメガ】OMEGA の腕時計を購入し、富士銀行の入行式に、この時計をはめていきました。

IMG_2336o.JPG


学生身分で腕時計を買い漁る様は今に思えば奇異なものでしたが、その姿は現在、中国人旅行者に完全にシフトしています。いわば、卒業旅行の潮流も世界経済そのもの。しかし当時は、YWCAに泊まる節約旅行も経験しました。一人でも多くの学生さんに、どんなスタイルでもよいです、学生同士の卒業旅行で、海外を経験してもらいたいと願っています。

IMG_2328s.JPG



テストするモノ批評誌【MONOQULO】4月号は2月19日発売の予定です。3月号でもアジア激安ツアーにコメントを寄せていますよ。
■バイト求人web誌【an area(アン・エリア)】バイトのとびら「人気のエリアへ卒業旅行♪1ヶ月でGET 必要資金の稼ぎ方」 ←こちらもご覧ください。


posted by 千葉千枝子 at 09:56| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | ショッピング・コレクション | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月15日

【モンベル】グリンデルワルト店でグローブを購入

日本を代表するアウトドアメーカーが、本場アルペンリゾートのグリンデルワルトに出店したのは2005年12月のこと。1969年、名峰アイガー(3970m)を極めた創業者の情熱とご努力で、街の一等地に【モンベル】グリンデルワルト店は佇みます。
欧米人にも人気が高く、店舗も広め。アウトドア用品はもちろん、ご当地バージョンのTシャツなどが揃いお土産にも最適です。

IMG_0876mon.JPG


この2週間で、すっかり秋から冬へと季節もかわったマウンテンリゾート・グリンデルワルト。これでもか…というくらい冬服を持ち込んだのですが、雪山の寒さにはかなわず。モンベルで、まずグローブ・カバーを購入。次いで並びのGRAFブティックでダウンを購入(しかも可愛いROXYよ〜)。明日の【フィルスト】First(2168m) 行きに備えました。といっても、頂上駅からスタートする3時間超の本格的な雪道トレッキング。日本から登山用のストックなどは持参したのですが…。

IMG_0173first.JPG
これが翌日のいでたち!フィルストの展望台まで約25分、グリンデルワルト発のゴンドラで


急な気候変動で、身支度が心配なツーリストに心強いのがモンベル・グリンデルワルト店。日本人スタッフが常駐、店内には創業者の偉業も展示されています。

■【モンベル】の公式ホームページは、http://www.montbell.jp/
posted by 千葉千枝子 at 00:00| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | ショッピング・コレクション | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月29日

沼津魚河岸【サスヨ海産市場】

5月も早や終わり。今年のゴールデンウィークに訪ねました沼津・千本港町の【サスヨ海産市場】を、今日はご紹介します。

IMG_0475numadu.JPG


タクシーの運転手さんに「ここは安くて、人気の店だよ」と教えられ、混雑する店内で、土産用の干物やシラスを買い求めました。魚市場仲買店だけあり、種類が豊富で価格は激安。干物は小売、ほかイカなど鮮魚の箱売りや加工品もあります。場所は千本港町「二番線」のど真ん中。間口が広く、観光客も買い物しやすい店構え。魚河岸仲買の店だけあり、店員さんも威勢が良いです。

IMG_0471numadu.JPG


■【サスヨ海産市場】は火曜日定休。閉店は17時ですから、お早めに。午前中のほうが商品も豊富なようです。沼津市千本港町105-1


posted by 千葉千枝子 at 00:00| 東京 🌁| Comment(1) | TrackBack(0) | ショッピング・コレクション | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月04日

日本テレビ【スッキリ!!】

「日本の奥様をスッキリさせる新情報バラエティー」という冠言葉がついた日テレ朝8時台の番組【スッキリ!!】に、来週月曜日12月8日、VTR出演します。

IMG_4121karuizawa.JPG軽井沢プリンスショッピングプラザで行われた「軽井沢・プラチナバーゲン」での、私が血眼?になってお買い物をしている様子が映し出されることとおもいます。バーゲン必勝の裏ワザも…。
ぜひ、ご覧になってみてくださいぴかぴか(新しい)ぴかぴか(新しい)

師走に入ったとたん、懐かしいひと、お世話になったひと、今年知り合ったばかりのひとと再会する機会が増えています。私にとりまして大きな変局点となった2008年も、残すところあとわずかとなりました。今日は、環境問題に積極的に取り組むルフトハンザドイツ航空の環境フォーラムに出席。近くその内容は、業界ニュース内の記事でお届けする予定です。

そうです、千葉千枝子は公私&名実ともに、「スッキリ!!」の気分で年末を迎えております♪ 今後も、旅にまつわるさまざまな提言、活動を続けていきたいと考えておりますので、宜しくご支援のほどお願い申し上げます。
(なんだか、暮れのご挨拶のようですねダッシュ(走り出すさま) 大掃除もこれからと言うのに…)
posted by 千葉千枝子 at 00:00| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | ショッピング・コレクション | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月25日

【ワイキキ・ビーチ・ウォーク】をホロホロ

IMG_3747beachwalk.JPG今回のホノルル滞在では、皆さんのお買い物につきあって、ワイキキの新名所をブラブラ。。(うぉっ、観光客している!)という気分になりました。ショッピングの内容を、少しだけ公開します。

**ね、観光客しているでしょ(画像右)。ワイキキ・ビーチ・ウォーク入口付近で記念写真、撮ってもらいました。

ワイキキ・ビーチ・ウォーク

ぶらぶらとお散歩することを、ハワイ語で「ホロホロ」と言うのだそう。前回3月の渡布では、オープンしたてのワイキキ・ビーチ・ウォークで、ピンポイントにレストランでのディナーを楽しみましたが、今回は、しっかり時間をとって、皆でホロホロしました♪


IMG_3750beach.JPG IMG_3749beachwalk.JPG IMG_3761beachwalk.JPG


**(画像中)【ホノルル・クッキー・カンパニー
私はビッグアイランド・キャンディーズの大ファンですが、今ハワイでは、クッキー戦争が勃発中!おニューのブランドが続々登場していました。仲間のひとりS氏が、ハワイ通の奥様に指定されたホノルル・クッキー・カンパニー。パイナップルの形をしたクッキーを、早速試食してみると、確かに美味!。今回、取材でお世話になった方へは化粧箱の詰め合わせ、我が家へはミニ・パイナップルのお徳用サイズをゲット!

**(画像右)【マウイ・ジム
「サングラスなら、"Maui Jim"がおススメ!」とは、同行のO氏。ゴルフの芝目もバッチリ見えると勧められ、さんざん試した挙げ句にその日は買わず、冷やかしただけでした。しかし翌日、ハレクラニのパーティー後、再訪。マダム風の大ぶりなサングラス(180ドル)を20%ディスカウントに成功し、ゲット!その日は、3人がお買い上げ。口コミの威力は凄いわね。
さて、入手したサングラス。かけるとモロ、本物のマダムに変身。似合い過ぎていて、ちょっとコワいです。。

posted by 千葉千枝子 at 00:00| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | ショッピング・コレクション | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月20日

【アロハ・ウクレレ】

オンリー4ナイツという早足でしたが、1年9か月ぶり、ホノルルを訪ねました!

今回の渡布は、(1)新著出版の取材協力御礼、(2)新記事の取材、そして(3)僅かばかりの自分へのご褒美=バケーションを目的に、ヒルトン・ハワイアン・ヴィレッジ内のタイムシェア【ヒルトン・グランド・バケーション・クラブ】カリアタワーを利用。素敵なホノルル・ステイを満喫してきました。

017aloha.JPG客室の様子や、変貌を遂げ続けるワイキキ地区の模様、最新レストラン事情は、追って、たっぷりとお届けします。で、一等はじめにご紹介したいのが、ウクレレの専門店【アロハ・ウクレレ】です。
息子たちへの土産に、今回初めて、"本物のウクレレ"を購入しました!スーベニアとしてのおもちゃのウクレレは、すでに3本、弦も伸びたまま、我が家の壁面を飾っていますが、楽器としての本格購入は初めて。

このお店、カリア・タワー1階にあるショップで、滞在者が入れ替わり立ち替わりお店を覗いていきます。ワイキキにも出店しているのだそうですが、こちらにはアンティークも飾られているから、ワイキキの本店とはちょっと趣きが違うようです。
ウクレレ・ブームが訪れ久しいですが、あの音色、私もいつか奏でてみたい♪ 

さて、日本人女性の店員が、ウクレレの種類や保管方法、近ごろのマーケットの傾向を、とても懇切丁寧に教えてくれました。このところ、原材料の高騰や職人不足から、上質なウクレレは値上がりが続いているといいます。
065200.JPG$800〜900程度のウクレレは、柄やスタイルにバリエーションがあり、一生モノとして、いつかは手に入れたいと思う逸品ばかり。とはいえ息子たちへの土産ですから、まずはこの辺りから…、ということで、セール品を物色。専用のケースがついて、$120〜とお得です(合板は$200以下とお安いのです)。

到着日早々に、まず訪問。そして最終日、プールサイドからの帰りにそのまま立ち寄り、ついにホンモノを購入。
水着のうえにコットンの楊柳(ようりゅう)を着たままの姿ですが、ウクレレと一緒に記念撮影!ハワイの雰囲気、出てますでしょ?
(この楊柳、今年1月ホアヒンで、欧州マダムが水着の上に着ていたのが素敵で、同じような安いものを買いました。パレオより便利かも)

簡単な、演奏ハンドブックを、おまけにつけてくれました。

■【アロハ・ウクレレ】Aloha Ukulele
Hilton Hawaiian Village Kakia Tower
TEL (808)955-5295
**年代物やミニチュアも飾ってあり、観るだけでも楽しめます

posted by 千葉千枝子 at 00:00| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ショッピング・コレクション | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月07日

【輪島塗】

今回の能登では、輪島塗のショッピングも楽しみのひとつでした。
輪島塗の専門店やみやげ物店が数多い能登輪島地区ですが、今回は、お得意の箸置きと"帯留め"、輪島塗ではないですが小ぶりの寿司桶(安価な木椀などが、一緒に売られています)を買いました。

塗匠しおやす漆器工房
notoi.jpg漆器工房の見学ができる【塗匠しおやす漆器工房】で、輪島塗の制作行程を見学しました。

**塗りのお椀の制作行程を工房で説明

notoh.jpg布を張ることによって重みと深みを増す輪島塗の技法は、さすが日本の匠。どこの家庭でも塗りの仕事で忙しいがため、このあたりではリヤカーや台車で、食材やおにぎりなど弁当を売る"行商"が増えて言ったという歴史があるのだそう。確かに朝市でも、露天商のひとたちに、台車を轢いて、おにぎりや飲み物を売る行商のおばちゃんが多いのです。。


**電話0682-22-1166 午前8時半〜午後5時半で年中無休


輪島塗舗八井漆器本店
wajimanuri2.jpg歴史のありそうな店構え。店内に入ると、種類も豊富で店員さんの感じもよい。。ということで、【八井漆器本店】で、お目当ての帯留め(14500円)を購入することにしました。

近ごろは忙しく、着物に袖を通す時間も少なくなりましたが、ときどき旅先で、かんざしや帯留めを購入する私。供給量が少ない品だけに、旅先のほうが良いものに出会えることが多いのです。

wajimanuri.jpgお店の場所は、朝市通りの東端。香合や杯など、素晴らしい塗りの商品が並んでいて、おすすめのお店です。


**電話0768-22-0218 輪島市河井本町
**帯留めの画像は、あらためて公開しますね。。
posted by 千葉千枝子 at 00:00| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(1) | ショッピング・コレクション | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月07日

タイ【ベンジャロン焼】

benjyaron.jpgタイにご関係が深い方から、【ベンジャロン焼】の陶器を頂戴しました。

世界各国を旅しながら、たくさんの陶器、銀器、木製品を収集しましたが、タイのベンジャロン焼は手元になくって、悦び倍増。
過日、バンコク出張で購入しようか迷ったすえ、荷物も多く断念した一品です。

ベンジャロン焼は、素晴らしい極彩色で、金箔が遣われているのが特長です。


オールアバウト海外移住サイト【新生タイランドエリートで特権を手に入れる】記事が、チャネルランキング第一位に輝きました♪ご支援、ありがとうございました。
posted by 千葉千枝子 at 00:00| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ショッピング・コレクション | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月31日

【御殿場プレミアム・アウトレット】

御殿場インターすぐ近くの、【御殿場プレミアム・アウトレット】に立ち寄りました。

**東名下り車線を走っていると、インターを降りる手前に見えますよね。

アウトレットが誘致されて久しいですが、なかなか立ち寄る機会がなく、実は今回初めて。
あまりの広さに驚きました。足が棒になるほど……。
gotenba1.jpgアメリカのS・Cが"まんま"という感じですが、私よりもアウトレットに詳しい父いわく「以前よりも、良いものを揃えるようになった」と語ります。それに「中国人や台湾人など、外国人が多くなった」とも。。

私は、ジミー・チュウやアルマーニを覗きましたが、サイズが合うものがなく、残念。シーズン遅れでも、じっくり回れば掘り出し物が見つかりそうで、そちらも残念でした。

■【御殿場プレミアム・アウトレット】の公式ホームページは、http://www.premiumoutlets.co.jp
**マイカー利用者は、少しはなれた駐車場から送迎バスに乗る。。
posted by 千葉千枝子 at 00:00| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | ショッピング・コレクション | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月23日

チェンマイで【オーダー服】

世界を旅していると、即行で仕上げてくれるオーダー服に、ついつい目がいってしまうのは、私だけでしょうか??


order.jpg今回は、チェンマイで最高クラスのホテル【マンダリン・オリエンタル・チェンマイ】のショッピング・アーケイド内にある、【T.J.コレクション】で、アルマーニの新作を模したスーツ2着、ジャケット1着をオーダー!

帰国前日の22時(夜の10時です〜)、マンダリン内のチャイニーズレストランで催された夕食会に赴いたおり、周囲のおすすめを受け、飛込みでオーダー。


ordermandarin.jpg「インド人が経営する店」と、マンダリンのセールスマネージャー・智子さんに、聞いてはいたのですが、どうもお針子さんは中国系のお顔立ち。そこで、注文を受けたいオーナーのインド人と、今夜徹夜で仕上げなくてはいけないお針子さんの中国人との間で、タイ語のバトルがありました。(2着なら受けられるけれど、3着は時間的に。。ということらしい)

で、仕上げてもらったってわけです。即行というより"即興"です。。

**右側のモデルが着用しているスーツを、ピンストライプと春色でご注文♪


生地は、多種多様。アルマーニのスーツは、いずれも上質のウールで上下・税別180米ドル(=6300バーツ。。18900円。。。と、インド人は換算が早い)
それから、すみれ色のタイシルクでお願いしたジャケットは、上着だけで4500バーツ(13500円)。翌日、空港へ向かう1時間前の午後5時半に、インド人の奥さんとその子どもらしき女の子が、ホテルへ届けてくれました。

baggage3.jpg店内には、上品そうなヨーロピアンの家族が仮縫いに訪れたり。。何といっても2006年11月にグランドオープンしたばかりの、総面積65エーカーなハイクラス・ホテルでのこと。
ふたりっきりで過ごせる超ゴージャスなハネムーン・ヴィラなど、カートを使っての施設見学もしています。(ホテル詳細は、後日お伝えしますわ♪)

**帰国は、こんな感じ。。鈴なりです。

さて、オーダー服。仕上がりは上々。。新年に、袖を通そうと思います。

マンダリン・オリエンタル・チェンマイのショッピング・アーケード内にある注文服の店【T.J.コレクション】は、
TEL 053-888514

posted by 千葉千枝子 at 00:52| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | ショッピング・コレクション | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする