2016年01月24日

お気に入りのフェイラーのハンカチ 機内販売JAL・ANA仕様です

ドイツが誇る伝統工芸織物・フェイラーFEILER。機会があったらぜひ、本場ドイツのホーエンベルクで、シュニール織の製法を、この目で見学したいとおもっています。
このところ機内販売で、航空会社のコラボ・フェイラーが気になりっぱなし
もう入手不可能なものもあります。手持ちの一部をご覧にいれますー。

sIMG_8180.jpg


続きを読む
タグ:JAL ANA ドイツ
posted by 千葉千枝子 at 00:00| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | ショッピング・コレクション | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年01月05日

【日本ロレックス】へ オーバーホールと修理が完了

社会人一年生、初めてのボーナスで購入した時計を愛用して、かれこれ24年が経ちました。購入したのは休暇で訪ねたホノルルの免税店。清水の舞台…だったのを記憶しています。以降、床にうっかり落とそうが、転んで道路に打ち付けようが、スキー場でも登山先でも国内外、いつでも一緒でした。この愛用の時計が去年の暮れ、ついに止まってしまったのです。修理はもとより、初めてのオーバーホールあせあせ(飛び散る汗)をお願いすることになりました。
向かったのは郵船ビルのなかにある、日本ロレックス丸の内サービスセンターです。それが、とても混んでいます。日本にも、これだけ多くの顧客がいるのだと驚かされました。丁寧な対応。預けた期間は1ヵ月です。

IMG_3726a.jpg


蘇りました。オーバーホール44000円、リューズの交換などの代金が14000円弱。締めて6万円弱と大きな出費でしたが、新品同様にキラキラ輝いて戻ってきましたぴかぴか(新しい)
次の四半世紀も一緒に頑張ろう! 時計に語りかけました。
posted by 千葉千枝子 at 00:00| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ショッピング・コレクション | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月23日

韓国ソウル【ロッテマート】でお買い物

今回のソウル、取材のさなかに立ち寄ったのがロッテマート・ワールド店。品揃えが豊富で、生鮮から乾物、日用雑貨まで、ありとあらゆるものが安いお値段で入手できます。チャムシルにあるロッテ百貨店前で撮影してもらった一枚をお届けします。


IMG_0225a.JPG


タグ:ソウル
posted by 千葉千枝子 at 00:00| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ショッピング・コレクション | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月05日

トルコ第三の都市【イズミル】で 連れ込み皮革店を冷やかす

イスタンブール空港でプレスの皆さんと合流し、トルコ第三の都市【イズミル】Izmirへと移動。遺跡の宝庫と欧州バカンスのメッカと聞いていましたが、それはそれはヨーロピアンの雰囲気。なぜなら、あのエーゲ海に面しているから。すぐそこに見える島は、ギリシャ。トルコがいかに地理的ヨーロッパにあるかを実感させられます。

turkey_izumr 096a.jpg


トルコで気をつけたいのが、ショッピングの客引き。とにかく、あちらこちらから「ジャポン?」「ジャポネ?」と言いながら、日本語、英語で語りかけ、最後に店へと導くというもの。なかには鍵をかけられ高額商品を買わされる、なんていう被害もあるのだとか。客引きはイスタンブールで散見しましたが、ここイズミルでも同様。無視をしたり蹴散らしても、懲りない輩がおりました。そこで冷やかしに行ってみることに。革製品の店だったのですね。着せられたのはトルコカラー。グループでの旅は、こういうとき安心です。一人旅と違って、冷やかす余裕が生まれます。どうですか?値段は、あえて尋ねませんでしたが。



posted by 千葉千枝子 at 00:00| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | ショッピング・コレクション | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月29日

星野や・軽井沢【ハルニレテラス】

IMG_3122a.JPG


中軽井沢に昨夏オープンした星野や・軽井沢【ハルニレテラス】を訪ねました。

リーシングの手法を存分に、高いブランド力と地の利、軽井沢に集う高所得者層にも訴求する店並びです。北欧雑貨を覗き、沢村さんで熱いコーヒーを。美味しそうな天然酵母の食パンを1斤買って帰りました。


■ハルニレテラスは、現在、駐車場が無料。気軽に立ち寄りお茶&ランチしたいエリアです。ホームページは、http://www.hoshinoya.com/facilities/harunire.html

続きを読む
タグ:軽井沢
posted by 千葉千枝子 at 17:58| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | ショッピング・コレクション | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月13日

【オメガ】の腕時計 by 卒業旅行

「過去、四半世紀の卒業旅行ヒストリーにコメントをください!」と出版社さんから頼まれ、ぐぐっと蘇ったのが1985年のプラザ合意です。私の海外旅行デビュー年で、以降、卒業旅行含め、大学時代の4年間は都合4回、海外旅行を満喫しました。
この卒業旅行コメントは、テストするモノ批評誌「MONOQULO」4月号に掲載の予定。そこで綴られています当時の海外旅行ショッピングについて―――。私はジュネーブで、【オメガ】OMEGA の腕時計を購入し、富士銀行の入行式に、この時計をはめていきました。

IMG_2336o.JPG


学生身分で腕時計を買い漁る様は今に思えば奇異なものでしたが、その姿は現在、中国人旅行者に完全にシフトしています。いわば、卒業旅行の潮流も世界経済そのもの。しかし当時は、YWCAに泊まる節約旅行も経験しました。一人でも多くの学生さんに、どんなスタイルでもよいです、学生同士の卒業旅行で、海外を経験してもらいたいと願っています。

IMG_2328s.JPG



テストするモノ批評誌【MONOQULO】4月号は2月19日発売の予定です。3月号でもアジア激安ツアーにコメントを寄せていますよ。
■バイト求人web誌【an area(アン・エリア)】バイトのとびら「人気のエリアへ卒業旅行♪1ヶ月でGET 必要資金の稼ぎ方」 ←こちらもご覧ください。


posted by 千葉千枝子 at 09:56| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | ショッピング・コレクション | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月15日

【モンベル】グリンデルワルト店でグローブを購入

日本を代表するアウトドアメーカーが、本場アルペンリゾートのグリンデルワルトに出店したのは2005年12月のこと。1969年、名峰アイガー(3970m)を極めた創業者の情熱とご努力で、街の一等地に【モンベル】グリンデルワルト店は佇みます。
欧米人にも人気が高く、店舗も広め。アウトドア用品はもちろん、ご当地バージョンのTシャツなどが揃いお土産にも最適です。

IMG_0876mon.JPG


この2週間で、すっかり秋から冬へと季節もかわったマウンテンリゾート・グリンデルワルト。これでもか…というくらい冬服を持ち込んだのですが、雪山の寒さにはかなわず。モンベルで、まずグローブ・カバーを購入。次いで並びのGRAFブティックでダウンを購入(しかも可愛いROXYよ〜)。明日の【フィルスト】First(2168m) 行きに備えました。といっても、頂上駅からスタートする3時間超の本格的な雪道トレッキング。日本から登山用のストックなどは持参したのですが…。

IMG_0173first.JPG
これが翌日のいでたち!フィルストの展望台まで約25分、グリンデルワルト発のゴンドラで


急な気候変動で、身支度が心配なツーリストに心強いのがモンベル・グリンデルワルト店。日本人スタッフが常駐、店内には創業者の偉業も展示されています。

■【モンベル】の公式ホームページは、http://www.montbell.jp/
posted by 千葉千枝子 at 00:00| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | ショッピング・コレクション | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月27日

【千葉千枝子お気に入りグッズ】の頒布がいよいよスタートします

マイケル・ジャクソンの突然の訃報には本当に驚きました。彼を悼む番組がテレビやラジオで早速組まれていますが、月日を経て今もなお褪せない曲の数々に、輝かしきバブルの80年代が蘇りますぴかぴか(新しい)

朝から真夏日となった土曜日の今日、ラジオから流れるマイケルの歌声を聴きながら、品川にあるブティック【アトリエ・ベルローズ】へと車を飛ばしました。

IMG_0008naraya.JPG


海外取材先でみつけた"千葉千枝子お気にいりグッズ"の頒布が、いよいよスタートしますexclamation 
IMG_0012naraya.JPG第一弾はタイ【NaRaYa】の商品。夏にぴったり、ホワイト・キャンパス地でできた、バッグやポーチの数々です。パイピングはキャンディーとドットの二種類。早速、私も愛用しています。

夏のギラギラ太陽に負けないよう、毎年、おろしたての"白"を持ちたいもの。リゾートへの旅行に、スーツケースの中にしのばせたい箱型ポーチも全て、防水素材の裏地に小さな内ポケットがついていて、とても便利です。

今後はオリジナル商品も展開の予定です。第二弾もお楽しみに!


■ブティック【アトリエ・ベルローズ】の連絡先、詳しいお問い合わせはお電話で(TEL 03-3788-6060)



posted by 千葉千枝子 at 16:47| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ショッピング・コレクション | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月29日

沼津魚河岸【サスヨ海産市場】

5月も早や終わり。今年のゴールデンウィークに訪ねました沼津・千本港町の【サスヨ海産市場】を、今日はご紹介します。

IMG_0475numadu.JPG


タクシーの運転手さんに「ここは安くて、人気の店だよ」と教えられ、混雑する店内で、土産用の干物やシラスを買い求めました。魚市場仲買店だけあり、種類が豊富で価格は激安。干物は小売、ほかイカなど鮮魚の箱売りや加工品もあります。場所は千本港町「二番線」のど真ん中。間口が広く、観光客も買い物しやすい店構え。魚河岸仲買の店だけあり、店員さんも威勢が良いです。

IMG_0471numadu.JPG


■【サスヨ海産市場】は火曜日定休。閉店は17時ですから、お早めに。午前中のほうが商品も豊富なようです。沼津市千本港町105-1


posted by 千葉千枝子 at 00:00| 東京 🌁| Comment(1) | TrackBack(0) | ショッピング・コレクション | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月27日

ウォン安効果で半額に!【新羅免税店】

先日出演した、ラジオ(エフエム東京【よんぱち】ブルーガイド・トラベルフォン)でもお伝えしましたが、凄いひとでしたよ、韓国の免税店。しかも、安い!!

IMG_0169shira.JPG
買っちゃいましたよ〜


今回立ち寄りましたのは、ソウル市内の【ホテル新羅免税店】The Shilla。リュウ・シオンさんをイメージキャラクターに、1600坪の広さで展開するソウルきっての免税店です。東大門市場やミョンドン、南大門市場から無料シャトルバスが出ているほか、タクシーの領収証を案内デスクに提示するとお買い物券がいただけます。私は、サービスカウンターで"VIPシルバーカード"を作ってもらい、割引でお買い物。しかもJALカードで支払えばマイレジまでもらえる、お得なキャンペーン中なのです。

IMG_0167shira.JPG
3階屋上階に設けられたVIPカードカウンターで手続きするだけ。パスポートを忘れずに


いつも使っているシスレー化粧品のモイスチャーライジング・ファンデーション。日本では11,025円なのですが、新羅では何と59米ドル!!半額近いお値段でしょ!?エルメスやルイヴィトンなどブティックブランドも充実です。(ちなみに韓国の免税店は、米ドル表示。もちろんキャッシュならウォンでも買えます)
posted by 千葉千枝子 at 00:49| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ショッピング・コレクション | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月04日

日本テレビ【スッキリ!!】

「日本の奥様をスッキリさせる新情報バラエティー」という冠言葉がついた日テレ朝8時台の番組【スッキリ!!】に、来週月曜日12月8日、VTR出演します。

IMG_4121karuizawa.JPG軽井沢プリンスショッピングプラザで行われた「軽井沢・プラチナバーゲン」での、私が血眼?になってお買い物をしている様子が映し出されることとおもいます。バーゲン必勝の裏ワザも…。
ぜひ、ご覧になってみてくださいぴかぴか(新しい)ぴかぴか(新しい)

師走に入ったとたん、懐かしいひと、お世話になったひと、今年知り合ったばかりのひとと再会する機会が増えています。私にとりまして大きな変局点となった2008年も、残すところあとわずかとなりました。今日は、環境問題に積極的に取り組むルフトハンザドイツ航空の環境フォーラムに出席。近くその内容は、業界ニュース内の記事でお届けする予定です。

そうです、千葉千枝子は公私&名実ともに、「スッキリ!!」の気分で年末を迎えております♪ 今後も、旅にまつわるさまざまな提言、活動を続けていきたいと考えておりますので、宜しくご支援のほどお願い申し上げます。
(なんだか、暮れのご挨拶のようですねダッシュ(走り出すさま) 大掃除もこれからと言うのに…)
posted by 千葉千枝子 at 00:00| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | ショッピング・コレクション | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月25日

【ワイキキ・ビーチ・ウォーク】をホロホロ

IMG_3747beachwalk.JPG今回のホノルル滞在では、皆さんのお買い物につきあって、ワイキキの新名所をブラブラ。。(うぉっ、観光客している!)という気分になりました。ショッピングの内容を、少しだけ公開します。

**ね、観光客しているでしょ(画像右)。ワイキキ・ビーチ・ウォーク入口付近で記念写真、撮ってもらいました。

ワイキキ・ビーチ・ウォーク

ぶらぶらとお散歩することを、ハワイ語で「ホロホロ」と言うのだそう。前回3月の渡布では、オープンしたてのワイキキ・ビーチ・ウォークで、ピンポイントにレストランでのディナーを楽しみましたが、今回は、しっかり時間をとって、皆でホロホロしました♪


IMG_3750beach.JPG IMG_3749beachwalk.JPG IMG_3761beachwalk.JPG


**(画像中)【ホノルル・クッキー・カンパニー
私はビッグアイランド・キャンディーズの大ファンですが、今ハワイでは、クッキー戦争が勃発中!おニューのブランドが続々登場していました。仲間のひとりS氏が、ハワイ通の奥様に指定されたホノルル・クッキー・カンパニー。パイナップルの形をしたクッキーを、早速試食してみると、確かに美味!。今回、取材でお世話になった方へは化粧箱の詰め合わせ、我が家へはミニ・パイナップルのお徳用サイズをゲット!

**(画像右)【マウイ・ジム
「サングラスなら、"Maui Jim"がおススメ!」とは、同行のO氏。ゴルフの芝目もバッチリ見えると勧められ、さんざん試した挙げ句にその日は買わず、冷やかしただけでした。しかし翌日、ハレクラニのパーティー後、再訪。マダム風の大ぶりなサングラス(180ドル)を20%ディスカウントに成功し、ゲット!その日は、3人がお買い上げ。口コミの威力は凄いわね。
さて、入手したサングラス。かけるとモロ、本物のマダムに変身。似合い過ぎていて、ちょっとコワいです。。

posted by 千葉千枝子 at 00:00| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | ショッピング・コレクション | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月20日

【アロハ・ウクレレ】

オンリー4ナイツという早足でしたが、1年9か月ぶり、ホノルルを訪ねました!

今回の渡布は、(1)新著出版の取材協力御礼、(2)新記事の取材、そして(3)僅かばかりの自分へのご褒美=バケーションを目的に、ヒルトン・ハワイアン・ヴィレッジ内のタイムシェア【ヒルトン・グランド・バケーション・クラブ】カリアタワーを利用。素敵なホノルル・ステイを満喫してきました。

017aloha.JPG客室の様子や、変貌を遂げ続けるワイキキ地区の模様、最新レストラン事情は、追って、たっぷりとお届けします。で、一等はじめにご紹介したいのが、ウクレレの専門店【アロハ・ウクレレ】です。
息子たちへの土産に、今回初めて、"本物のウクレレ"を購入しました!スーベニアとしてのおもちゃのウクレレは、すでに3本、弦も伸びたまま、我が家の壁面を飾っていますが、楽器としての本格購入は初めて。

このお店、カリア・タワー1階にあるショップで、滞在者が入れ替わり立ち替わりお店を覗いていきます。ワイキキにも出店しているのだそうですが、こちらにはアンティークも飾られているから、ワイキキの本店とはちょっと趣きが違うようです。
ウクレレ・ブームが訪れ久しいですが、あの音色、私もいつか奏でてみたい♪ 

さて、日本人女性の店員が、ウクレレの種類や保管方法、近ごろのマーケットの傾向を、とても懇切丁寧に教えてくれました。このところ、原材料の高騰や職人不足から、上質なウクレレは値上がりが続いているといいます。
065200.JPG$800〜900程度のウクレレは、柄やスタイルにバリエーションがあり、一生モノとして、いつかは手に入れたいと思う逸品ばかり。とはいえ息子たちへの土産ですから、まずはこの辺りから…、ということで、セール品を物色。専用のケースがついて、$120〜とお得です(合板は$200以下とお安いのです)。

到着日早々に、まず訪問。そして最終日、プールサイドからの帰りにそのまま立ち寄り、ついにホンモノを購入。
水着のうえにコットンの楊柳(ようりゅう)を着たままの姿ですが、ウクレレと一緒に記念撮影!ハワイの雰囲気、出てますでしょ?
(この楊柳、今年1月ホアヒンで、欧州マダムが水着の上に着ていたのが素敵で、同じような安いものを買いました。パレオより便利かも)

簡単な、演奏ハンドブックを、おまけにつけてくれました。

■【アロハ・ウクレレ】Aloha Ukulele
Hilton Hawaiian Village Kakia Tower
TEL (808)955-5295
**年代物やミニチュアも飾ってあり、観るだけでも楽しめます

posted by 千葉千枝子 at 00:00| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ショッピング・コレクション | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月12日

【RODO】のパーティーバッグ

パーティー用のバッグで一番気に入っているのがイタリアのブランド【RODO(ロド)】のバッグ。

001bagrodo.JPGクラッチを持つほど正式な場でなければ、このハンドル付きのロドで、ほとんどまかなえる、すぐれもの。大きさが、私の背丈にちょうど良く小ぶり。なのに収納力が抜群で、デジカメなども入れてしまいます。
たしか今でも、銀座・和光で、RODOブランドを取り扱っているはず。シルバーですが、大きくないので、浮いた感じにはなりません。

出版記念の会で、ロングドレスを着る予定なので、約1年ぶりでしょうかね、六本木のシーボン・ネイルサロンへ行き、スカルプチャーをやってもらいました。手を添えると、バッグの大体の大きさが、おわかりいただけると思います。

■【RODO】の公式ホームページは、http://www.rodo.it/

posted by 千葉千枝子 at 00:00| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | ショッピング・コレクション | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月07日

【輪島塗】

今回の能登では、輪島塗のショッピングも楽しみのひとつでした。
輪島塗の専門店やみやげ物店が数多い能登輪島地区ですが、今回は、お得意の箸置きと"帯留め"、輪島塗ではないですが小ぶりの寿司桶(安価な木椀などが、一緒に売られています)を買いました。

塗匠しおやす漆器工房
notoi.jpg漆器工房の見学ができる【塗匠しおやす漆器工房】で、輪島塗の制作行程を見学しました。

**塗りのお椀の制作行程を工房で説明

notoh.jpg布を張ることによって重みと深みを増す輪島塗の技法は、さすが日本の匠。どこの家庭でも塗りの仕事で忙しいがため、このあたりではリヤカーや台車で、食材やおにぎりなど弁当を売る"行商"が増えて言ったという歴史があるのだそう。確かに朝市でも、露天商のひとたちに、台車を轢いて、おにぎりや飲み物を売る行商のおばちゃんが多いのです。。


**電話0682-22-1166 午前8時半〜午後5時半で年中無休


輪島塗舗八井漆器本店
wajimanuri2.jpg歴史のありそうな店構え。店内に入ると、種類も豊富で店員さんの感じもよい。。ということで、【八井漆器本店】で、お目当ての帯留め(14500円)を購入することにしました。

近ごろは忙しく、着物に袖を通す時間も少なくなりましたが、ときどき旅先で、かんざしや帯留めを購入する私。供給量が少ない品だけに、旅先のほうが良いものに出会えることが多いのです。

wajimanuri.jpgお店の場所は、朝市通りの東端。香合や杯など、素晴らしい塗りの商品が並んでいて、おすすめのお店です。


**電話0768-22-0218 輪島市河井本町
**帯留めの画像は、あらためて公開しますね。。
posted by 千葉千枝子 at 00:00| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(1) | ショッピング・コレクション | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月14日

【エルメス】トリム

JATA国際観光会議2007の会場で、バッタリ再会したタイ国政府観光庁の陣内幸子さん。
jinnaisan.jpg偶然、【エルメス】のショルダー"トリム"を持っていたものですから、記念のツーショットです♪

私のトリムは、よくある"型おしタイプ"で、ホノルルのエルメスブティックで数年前に購入しました。旅行や仕事に、(軽くて)便利で、一眼レフも入れてしまえるのです。

陣内さんのトリムはというと、珍しい"ヌメ革"です!(しかも、ほどよくアメ色で、よ〜い)。マドリッドでご購入されたとのことで、スペインっぽくって、ますます感動した私。陣内さんの醸す「デキるキャリアウーマン」な雰囲気に、よくマッチしてました。

タグ:バッグ
posted by 千葉千枝子 at 02:17| 東京 ☀| Comment(1) | TrackBack(0) | ショッピング・コレクション | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月07日

タイ【ベンジャロン焼】

benjyaron.jpgタイにご関係が深い方から、【ベンジャロン焼】の陶器を頂戴しました。

世界各国を旅しながら、たくさんの陶器、銀器、木製品を収集しましたが、タイのベンジャロン焼は手元になくって、悦び倍増。
過日、バンコク出張で購入しようか迷ったすえ、荷物も多く断念した一品です。

ベンジャロン焼は、素晴らしい極彩色で、金箔が遣われているのが特長です。


オールアバウト海外移住サイト【新生タイランドエリートで特権を手に入れる】記事が、チャネルランキング第一位に輝きました♪ご支援、ありがとうございました。
posted by 千葉千枝子 at 00:00| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ショッピング・コレクション | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月31日

【御殿場プレミアム・アウトレット】

御殿場インターすぐ近くの、【御殿場プレミアム・アウトレット】に立ち寄りました。

**東名下り車線を走っていると、インターを降りる手前に見えますよね。

アウトレットが誘致されて久しいですが、なかなか立ち寄る機会がなく、実は今回初めて。
あまりの広さに驚きました。足が棒になるほど……。
gotenba1.jpgアメリカのS・Cが"まんま"という感じですが、私よりもアウトレットに詳しい父いわく「以前よりも、良いものを揃えるようになった」と語ります。それに「中国人や台湾人など、外国人が多くなった」とも。。

私は、ジミー・チュウやアルマーニを覗きましたが、サイズが合うものがなく、残念。シーズン遅れでも、じっくり回れば掘り出し物が見つかりそうで、そちらも残念でした。

■【御殿場プレミアム・アウトレット】の公式ホームページは、http://www.premiumoutlets.co.jp
**マイカー利用者は、少しはなれた駐車場から送迎バスに乗る。。
posted by 千葉千枝子 at 00:00| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | ショッピング・コレクション | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月09日

【クラブメッド】のドレスコード

baggagepht.jpgクラブメッドが展開するキッズビレッジを取材するため、【クラブメッド・プーケット・バカンス村】を訪ねることに。

今回のテーマは、「子連れロングステイ」。何かと情報が、シニアに偏りがちなロングステイですが、実際に子どもを連れて、海外でゆったりしたいママも、きっと多いはず。
そうした提案ができればと、いざ、母は息子を伴い、現地に赴くことになりました。

**往きの成田エクスプレスには、母子の衣類を詰めたリモワ社製スーツケースと、(「大人は大人のバカンス、子どもは子どものバカンス」がウリのクラブメッドを満喫するべく)ママのオール・キャロウェイなゴルフバッグを、搭乗用のケースで包(くる)んで。。

さて、クラブメッドには「強制ではない【ドレスコード】」があります。

例えば、クラブメッドのドレスコードは。。というと
pinkandwhite.jpg jeans.jpg mamdress.jpg
**(画像左)ピンク&ホワイト:到着日の夜は、日本語G.O(ジーオー=楽しいバカンスをお手伝いするバカンス村のスタッフたちの総称で、ジェントル・オーガナイザーの略)と、アルコールで乾杯!(右端のわたし、ディオールの薔薇柄ドレス)
**(画像中)ジーンズ&カウボーイ:ジーンズはかさばるので、あまり海外旅行には持参しない主義。でも、今回はジーンズを珍しく持参してみました。
**(画像右)アジア:アジアン・テイストといえば、本場タイシルクはもちろん、チャイナドレス、アオザイ、浴衣etc。私は、バカンス村内のブティックで購入した麻のブラックドレスを着てみました。。

「非日常」を楽しむのが、旅の極意。
今回の取材の主役はキッズ=息子だけに、(仕事あとのママは)着るものにもメリハリがつき、おしゃれが楽しめました!

■クラブメッドの公式ホームページは、http://www.clubmed.co.jp
posted by 千葉千枝子 at 00:00| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ショッピング・コレクション | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月23日

チェンマイで【オーダー服】

世界を旅していると、即行で仕上げてくれるオーダー服に、ついつい目がいってしまうのは、私だけでしょうか??


order.jpg今回は、チェンマイで最高クラスのホテル【マンダリン・オリエンタル・チェンマイ】のショッピング・アーケイド内にある、【T.J.コレクション】で、アルマーニの新作を模したスーツ2着、ジャケット1着をオーダー!

帰国前日の22時(夜の10時です〜)、マンダリン内のチャイニーズレストランで催された夕食会に赴いたおり、周囲のおすすめを受け、飛込みでオーダー。


ordermandarin.jpg「インド人が経営する店」と、マンダリンのセールスマネージャー・智子さんに、聞いてはいたのですが、どうもお針子さんは中国系のお顔立ち。そこで、注文を受けたいオーナーのインド人と、今夜徹夜で仕上げなくてはいけないお針子さんの中国人との間で、タイ語のバトルがありました。(2着なら受けられるけれど、3着は時間的に。。ということらしい)

で、仕上げてもらったってわけです。即行というより"即興"です。。

**右側のモデルが着用しているスーツを、ピンストライプと春色でご注文♪


生地は、多種多様。アルマーニのスーツは、いずれも上質のウールで上下・税別180米ドル(=6300バーツ。。18900円。。。と、インド人は換算が早い)
それから、すみれ色のタイシルクでお願いしたジャケットは、上着だけで4500バーツ(13500円)。翌日、空港へ向かう1時間前の午後5時半に、インド人の奥さんとその子どもらしき女の子が、ホテルへ届けてくれました。

baggage3.jpg店内には、上品そうなヨーロピアンの家族が仮縫いに訪れたり。。何といっても2006年11月にグランドオープンしたばかりの、総面積65エーカーなハイクラス・ホテルでのこと。
ふたりっきりで過ごせる超ゴージャスなハネムーン・ヴィラなど、カートを使っての施設見学もしています。(ホテル詳細は、後日お伝えしますわ♪)

**帰国は、こんな感じ。。鈴なりです。

さて、オーダー服。仕上がりは上々。。新年に、袖を通そうと思います。

マンダリン・オリエンタル・チェンマイのショッピング・アーケード内にある注文服の店【T.J.コレクション】は、
TEL 053-888514

posted by 千葉千枝子 at 00:52| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | ショッピング・コレクション | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月26日

ビジネスバッグは【ロエベ】

ビジネスシーンで活躍するのは、スペイン王室御用達の皮革専門店【ロエベ】LOEWE 社製ビジネスバッグです。
business.jpg黒と茶、いずれもメンズを、私は愛用しています。

書類や手帳のほか、書籍やデジカメ、レコーダーなど、取材や打ち合わせで荷物が多いときには、もっぱらマチのある茶レザーのバッグを使用。男性的なダレスバッグとは一風異なり、ロエベの風合いが、女性らしさを感じさせます。

外脇にもポケットがあるので、車内で新聞を読みたいときなぞ、出し入れに便利!内張りも立派で、雨にも強いので、重宝しています。

■ロエベのホームページは、http://www.loewe.co.jp/
posted by 千葉千枝子 at 00:00| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | ショッピング・コレクション | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月18日

お出かけには【コンテス】

お出かけには、ホースヘアの逸品で知られる【コンテス】のハンドバッグを、もっぱら愛用。和装にもあうので、とても重宝しています。

comtessebag.jpgコンテス】はドイツの生まれですが、織り機はイギリスの、しかも産業革命当時のものを、今でも使用しているのだそう。ホースヘア(馬のしっぽの毛)は、月の満ち欠けや気温、湿度などが、色合いに大きな影響を及ぼすため、希少なのが特長です。

手前の黒いバッグは、中が三つに仕切られていて、内張りのカラーがトリコロール。外観の"カチッ"とした印象とは大きくことなり、開いたときに遊びを感じさせる意外性をもっています。

奥のエンジ色は、A4サイズが入る大ぶりの手提げ鞄。一泊程度や日帰り出張なら、これひとつですませることも。シックな印象で、お気に入りです。

■コンテスのホームページは、http://www.comtesse.de/(日本語あり)
■コンテスを紹介した記事や取扱い店舗は、こちら
posted by 千葉千枝子 at 15:05| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | ショッピング・コレクション | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月09日

【エルメス】ファースト・ケリー

旅先で、機内持ち込みをする肩掛けバッグのことを、よく訊ねられるので、今日はその話題。

添乗員時代から愛用しているのが、【エルメス】のケリー。内部はポケットのみで、間仕切りがないため、見た目以上に容量があり、使いやすいのが特長です。
底部には鋲が打ってあるので、機内やトイレの床にも、ガンガン置いてしまいます。(海外のトイレは、鞄をかけるフックがない場合が多い!)

firsthermes1.jpg私の【ファースト・ケリー】は、今から15年前、ホノルルのロイヤルハワイアン・ショッピングセンター内にあるエルメス・ブティックでオーダーしたもの。もっぱら、32cmサイズがお気に入りで、オーソドックスに黒のボックスカーフから入門しました。
**画像手前が、ファースト・ケリー♪♪(15年選手)

ハンドルはもとより、バッグ本体の傷もひどく、年季の入りかたがハンパじゃない。(「そんな疲れた鞄を持つな!」と他人から言われても、手放せないの。。)これでも、すでに2度修理しています。

現在は、エブリン黒についている幅広ストラップを、ケリーに付け替えて使用。肩が凝らず、グッド・アイデアです。

オーダーから出来上がりまで3ヵ月ほど時間を要しましたが、(出来た途端)早く引取りに来るよう何度も国際電話が入ったので、後輩くんの添乗時にお願いを。。。(代金は、オーダー時にダイナースで既にデポしてあった)
園部くん、その節は有難うございました。。。

■エルメスの公式ホームページは、http://www.hermes.com/
**「ケリーバッグ」の名称は、のちにモナコ王妃となった女優グレース・ケリーが、妊娠中のお腹をかばったことに由来します

posted by 千葉千枝子 at 02:52| 東京 🌁| Comment(4) | TrackBack(4) | ショッピング・コレクション | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月20日

宝飾時計【ショパール】

雨だった昨日は、車で打ち合わせ先の日本橋へ。
2005年12月に開業した【マンダリン・オリエンタル・東京】のパーキングを利用しようと車寄せに入ったところ、驚くべし[バレー・サービス]システム!

海外で多いバレーのしくみが、このところ日本にも上陸。ブッシュ大統領がお忍びで小泉首相と訪れた、あの西麻布の【権八】が、いち早くバレーを導入したので、(ご近所のくせに)車で乗りつけたことがありましたっけ。

マンダリン・オリエンタル・香港】をプライベートで利用したのは、1994年のこと。故森瑤子さんの小説を学生時代読んだのがきっかけで、「一度は泊りたいホテル」のひとつでしたが、さすが期待を裏切りませんでした。
そのマンダリンが日本に進出。
昨日の、【マンダリン・オリエンタル・東京】のバレーやドアマンの対応は、すこぶるよい印象でした。お江戸マンダリンを、近くあらためて、新聞寄稿のため取材するつもりです。

さて、出庫のあと、宝飾時計で知られる【ショパール】のリペアを行っている「一新時計ショパール・日本サービスセンター」へ。電池の交換をしてもらいました。

hopard1.jpg以前、韓国・済洲島(チェジュド)の新羅ホテル内免税店で購入したショパールの腕時計・ハッピーダイアモンド。インセンティブで訪韓した記念に購入したものです。
時計のオーバーホールは、銀座・和光に持ち込むことが多いのですが、ショパールの取り扱いはこちらへということで、一新時計を訪ねました。


海外購入の時計のオーバーホールやバッグのリペアは、直営店での購入と異なり面倒も多いもの。ひとつのものを大切に、長く使うのが、私の信条です。


■マンダリン・オリエンタル・東京の公式ホームページは、http://www.mandarinoriental.co.jp/tokyo/
**駐車料金は、30分500円(館内利用で割引あり)
■マンダリン・オリエンタル・香港のホームページ(英語)は、http://www.mandarinoriental.com/hongkong/

■ショパールの公式ホームページ(日本語有)は、http://www.chopard.com/worldwide/indexfl.html
■一新時計のホームページは、
http://www.isshin.com/

**ショパール日本サービスセンター東京
中央区八重洲2-11-7一新ビル4F TEL03-3272-2576
時間10時半〜17時半(昼12時半〜13時半を除く)土日祝休
(場所は、八重洲富士屋ホテル並び商工中金ビル(内堀通り)と銀座中央通の中間。首都高・新橋エリア側線の入路脇。)

posted by 千葉千枝子 at 12:37| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(7) | ショッピング・コレクション | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする