プロフィール
名前:千葉千枝子
職業:淑徳大学 経営学部 観光経営学科 学部長 教授
千葉千枝子公式ホームページ:http://www.longstaystyle.com
メールアドレス:info@longstaystyle.com
■■経歴■■淑徳大学 経営学部 観光経営学科 学部長 教授。中央大学卒業後、富士銀行入行。シティバンクを経てJTBに入社。1996年有限会社千葉千枝子事務所設立。運輸・観光業全般に関する論評、執筆・講演活動を行う。特定非営利活動法人交流・暮らしネット理事長。東京成徳短期大学・城西国際大学、横浜商科大学等を経て、現職。2014年から中央大学 経済学部兼任講師も務めている。
■■所属団体■■日本記者クラブ会員・日本観光研究学会会員・中央大学南甲倶楽部会員・日本旅行業女性の会会員(副会長歴任)・JTBOB会会員・ファイナンシャルプランナー・総合旅行業務取扱管理者資格ほか
■■著書■■
■単著「観光ビジネスの新潮流」(学芸出版社)・「JTB 旅をみがく現場力」(東洋経済新報社)・「カナダ バンクーバーロングステイ術」(JTBパブリッシング)・「悠々ロングステイガイド台湾」「ハワイ暮らしはハウマッチ?」(イカロス出版)・「悠々パース暮らし」(綜合ユニコム)・じゅん刊「世界と日本」1183号「観光で新時代を切り拓く―観光ビジネスの新たな潮流」
■共著「観光学基礎(第4版)」(ジェイティービー能力開発)・共著「観光学基礎(第5版・6版・7版・8版)」(JTB総合研究所)・共著「観光の事典」(朝倉書店)・共著「はじめてでもわかる! 自治体職員のための観光政策立案必携」(第一法規)ほか多数
■■講演■■過去の講演実績はこちら
■■連載実績■■ ■日本経済新聞社 NIKKEIプラス1「教えて!達人」(06年9月〜08年4月)■JR社内報 クリエイティブ21(日本生産性本部)「ハーイJR」(05年11月〜07年9月)■JRグループ社内報 クリエイティブ21(日本生産性本部)「新・ハーイJR」(2011年1月〜2013年3月)■NHKラジオ毎週月曜16時台「ラジオホットタイム」(06年4月〜07年3月)■日経マスターズ「大人のロングステイ入門」(06年1月〜7月号)■時事通信社「ロングステイ新潮流」(05年1月〜06年3月)■FP総合情報サイトPowerFP 「海外生活におけるFPアドバイス」■内外ニュース 週刊世界と日本「Hello! Longstay」(09年2月〜10年2月)■月刊レジャー産業資料(綜合ユニコム)「台頭するニューツーリズム・ビジネス最前線」(10年2月号〜11月号)■夕刊フジ「追悼―104歳のアスリート下川原孝」(2011年5月全5回)■QUICK資産運用応援サイト「マネーライフ」アジア新興国特集(2010年2月〜)&退職・年金ナビ■QUICK投資情報館(i.Pad版アプリ/ANAバーチャルエアポート配信)資産運用コラム・ライフスタイル(2010年12月〜2012年1月)■政策研究フォーラム発行「月刊 改革者」連載「日本を拓く 明日からの観光」(2012年1月号〜2013年3月号全15回)■日本地域開発センター発行「月刊 地域開発」連載「脱マスツーリズムの新潮流」(2013年9月号〜2014年2月号全6回)■Fanet(日経グループ)【Fanet Money Life マネーライフ】リレー連載・今日のコラム(2013年8月〜2014年12月)■中央大学広報誌Hakumon【ちゅうおう】「中大生の旅するチカラ」(2010年春季号〜2015年春季号)■旅行観光専門ビジネスサイト【トラベルボイス】連載・千葉千枝子の観光ビジネス解説(2014年1月〜2016年3月)■月刊レジャー産業資料(綜合ユニコム)「観光でビッグチャンスをつかめ!「インバウンド」ビジネス開拓の鍵(2014年12月〜2015年11月)■朝日旅行会員誌【旅なかま】「千葉千枝子の 実践!テーマのある旅」(2014年6月号〜2017年3月号)■クルーズトラベラー「賢く旅するための経済学」(2017年3月Spring号〜現在)
All About オールアバウト【海外旅行の準備・最新情報】
All About オールアバウト【ロングステイ】
All About オールアバウト【アウトレット】
■■委員等歴任■■
■いわて観光立県推進会議委員(令和2年度〜現職)
■東京都港湾局葛西海浜公園保全と活用に関する有識者会議委員(令和元年度〜現職)
■東京都建設局葛西臨海水族園のあり方検討会検討委員/葛西臨海水族園事業計画検討会委員(平成29年度〜令和元年度)
■神奈川県観光審議会委員(平成25年度〜現職)
■岩手県釜石市・釜石食ブランド開発検討協議会委員(平成25年度〜現職)
■群馬県版DMOマーケティングワーキンググループ(WG)委員(平成29年度)
■沖縄感動産業戦略構築事業検討委員会委員(平成25年度)
■沖縄感動体験プログラム実証事業委員会実証委員(平成26〜28年度)
■日本観光研究学会・東日本大震災支援特別委員(平成23年度)
■港区観光振興ビジョン検討委員 (平成22・23年度)
■特定非営利活動法人交流・暮らしネット
理事(平成18年度〜) 理事長(平成26年度〜現職)
■財団法人ロングステイ財団評議員(平成17年度〜18年度)ほか
■■発表論文■■
「ロングステイツーリズムにおける観光振興とその課題」
 (第23回日本観光研究学会全国大会学術論文集2008年11月)
「観光対象としてのアウトレットモールと旅行ビジネスに関する考察」
 (第24回日本観光研究学会全国大会学術論文集2009年11月)
「国内ロングステイにおける観光振興とその事例」
 (第25回日本観光研究学会全国大会学術論文集2010年12月)
「観光新潮流にみるフードツーリズムと地域振興」
 (第26回日本観光研究学会全国大会学術論文集2011年12月)
「長期滞在型観光にみる高齢者とツーリズム」
 (日本都市計画学会「都市計画」295号2012年2月)
「東日本大震災による観光産業の被害の実態と対応」共同研究(研究代表)
 (日本観光研究学会機関誌「観光研究」vol.24 No.1 2012年)
「伝統的地場産業における長期滞在型観光の振興事例と今後の課題」
 (第27回日本観光研究学会全国大会学術論文集2012年12月)
「長期滞在型観光とアーティスト・イン・レジデンスに関する考察」
 (第28回日本観光研究学会全国大会学術論文集2013年12月)
「国内アウトレットにおけるインバウンドビジネスに関する考察」
 (第29回日本観光研究学会全国大会学術論文集2014年12月)
「東日本大震災からの観光産業の復興と課題―釜石市をケースとして―」
 (日本観光研究学会機関誌「観光研究」Vol.26 No.2 2015年)
「大学教育における観光基軸の国際人材育成に関する一考察―海外就業体験・中央大学国際観光コースの事例から―」
 (第30回日本観光研究学会全国大会学術論文集2015年11月)
「被災地域の観光復興ならびに振興における発展段階 ―IGRいわて銀河鉄道の事例から」
 (第31回日本観光研究学会全国大会学術論文集2016年12月)
「本邦における観光地のライフサイクルとその事例」
 (淑徳大学 教育学部・経営学部研究年報 創刊号2018年3月)
「大規模災害からの観光復興に関する考察―ボランティアツーリズムと福島第一原子力発電所を例に―」
 (第33回日本観光研究学会全国大会学術論文集2018年12月)
「イギリス湖水地方における地上手配の基本的研究」
 (淑徳大学 教育学部・経営学部研究年報 第2号2019年3月)
「福島Jヴィレッジにおける原子力事故からの観光復興とその過程」
 (第34回日本観光研究学会全国大会学術論文集2019年12月)
「電源地域における集客施設等の観光特性について」
 (淑徳大学 教育学部・経営学部研究年報 第3号2020年3月)
「電力関連集客施設の観光特性とその検証 ―国内外の原子力PR 館等の事例から―」
 (第35回日本観光研究学会全国大会学術論文集2020年12月)
■■教職歴■■ 
東京成徳短期大学 言語文化コミュニケーション科 非常勤講師(平成22〜24年度)
城西国際大学 観光学部 ウェルネスツーリズム学科 非常勤講師(平成23〜24年度)
横浜商科大学 商学部 貿易・観光学科 兼任講師 (平成24年度〜27年度)
中央大学 経済学部 インターンシップ科目国際観光コース 客員講師(平成26年度〜平成27年度) 兼任講師(平成28年度〜現職)
淑徳大学 経営学部 観光経営学科 教授(平成28年度〜現職)・経営学部長(平成30年度〜現職)
■■ニュースリリース■■ 
■2018年4月1日付、淑徳大学 経営学部 学部長に就任しました。
■2020年1月25日で有限会社千葉千枝子事務所は26期を迎えます。
■理事長を務める特定非営利活動法人交流・暮らしネットは、2021年10月で15周年を迎えます。
■2017年3月から雑誌「クルーズトラベラー」に「賢く旅するための経済学」を好評連載中。
■令和元年度に引き続き「観光庁 令和2年度 インバウンドの地方誘客促進のための専門人材派遣業務」に専門家登録しています。
東京都観光まちづくりアドバイザー人材バンクに登録しています。
■日本観光振興協会【観光地域づくり 研修なび】に講師登録しています。
■2019年4月、科研費 平成31年度(2019年度) 基盤研究(C)研究課題名:大規模災害からの観光復興に関する考察―電源地域・主に原子力の事例から― が採択されました。
■2020年3月、東京都港湾局「葛西海浜公園保全と活用に関する有識者会議委員」に就任しました。
■2020年4月、日本観光研究学会 首里城焼失特別研究「 首里城焼失にみる観光被害の実態と課題―観光資源における普遍的価値と象徴性の観点から― 」が採択されました。
■2020年5月、岩手県「いわて観光立県推進会議委員」に就任しました。
■2020年9月28日、【Yahoo!ニュース公式コメンテーター】に就任いたしました。
■2021年1月、大乗淑徳学園【教職員社会活動賞】を受賞しました(2年連続受賞です)。

2020年12月10日

今シーズン3回目の葛尾村【復興交流館あぜりあ】WSに参加しました

今年最後となる復興庁事業「新しい東北」のワークショップ参加のため、葛尾村【復興交流館あぜりあ】を訪ねました。11月第1週、第2週に続いて3度目の訪問。先月は秋が深まる様子でしたが、すっかり冬を迎えていました。

sIMG_5753.jpg


続きを読む
posted by 千葉千枝子 at 21:00| 東京 ☀| Comment(0) | インバウンド | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年12月09日

福島・会津郷土食【鶴我】で桜肉と会津料理

郡山に入りました。福島・会津地方の郷土料理の専門店が、ここ郡山にもあると聞き、夕食に伺いました。
會津郷土食と桜鍋の【鶴我(つるが)】さんです。

この可愛いお膳、これがお通しです。
会津塗の、まるでおままごとのような小さな碗と膳。これだけでも女子は喜びますよね。

sIMG_8371.jpg


続きを読む
posted by 千葉千枝子 at 23:01| 東京 ☀| Comment(0) | 国内のグルメ・レストラン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

三陸鉄道で陸中山田まちなか交流センターWS ランチは地産地消・自家製麺のうどん【釜揚げ屋】

朝早くに三陸鉄道に乗って、釜石から陸中山田へ。復興庁の事業で、「山田町まちなか交流センター」で開催されたワークショップに参加しました。被災地復興のお手伝いは、皆さんが一生懸命ゆえに私も励まされます。

sIMG_5712.jpg



続きを読む
ラベル:岩手県 山田町
posted by 千葉千枝子 at 14:59| 東京 ☀| Comment(0) | 国内のグルメ・レストラン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年12月08日

釜石【魚河岸テラス】HAMAYUIで地中海料理

昨日は、軽井沢で学生たちと別れて、あさま(北陸新幹線)からやまびこ(東北新幹線)へ。大宮駅で乗り換えて、揺られること計6時間。私の生まれ故郷でもある岩手・釜石に到着しました。
投宿先のフォルクローロ三陸釜石に手荷物を預けて、釜石市役所にご挨拶に伺い、それから魚河岸テラスの地中海料理店【HAMAYUI】へお邪魔しました。

uIMG_8301.jpg


ぷりぷりの帆立がたくさん入ったパスタに、


続きを読む
posted by 千葉千枝子 at 23:00| 東京 ☀| Comment(0) | 国内のグルメ・レストラン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

千葉ゼミ卒論合宿【うさぎの森】軽井沢店 

淑徳大学の千葉ゼミ卒論合宿では、学生が探して手配してくれた【うさぎの森】軽井沢店で夕食を囲みました。

sIMG_5650 (2).jpg


就職内定率は10月時点で100%、そして卒論合宿は皆さん頑張って全員提出済みで臨み、合宿では卒論要旨に重きを置きました。
学生の皆さんの努力のお蔭です。

とてもアットホームなお店で、お食事もボリューミー。


 続きを読む
posted by 千葉千枝子 at 00:00| 東京 ☀| Comment(0) | 淑徳大学で学ぶ観光 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年12月07日

【軽井沢プリンンスホテル ウエスト】go toトラベルで千葉ゼミ合宿

冬の軽井沢は空気がピンと張っていて、とても好きです。
あさま号で今日は軽井沢駅へ。JR東日本のえきねっとから、eチケットがここ最近、気に入っています。

kIMG_5600.jpg


卒論合宿で、4年生の皆さんと現地集合。学生の皆さんはコテージで、私はウエストでお部屋をとりました。
いました!てるてる坊主さん。

続きを読む
ラベル:軽井沢 長野県
posted by 千葉千枝子 at 00:00| 東京 ☀| Comment(0) | 淑徳大学で学ぶ観光 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年12月06日

日本観光研究学会第35回全国大会 論文発表【電力関連集客施設の観光特性とその検証 ―国内外の原子力PR 館等の事例から―】

日本観光研究学会第35回全国大会は、当初、京都での開催が予定されておりましたが、新型コロナウイルスの感染拡大防止の観点からオンライン開催となり、「電力関連集客施設の観光特性とその検証 ―国内外の原子力PR 館等の事例から―」とのタイトルで執筆し、大会論文集での発表にかえさせていただきました。

茶匙IMG_3012.jpg


昨年の今頃、台湾の原子力展示館を訪ねたときに、台北市内で買い求めた手作りの茶匙です。ひとつはお土産用に、もう1つは自分用に購入しました。海外はそれっきり。新型コロナウイルスで、海外旅行が自由にならない日々が続いていますが、あのとき訪台していてよかったとおもうこの頃です。

ラベル:電源地域 科研費
posted by 千葉千枝子 at 00:00| 東京 ☀| Comment(0) | 研究論文・科研費 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

シェラトン都ホテル東京【カフェ カリフォルニア】

都内での暮れの会合に、今年は電車を避けて車で移動しgo to宿泊してしまおうと、夕べは【シェラトン都ホテル東京】に次男坊と一緒に泊まりました。今から20年以上も前、すぐ近くの保育園に長男がお世話になっていたりと、勝手知ったる懐かしの場所。ゆっくりチェックアウトして、本当は「四川」でとおもっていたのですが満席で、カフェ カリフォルニアでランチをしてから帰宅しました。

sIMG_5565.jpg



続きを読む
posted by 千葉千枝子 at 00:00| 東京 ☀| Comment(0) | 国内のグルメ・レストラン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年12月05日

【千葉チルドレンの会】Chiba children party2020 を開催していただきました

新型コロナウイルスの感染拡大で、会食などの集会が自粛傾向になるなか、年に一度のこと、注意を最大限払いながらも実施しましょう、ということで、中央大学の教え子たち1期生OBから現役・院生まで、規模を縮小して、恵比寿のレストラン「エレガンテヴィータ」で、【千葉チルドレンの会】Chiba children party2020 を開催していただきました。

sIMG_5501.jpg


今年は7期生を迎える予定でしたが、あいにくコロナで不開講とさせていただいた中央大学インターンシップ科目国際観光コース。次年度は新たな体制を構築する予定でおります。

続きを読む
ラベル:中央大学
posted by 千葉千枝子 at 23:00| 東京 ☀| Comment(0) | 観光学と大学教育・キャリア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年12月01日

箱根宮ノ下【富士屋ホテル】に宿泊しました Vol.3 富士屋ホテルの価値ある施設

たくさん撮影したので、箱根宮ノ下【富士屋ホテル】の一部になりますが、お届けさせていただきます。

fIMG_8262.jpg


こちらが本館外観です。

続きを読む
posted by 千葉千枝子 at 00:00| 東京 ☔| Comment(0) | 国内のホテル旅館コンドミニアム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年11月30日

箱根宮ノ下【富士屋ホテル】に宿泊しました Vol.2 メインダイニングルーム・ザ・フジヤ

【メインダイニングルーム・ザ・フジヤ】

箱根・宮ノ下の富士屋ホテルを象徴するレストランとしてその名を轟かせるフレンチレストランです。
和洋折衷な建造物の壮大さ、欄間などにみられる匠の技もさることながら、このレストランの天井絵が見事なことでも知られています。日本アルプスの高山植物636種が描かれているのだそうで、高さ6メートルの折り上げ格天井というのだそう。
その改修工事の様子は、FUJIYA HOTEL MUSEUMでも動画で見ることができます。

fIMG_8209.jpg



続きを読む
posted by 千葉千枝子 at 00:00| 東京 ☔| Comment(0) | 国内のグルメ・レストラン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年11月29日

箱根宮ノ下【富士屋ホテル】に宿泊しました Vol.1 FUJIYA HOTEL MUSEUM

1878年創業の箱根宮ノ下【富士屋ホテル】。日本を代表するクラシックホテルです。
今回は自身の研究と調査、そしてNPO活動の一環、視察研修も兼ねて訪問しました。
2年に及ぶ全面改装を経て2020年7月15日にグランドオープンしたばかりの新生・富士屋ホテル。2020東京オリンピック・パラリンピック前の開業をめざしていたのでしょう、あいにく新型コロナウイルスの感染拡大でオリンピックは開催延期となりましたが、Go Toトラベルの影響もあってか、多くの方がお泊りになられていました。

今回の耐震改修工事を経て、今世紀、そして次の世紀と幾久しく、日本のホテル史にその名を轟かせ続けることでしょう。
改修工事の様子や匠の技、ホテルの歴史や貴重な史料等は、館内の【FUJIYA HOTEL MUSEUM】でご覧になることができます。

fIMG_8239.jpg


たくさんの画像でお届けします。


続きを読む
posted by 千葉千枝子 at 00:00| 東京 ☔| Comment(0) | 国内のホテル旅館コンドミニアム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年11月16日

【週刊ポスト】2020年11/27・12/4号 特集「Go To正月旅行マル得予約術」にコメントを寄せました。

小学館【週刊ポスト】(2020年11月27日・12月4日号)の特集「Go To正月旅行マル得予約術」にコメントを寄せました。

tIMG_5305[1].jpg


ラベル:Go Toトラベル
posted by 千葉千枝子 at 00:00| 東京 ☀| Comment(0) | 千葉千枝子のTV・ラジオ出演 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年11月15日

淑徳大学で学ぶ観光【川越フィールドワーク】蓮馨寺からスタートです

今秋は、台風被害もなく週末ごとに穏やかに晴れ、マスク姿で戸外にでても快適な陽気で嬉しい限りです。
淑徳大学で学ぶ観光。毎年、新入生を対象に実施した【川越フィールドワーク】を、今年は3ゼミ合同で実施いたしました。
小江戸川越は、Go To効果もあってか、日曜日の今日は多くの人出でした。

kawaIMG_7998.jpg


浄土宗檀林・蓮馨寺(れんけい・じ)のご住職であられ、小江戸川越観光協会長の粂原様からご高話を拝聴し、重伝建・川越へとフィールドワークに向かった学生たち。グループにわかれて各々、視察のテーマをもって、晩秋の青空のもとまち歩きをしました。

続きを読む
posted by 千葉千枝子 at 23:00| 東京 ☀| Comment(0) | 淑徳大学で学ぶ観光 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年11月14日

【FRIDAY】特集「Go Toトラベル年末年始のお得な国内ツアー」にコメントを寄せました。

FRIDAY(フライデー) 2020年11/27号 (2020年11月13日発売)特集「Go Toトラベル年末年始のお得な国内ツアー」について、コメントを寄せました。

frydayIMG_7945.jpg


今年は、年末年始の休みが長い企業もあるようですね。
そうはいっても感染拡大が止まらず、第3波襲来の報もありました。
ツアー申込のときは、キャンセル料の発生時期を確かめて、上手に旅をご予約ください。


ラベル:Go Toトラベル
posted by 千葉千枝子 at 00:00| 東京 ☀| Comment(0) | 千葉千枝子の取材協力 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年11月13日

福島・葛尾村で【農業体験】収穫野菜を放射能測定しました

村内全域が警戒区域・計画的避難区域に指定された福島・葛尾村。当時の村長の英断で、全村民が村外に避難して難を逃れたことで知られています。今回の旅、岩手内陸・一ノ関からスタートして、平泉、盛岡、宮古、陸中山田、釜石、新花巻、仙台、郡山、三春町、そして葛尾村に到着した最終日、村の畑で農業体験を行いました。
大きいのが採れましたよ!白菜やダイコン、どれも採れたて、新鮮です。

katsuIMG_5276.jpg


津波被害の三陸沿岸と異なり、福島第一原子力発電所事故から9年たった今、観光の立て直しを本格的にスタートされようとしている福島被災地。今回、まざまざと、その情況を知ることができました。

モニターツアーの参加者は、米国籍、カナダ人、台湾人、さまざまです。
我々は、収穫した野菜を「葛尾村復興交流館あぜりあ」の放射能測定室で、測定することにしました。


続きを読む
posted by 千葉千枝子 at 22:01| 東京 ☀| Comment(0) | 研究論文・科研費 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年11月12日

葛力創造舎【ZICCA】で民泊キャンプファイヤーと星空ツーリズム

第二の実家にしてほしい!
福島・葛尾村(かつらお・むら)の【ZICCA(ジッカ)】で民泊体験をしました。
おすすめは、キャンプファイアー♪ 
満天の星空と暖かい炎のゆらぎで、幸せなひと時、まさにホープツーリズムです。

katsuIMG_5254.jpg





続きを読む
ラベル:福島県 葛尾村
posted by 千葉千枝子 at 00:00| 東京 ☀| Comment(0) | 国内のホテル旅館コンドミニアム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年11月11日

三陸やまだワンダフル体験 漁師さんの船に乗って養殖いかだ見学

岩手 陸中山田駅から徒歩圏内の山田湾漁港。湾内に無数に浮かぶ養殖いかだをクルーズ船で見学しました。新鮮な帆立を船上で貝から剥がして、その場で試食。あまりにもワンダフルな体験・交流メニューです。ぜひ、動画をご覧ください。




観光と環境をテーマに先駆的な着地型旅行商品を開発した「やまだワンダフル体験ビューロー」の皆さん。
実は今年2020年1月、新宿・京王プラザホテルで開催された「第15回JTB交流創造賞」授賞式の受賞チームでもあります。

続きを読む
posted by 千葉千枝子 at 00:00| 東京 ☀| Comment(0) | 地域・まちづくり・NPO | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年11月10日

復興庁「新しい東北」交流拡大事業 紅葉の平泉へインバウンド誘客をめざして【世界遺産・平泉】

afterコロナに向けて始動しています・
紅葉まっさかりの世界遺産・平泉に、外国人モニター客とご一緒に訪ねています。
平泉レストハウスで、笑顔が素敵な通訳案内士の佐藤さんと!
岩手は広い!二次交通利用のインバウンドFITをモニタリング調査しています。

sIMG_5175.jpg


続きを読む
posted by 千葉千枝子 at 00:00| 東京 ☀| Comment(0) | インバウンド | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年11月08日

【夕刊フジ】2020年11月7日号 地域共通クーポンにコメントを寄せました

【夕刊フジ】2020年11月7日号 地域共通クーポンにコメントを寄せました。
トラブル続出「苦〜ポン」というタイトル。私もすでに幾度か利用していますが、クーポンが利用できる店舗が大混雑で、使い切るために時間との闘いです。

IMG_5122.JPG






posted by 千葉千枝子 at 00:00| 東京 ☀| Comment(0) | 千葉千枝子の取材協力 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年11月07日

【さいたま国際芸術祭2020】会場でたのしむメインサイト・アネックスサイト #アートさいたま

さいたま市で開催中の【さいたま国際芸術祭2020】を訪ねました。
コロナ対策から、「家でたのしむ(10/3〜11/15)」「会場でたのしむ(10/17〜11/15)」の会期で、主に大宮区で開催中です。
メインサイト(旧大宮区役所)とアネックスサイト(旧大宮図書館)の2会場を訪ねました。
秋深まる土曜日、ソーシャルデスタンスに配慮しながら、多くの現代アートファンが詰めかけていました。

テーマは市民参加型。大宮の街を歩いていると、おしゃれな雑貨屋さんやカフェ、それに古着屋さんが多いな、という印象です。
昔懐かしい喫茶店が元気に営業されていたり。私にとりまして大宮はいつも、新幹線利用の経由地でしたが、その魅力って、底なしです。

■メインサイト

artIMG_7198.jpg


続きを読む
posted by 千葉千枝子 at 00:00| 東京 ☀| Comment(0) | 美術館・博物館・伝統芸能 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年11月06日

復興庁【新しい東北 交流拡大モデル事業】岩手「一関 一BA(いちば)」でワークショップに参加しました

昨晩、郡山から一ノ関へと移動して、今日は岩手県一関市。駅前角地の便利な場所に立地する交流と物産の拠点【一BA(いちば)】で、復興庁【新しい東北 交流拡大モデル事業】のワークショップが開催されました。

ichibaa.jpg


一ノ関駅は、世界遺産・平泉観光の玄関口。私ごとながら、父の生家・陸前高田へ向かうときは、よく一ノ関駅を利用しましたから、多少の地の利があります。それでもやはり、ご当地の方がたにご案内、ご紹介いただけると、たくさんの発見があり、心強いです。

続きを読む
posted by 千葉千枝子 at 22:55| 東京 ☁| Comment(0) | 研究論文・科研費 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年11月05日

復興庁【新しい東北 交流拡大モデル事業】福島「葛尾村復興交流館あぜりあ」でワークショップに参加しました

静岡・熱海から福島・相双エリアに直行です!
郡山駅の駅レンでレンタカーを借りて、紅葉が見ごろの県道浪江三春線をひた走りました。
復興庁【新しい東北 交流拡大モデル事業】で、専門家のご指名をいただき、そのスタートアップでワークショップに臨みました。
会場となった【葛尾村復興交流館あぜりあ】は、2018年にオープンした木の温もりを感じさせる明るい雰囲気の施設。
原発事故で全村避難となった葛尾村の復興のシンボルとして建設されたのだそうで、村民手作りの可愛らしい小物などが展示販売されています。

visitIMG_7098.jpg


被災三県のなかでも、福島の観光復興は、まだ道半ばと感じます。
今回の事業を受託されたvisit東北の皆様とともに、主にインバウンドの受け入れをテーマに、地元の皆さんと討議をしました。
白熱しました。

続きを読む
posted by 千葉千枝子 at 22:59| 東京 ☁| Comment(0) | 研究論文・科研費 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年11月04日

熱海【ホテルニューアカオ】千葉ゼミ合宿を実施しました

熱海【ホテルニューアカオ】で、淑徳大学で学ぶ千葉ゼミ3年生の皆さんと1泊2日の合宿を実施しました。
到着後すぐに、「2018・7・28 台風12号 災害より学ぶ」と題して、レクチャーをいただきました。

akaoaa.jpg


続きを読む
posted by 千葉千枝子 at 23:00| 東京 ☁| Comment(0) | 淑徳大学で学ぶ観光 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年11月02日

【世界と日本】11月2日号「コロナ禍の鉄道会社 大胆な事業構造の転換を」を執筆しました

タブロイド紙【世界と日本】2020年11月2日号(第2184号)に、「コロナ禍の鉄道会社 大胆な事業構造の転換を」と題して記事を執筆しました。

sIMG_7132.jpg


このコロナ禍で、航空会社の減収減益ばかりがクローズアップされていますが、鉄道会社も目を覆いたくなるような深刻な状況です。
微力ながらも鉄道事業者の皆様にご経営の一助になれたらと、筆を持ちました。ぜひ、ご一読ください。

posted by 千葉千枝子 at 00:00| 東京 ☁| Comment(0) | 千葉千枝子の執筆記事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年11月01日

空手発祥の地・沖縄【沖縄空手会館】空手に先手なし Karate Cafe AGARIで空手そばを食べました

琉球空手といいますが、その昔は唐手と呼ばれ、のちに空手となった歴史があります。
【沖縄空手会館】が豊見城に誕生したのは、2017年3月のことだそう。白亜の建物が青い空に溶け込み、特別道場の守禮の館が美しい弁柄色です。遠くから守禮の館を望むと、県庁ビル(建築家の黒川紀章氏の設計)は、とても大きく見えるのですが、道場近くから観ると、とても小さく遠くに映るのが不思議です。館長さんが教えてくださいました。

karateIMG_6918.jpg


沖縄空手会館は、道場や鍛錬室、会議室(研修室)、そして「空手資料館」(有料です)を有しています。
「Karate Cafe AGARI」で、空手そばを食べました!
続きを読む
ラベル:沖縄県 琉球空手
posted by 千葉千枝子 at 20:33| 東京 ☀| Comment(0) | ゴルフ・スキー・スポーツ観戦 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

斎場御嶽【Sefa Utaki】琉球王国最高の聖地のコロナ対策

久しぶりに斎場御嶽【Sefa Utaki】を訪ねました!
初訪問の先生方をお連れして、レンタカーで南城へ。ちょうどドラマ「テンペスト」の再放送が始まり、とってもタイムリーな訪問です。
以前は、県営の駐車場が入り口近くに広がっていましたが、現在は近隣住民の配慮から生活道路を封鎖して、南城市地域物産館が券売所兼駐車場になっています。

sefaIMG_5040.jpg


琉球王国最高の聖地、世界遺産の斎場御嶽にも、新型コロナウイルスの影響がでています。
三庫理入口からの見学は不可、立ち入りができません。

案内ガイドは10月1日から密を避けて再開しています。
確かに近年はオーバーツーリズムやマナー違反が深刻だったため、今の情況は平時に戻れてよかったようにも感じます。
神聖な静けさと風を感じることができ、大きなパワーをいただけました。

ラベル:世界遺産 沖縄県
posted by 千葉千枝子 at 19:57| 東京 ☀| Comment(0) | 国内外のパワースポット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年10月31日

首里城火災から1年【見せる復興】今の首里城をご覧ください

首里城焼失特別研究で今回の沖縄出張、研究者の皆さんと沖縄をまわっております。
1年前の今日10月31日の2時40分、首里城火災の報が届き、現場へと急行された美ら島財団の並里様にご案内をいただき、今の首里城を視察しました。
視察に先立ち、沖縄コンベンションビューローの下地会長様を訪ね、研究会を開催しましたので、こちらにてご報告いたします。

shimojisamaIMG_6630.jpg



続きを読む
ラベル:沖縄県 首里城
posted by 千葉千枝子 at 23:00| 東京 ☀| Comment(0) | 研究論文・科研費 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする