プロフィール
名前:千葉千枝子
職業:淑徳大学 経営学部 観光経営学科 学部長 教授
千葉千枝子公式ホームページ:http://www.longstaystyle.com
メールアドレス:info@longstaystyle.com
■■経歴■■淑徳大学 経営学部 観光経営学科 学部長 教授。中央大学卒業後、富士銀行入行。シティバンクを経てJTBに入社。1996年有限会社千葉千枝子事務所設立。運輸・観光業全般に関する論評、執筆・講演活動を行う。特定非営利活動法人交流・暮らしネット理事長。東京成徳短期大学・城西国際大学、横浜商科大学等を経て、現職。2014年から中央大学 経済学部兼任講師も務めている。
■■所属団体■■日本記者クラブ会員・日本観光研究学会会員・中央大学南甲倶楽部会員・日本旅行業女性の会会員(副会長歴任)・JTBOB会会員・ファイナンシャルプランナー・総合旅行業務取扱管理者資格ほか
■■著書■■
■単著「観光ビジネスの新潮流」(学芸出版社)・「JTB 旅をみがく現場力」(東洋経済新報社)・「カナダ バンクーバーロングステイ術」(JTBパブリッシング)・「悠々ロングステイガイド台湾」「ハワイ暮らしはハウマッチ?」(イカロス出版)・「悠々パース暮らし」(綜合ユニコム)・じゅん刊「世界と日本」1183号「観光で新時代を切り拓く―観光ビジネスの新たな潮流」
■共著「観光学基礎(第4版)」(ジェイティービー能力開発)・共著「観光学基礎(第5版・6版・7版・8版)」(JTB総合研究所)・共著「観光の事典」(朝倉書店)・共著「はじめてでもわかる! 自治体職員のための観光政策立案必携」(第一法規)ほか多数
■■講演■■過去の講演実績はこちら
■■連載実績■■ ■日本経済新聞社 NIKKEIプラス1「教えて!達人」(06年9月〜08年4月)■JR社内報 クリエイティブ21(日本生産性本部)「ハーイJR」(05年11月〜07年9月)■JRグループ社内報 クリエイティブ21(日本生産性本部)「新・ハーイJR」(2011年1月〜2013年3月)■NHKラジオ毎週月曜16時台「ラジオホットタイム」(06年4月〜07年3月)■日経マスターズ「大人のロングステイ入門」(06年1月〜7月号)■時事通信社「ロングステイ新潮流」(05年1月〜06年3月)■FP総合情報サイトPowerFP 「海外生活におけるFPアドバイス」■内外ニュース 週刊世界と日本「Hello! Longstay」(09年2月〜10年2月)■月刊レジャー産業資料(綜合ユニコム)「台頭するニューツーリズム・ビジネス最前線」(10年2月号〜11月号)■夕刊フジ「追悼―104歳のアスリート下川原孝」(2011年5月全5回)■QUICK資産運用応援サイト「マネーライフ」アジア新興国特集(2010年2月〜)&退職・年金ナビ■QUICK投資情報館(i.Pad版アプリ/ANAバーチャルエアポート配信)資産運用コラム・ライフスタイル(2010年12月〜2012年1月)■政策研究フォーラム発行「月刊 改革者」連載「日本を拓く 明日からの観光」(2012年1月号〜2013年3月号全15回)■日本地域開発センター発行「月刊 地域開発」連載「脱マスツーリズムの新潮流」(2013年9月号〜2014年2月号全6回)■Fanet(日経グループ)【Fanet Money Life マネーライフ】リレー連載・今日のコラム(2013年8月〜2014年12月)■中央大学広報誌Hakumon【ちゅうおう】「中大生の旅するチカラ」(2010年春季号〜2015年春季号)■旅行観光専門ビジネスサイト【トラベルボイス】連載・千葉千枝子の観光ビジネス解説(2014年1月〜2016年3月)■月刊レジャー産業資料(綜合ユニコム)「観光でビッグチャンスをつかめ!「インバウンド」ビジネス開拓の鍵(2014年12月〜2015年11月)■朝日旅行会員誌【旅なかま】「千葉千枝子の 実践!テーマのある旅」(2014年6月号〜2017年3月号)■クルーズトラベラー「賢く旅するための経済学」(2017年3月Spring号〜現在)
All About オールアバウト【海外旅行の準備・最新情報】
All About オールアバウト【ロングステイ】
All About オールアバウト【アウトレット】
■■委員等歴任■■
■東京都港湾局葛西海浜公園保全と活用に関する有識者会議委員(令和元年度〜現職)
■東京都建設局葛西臨海水族園のあり方検討会検討委員/葛西臨海水族園事業計画検討会委員(平成29年度〜令和元年度)
■神奈川県観光審議会委員(平成25年度〜現職)
■岩手県釜石市・釜石食ブランド開発検討協議会委員(平成25年度〜現職)
■群馬県版DMOマーケティングワーキンググループ(WG)委員(平成29年度)
■沖縄感動産業戦略構築事業検討委員会委員(平成25年度)
■沖縄感動体験プログラム実証事業委員会実証委員(平成26〜28年度)
■日本観光研究学会・東日本大震災支援特別委員(平成23年度)
■港区観光振興ビジョン検討委員 (平成22・23年度)
■特定非営利活動法人交流・暮らしネット
理事(平成18年度〜) 理事長(平成26年度〜現職)
■財団法人ロングステイ財団評議員(平成17年度〜18年度)ほか
■■発表論文■■
「ロングステイツーリズムにおける観光振興とその課題」
 (第23回日本観光研究学会全国大会学術論文集2008年11月)
「観光対象としてのアウトレットモールと旅行ビジネスに関する考察」
 (第24回日本観光研究学会全国大会学術論文集2009年11月)
「国内ロングステイにおける観光振興とその事例」
 (第25回日本観光研究学会全国大会学術論文集2010年12月)
「観光新潮流にみるフードツーリズムと地域振興」
 (第26回日本観光研究学会全国大会学術論文集2011年12月)
「長期滞在型観光にみる高齢者とツーリズム」
 (日本都市計画学会「都市計画」295号2012年2月)
「東日本大震災による観光産業の被害の実態と対応」共同研究(研究代表)
 (日本観光研究学会機関誌「観光研究」vol.24 No.1 2012年)
「伝統的地場産業における長期滞在型観光の振興事例と今後の課題」
 (第27回日本観光研究学会全国大会学術論文集2012年12月)
「長期滞在型観光とアーティスト・イン・レジデンスに関する考察」
 (第28回日本観光研究学会全国大会学術論文集2013年12月)
「国内アウトレットにおけるインバウンドビジネスに関する考察」
 (第29回日本観光研究学会全国大会学術論文集2014年12月)
「東日本大震災からの観光産業の復興と課題―釜石市をケースとして―」
 (日本観光研究学会機関誌「観光研究」Vol.26 No.2 2015年)
「大学教育における観光基軸の国際人材育成に関する一考察―海外就業体験・中央大学国際観光コースの事例から―」
 (第30回日本観光研究学会全国大会学術論文集2015年11月)
「被災地域の観光復興ならびに振興における発展段階 ―IGRいわて銀河鉄道の事例から」
 (第31回日本観光研究学会全国大会学術論文集2016年12月)
「本邦における観光地のライフサイクルとその事例」
 (淑徳大学 教育学部・経営学部研究年報 創刊号2018年3月)
「大規模災害からの観光復興に関する考察―ボランティアツーリズムと福島第一原子力発電所を例に―」
 (第33回日本観光研究学会全国大会学術論文集2018年12月)
「イギリス湖水地方における地上手配の基本的研究」
 (淑徳大学 教育学部・経営学部研究年報 第2号2019年3月)
「福島Jヴィレッジにおける原子力事故からの観光復興とその過程」
 (第34回日本観光研究学会全国大会学術論文集2019年12月)
「電源地域における集客施設等の観光特性について」
 (淑徳大学 教育学部・経営学部研究年報 第3号2020年3月)
■■教職歴■■ 
東京成徳短期大学 言語文化コミュニケーション科 非常勤講師(平成22〜24年度)
城西国際大学 観光学部 ウェルネスツーリズム学科 非常勤講師(平成23〜24年度)
横浜商科大学 商学部 貿易・観光学科 兼任講師 (平成24年度〜27年度)
中央大学 経済学部 インターンシップ科目国際観光コース 客員講師(平成26年度〜平成27年度) 兼任講師(平成28年度〜現職)
淑徳大学 経営学部 観光経営学科 教授(平成28年度〜現職)・経営学部長(平成30年度〜現職)
■■ニュースリリース■■ 
■2018年4月1日付、淑徳大学 経営学部 学部長に就任しました。
■2020年1月25日で有限会社千葉千枝子事務所は25期を迎えました。
■理事長を務める特定非営利活動法人交流・暮らしネットは、2020年10月で14周年を迎えます。
■2017年3月から雑誌「クルーズトラベラー」に「賢く旅するための経済学」を好評連載中。
■平成29年度・30年度「観光庁広域観光周遊ルートに関する専門家派遣業務」に引き続き、令和元年度「インバウンドの地方誘客促進のための専門人材派遣業務」に専門家登録しました。
■2019年2月、東京都観光まちづくりアドバイザー人材バンクに登録しました。
■2019年3月、新刊「観光の事典」(朝倉書店)が好評発売中!一部、執筆しております。
■2019年4月、科研費 平成31年度(2019年度) 基盤研究(C)研究課題名:大規模災害からの観光復興に関する考察―電源地域・主に原子力の事例から― が採択されました。
■2019年8月、文庫「プロが選ぶ!一度は行ってみたい旅先ランキング 」(日経ビジネス人文庫)選者掲載されました。
■2020年2月、共著「はじめてでもわかる! 自治体職員のための観光政策立案必携」(第一法規)が好評発売中。
■2020年3月、東京都港湾局「葛西海浜公園保全と活用に関する有識者会議委員」に就任しました。
■2020年4月、日本観光研究学会 首里城焼失特別研究「 首里城焼失にみる観光被害の実態と課題―観光資源における普遍的価値と象徴性の観点から― 」が採択されました 🆕
■2020年5月、岩手県「いわて観光立県推進会議委員」に就任しました🆕


2020年05月04日

おうちごはんと器で旅する vol.9 岩手【秀衡塗】で冷麺を 

伝統工芸品の【秀衡塗(ひでひら・ぬり)】は、平安時代に奥州平泉を治めていた藤原秀衡が、京より招いた職人に造らせたのが起源で、当時、岩手で産出された金と漆を使っているのが特長で、菱紋がトレードマーク。
丸三漆器さんのお椀や銘々皿など、ハレの日には出して使っています。漆器は手入れが必要で、生きているので木綿の手ぬぐいや晒で巻いて保管しています。

uIMG_4837.jpg


冷麺を作りました。戸田久のもりおか冷麺が我が家の定番。今日は、キウイのスライスを入れてみました。
この器は、ご存じ盛岡冷麺土産の付録で、ウレタン樹脂の秀衡柄で、県のキャラクターそばっちが描かれています。この器が欲しくって、岩手に行くたびに購入して揃えました(笑)。

箸置きは、遠野で購入した河童です。
さまざまなバージョンを持っています。キュートでしょう。

ラベル:秀衡塗 岩手県
posted by 千葉千枝子 at 00:00| 東京 ☀| Comment(0) | 世界の料理教室・レシピ・器 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年05月03日

おうちごはんと器で旅する vol.8 有田【崋山萬右衛門】 

今から30年も前に購入した有田【崋山萬右衛門】の青海波は、ディナー用のフォークとナイフも揃えて大切に使っています。
崋山は、鍋島藩の藩窯として1976年に創業した老舗です。
来客用の茶器、急須や湯呑茶碗は崋山萬右衛門で揃えてあり、割れても補充に困らないよう、同じ柄をふた揃えしています。

uIMG_4720.jpg






続きを読む
ラベル:有田焼 佐賀県
posted by 千葉千枝子 at 00:00| 東京 ☀| Comment(0) | 世界の料理教室・レシピ・器 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年05月02日

おうちごはんと器で旅する vol.7 築地場外【きむら屋漆器店】焼き海苔箱

築地2丁目の【きむら屋漆器店】で5年前、やっと見つけた焼き海苔箱。
よく蕎麦屋さんで見かける、炭で湿気を飛ばしていただく海苔箱です。培炉(ほいろ)というのが正式名称だそう。
1万円以上したかとおもいます。江戸前でしょう!?

uIMG_4735.jpg


みやこ炭で焙るのですが、海苔受けには和紙が張って、優しく焼けるのが嬉しい道具です。しばらく保管していたみやこ炭、少し湿気っていました。。





続きを読む
posted by 千葉千枝子 at 00:00| 東京 ☀| Comment(0) | 世界の料理教室・レシピ・器 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年05月01日

おうちごはんと器で旅する vol.6 横浜中華街【照宝】ラーメン丼 

uIMG_4560.jpg


何しろ3食、作るものですから、昼間は麺類で簡単に済ませることが増えています。
横浜中華街の【照宝】さんのラーメン丼で、今日はおうちラーメン。大きな深い丼で、なみなみとよそうことが出来るのが嬉しい点。
チャーハン用の皿は、先日、お見せしましたが、こちらのラーメン丼とレンゲは確か初めてのご紹介です。
何年経っても同じ絵柄が店頭にあるので、買い足したり、色違いを求めたりしています。ずっしり重い!



続きを読む
posted by 千葉千枝子 at 00:00| 東京 ☀| Comment(0) | 世界の料理教室・レシピ・器 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年04月30日

おうちごはんと器で旅する vol.5 京都【清水焼】京焼

土産物店で買う京都・清水焼は、どちらかというと外国人向けに売られているようにも感じるのですが、旅の思い出に買ったものは、その価値は別として大切に使っています。

uIMG_4690.jpg


夫婦茶碗で売られていて、両親にプレゼントしたものです。16年前に母が他界したとき、まったく手付かずで大切に仕舞ってあったのを知り、自分で使うことにしました。そうはいっても、日常には別なご飯茶碗を使っていたので、しばらく我が家の食器棚に飾ったままでした。

今回、自宅での時間が長くなったので、「清水焼」というシールを剥がしてお初で使うことに。
小ぶりのほうを使用しています。


続きを読む
ラベル: 清水焼 京都
posted by 千葉千枝子 at 00:00| 東京 ☀| Comment(0) | 世界の料理教室・レシピ・器 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年04月29日

おうちごはんと器で旅する vol.4 【有田 青花】しん窯

こちらで幾度も紹介している有田焼の【青花(せいか)】。念願叶って、青花を製造する「しん窯」さんへ伺ったのは、2011年のことでした(こちら)。

uIMG_4579.jpg


大皿にはパスタが合います。デカ盛りです。

続きを読む
ラベル: 有田焼 佐賀県
posted by 千葉千枝子 at 00:00| 東京 ☀| Comment(0) | 世界の料理教室・レシピ・器 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年04月28日

おうちごはんと器で旅する vol.3 【ロイヤル コペンハーゲン】

ロイコペの白い食器シリーズは、何にでもあうので便利です。
1775年に王立デンマーク磁器製作所として誕生したロイヤル コペンハーゲンは、日本でも随分と流通していて、私も手持ちのほとんどが国内で購入したものばかりです。デパートのほか、アウトレットやピーコックのセール品などなど。普段使いなので超お得品を探して買っています。

uIMG_4675.jpg


冷やし中華を盛り付けてみました。

続きを読む
ラベル:デンマーク
posted by 千葉千枝子 at 00:00| 東京 ☀| Comment(0) | 世界の料理教室・レシピ・器 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年04月27日

おうちごはんと器で旅する vol.2 【ベトナム・バッチャン焼】

ハノイの郊外バッチャン村で購入した、とても安いのですが可愛らしい焼き物です。
とにかく安くて、一つ100円しなかったのを記憶しています。

uIMG_4756.jpg



アイスクリーム用に買ったのですが、高台なのでヨーグルトなどちょっとした盛り付けにも便利。
こうして盛り付けると、ベトナム雑貨を求めにまた、旅したくなります。

今日は、久しぶりにぱぱっとサンドイッチを手作りしました。家での朝食用なので、見栄えはご容赦ください。

続きを読む
posted by 千葉千枝子 at 00:00| 東京 ☀| Comment(0) | 世界の料理教室・レシピ・器 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年04月26日

おうちごはんと器で旅する vol.1【沖縄やちむん壺屋焼】陶芸 城

外出制限で在宅オンライン授業を進める傍ら、自宅での料理時間は唯一の愉しみです。
このような時間がなければ、なかなか出番がなかっただろう旅先で買い求めてきた器、大切に30年以上使っている調理道具や茶器などを、記録にとどめることにしました。

その第1回目は沖縄のやちむん(焼き物)。
私は陶芸城さんの魚紋が特に好きで、沖縄に行くたびごとに買い求めてきました。
食べ盛りの息子がいるので、ボリュームある料理が多いのですが、琉球料理以外のパスタや煮物にも向いています。
丈夫で使い勝手がよいので、おすすめです。

uIMG_4514.jpg



続きを読む
ラベル:沖縄県
posted by 千葉千枝子 at 00:00| 東京 ☀| Comment(0) | 世界の料理教室・レシピ・器 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年04月25日

【STAY HOME週間】始まりました 料理も頑張ってます!

非常事態宣言発令以降、在宅を守るなか、今週始めから本格的に大学の遠隔授業がスタートしました。怒涛の1週間でした。ですが教員の皆さんのご努力と一致団結で、経営学部は大きな混乱やトラブルもなく、無事出帆できました。絆が深まったように感じます。淑徳大学では、5月11日以降としていた対面授業の開始日を、現下の状況を鑑み、さらに延期をしております。学生たちとMeetやLINE通話で繋がることができ、元気そうな様子にホッとすると同時に、早く平常の授業ができる日が来ることを祈るばかりです。

長い闘いになります。在宅で嬉しいのは、大好きな料理が思う存分できること。もう1ヵ月以上、外食をしていません。それで、これまで旅先で買った調理道具や食器たちが大活躍です。今日は料理画像をお届けしますね。

cookIMG_4436.jpg


続きを読む
ラベル:料理
posted by 千葉千枝子 at 12:11| 東京 ☀| Comment(0) | 世界の料理教室・レシピ・器 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年04月20日

日本観光研究学会【首里城焼失特別研究】「 首里城焼失にみる観光被害の実態と課題―観光資源における普遍的価値と象徴性の観点から― 」が採択されました

本日、日本観光研究学会から【首里城焼失特別研究】の選考結果通知をいただき、研究テーマ「 首里城焼失にみる観光被害の実態と課題
―観光資源における普遍的価値と象徴性の観点から― 」(研究代表:千葉千枝子)が無事、採択されましたことをここにご報告いたします。

okaIMG_3283.jpg


観光立県・沖縄は、首里城火災に続き新型コロナウイルスの感染拡大が追討ちをかけ、産業界は過去にない大きな危機にさらされています。
微力ではありますが、多少なりとも本研究で県のお役に立てますよう、鋭意努力の所存です。




続きを読む
ラベル:首里城 沖縄県
posted by 千葉千枝子 at 00:00| 東京 ☀| Comment(0) | 研究論文・科研費 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年04月11日

論文【電源地域における集客施設等の観光特性について】を発表しました

【淑徳大学研究年報」第3号(2020年3月発行)に、論文/単著【電源地域における集客施設等の観光特性について】を発表しました。

ronbun_e.jpg


ご協力を賜りました皆様に、心から感謝御礼申し上げます。





posted by 千葉千枝子 at 00:00| 東京 ☀| Comment(0) | 研究論文・科研費 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年04月08日

新型コロナウィルス感染拡大にかかる非常事態宣言を受けて

2020年4月7日、非常事態宣言が発令されました。
新型コロナウィルスの感染拡大は、私たちの暮らしを一変させました。
それは社会活動のすべてを変え、日本の、そして世界の経済を大きく後退させました。

これまでブログの更新を控えておりました。
3月下旬、日本記者クラブでのNPO理事会を開催して以降、すべての会合、出張、交際を断ち、
大学での会議以外は多くの時間を自宅で費やすようになっています。
出版助成金にかかる書籍の執筆が遅れておりましたので、
今、この機会をチャンスと捉え、粛々と筆を進めています。

sakura2020.jpg


本務校の淑徳大学での対面授業は連休明けからを予定し、兼任の中央大学は前期閉講となりました。今夏の海外インターンシップは厳しいとの判断です。学生たちの教育の機会を担保するために、また、安全安心を確保するために、私たちは一生懸命、知恵を絞っています。
本務校では、幹部での会議が今日も予定されています。今日を機に、また、少しずつ情報発信をしてまいります。



続きを読む
posted by 千葉千枝子 at 11:31| 東京 ☀| Comment(0) | 地域・まちづくり・NPO | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年04月01日

新年度を迎えて ご入学・ご入社おめでとうございます

令和2年度がスタートしました。
新型コロナウイルスの感染拡大で、日本経済はもとより世界経済全体が不透明な状況での年度幕開けとなりました。
この春、ご入学、ご入社の皆様におかれましては、現下、たくさんのご不安をお抱えでしょうが、
これからは若い人たちの活力が益々、欠かせなくなる時代となることでしょう。
ご入学・ご入社おめでとうございます。ご活躍を祈念します。

s入社入寮20200331_edited.jpg


我が家も旅立ちの春を迎えていました。



続きを読む
posted by 千葉千枝子 at 00:00| 東京 ☀| Comment(0) | ライフスタイル全般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年03月19日

ご卒業おめでとうございます 【淑徳大学】学位記授与式を行いました

ご卒業おめでとうございます
例年になく早くに咲き始めた桜のもと、淑徳大学埼玉キャンパスでは本日、学位授与式を開催しました。

sMG_3860.jpg


安全に配慮して、全体での式典は中止させていただき、学位記授与を学科ごと入れ替え制、短時間進行でマスク着用で執り行いました。
会場では入れ替えごとにアルコール除菌を徹底させるなど、万全を期して行いました。

記念撮影は、戸外にのみ限らさせていただきました。
学生たちの旅立ちを祝うかのように、美しい春の青空が広がっています。




続きを読む
ラベル:淑徳大学
posted by 千葉千枝子 at 21:00| 東京 ☀| Comment(0) | 淑徳大学で学ぶ観光 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年03月18日

卒業を祝して 社会へ羽ばたく教え子たちと

中央大学の教え子たち、千葉チルドレン4期生と新宿でお祝いの会食をしました。

ご卒業おめでとうございます。
25日に予定されていた中央大学の卒業式は、新型コロナウィルスの影響で中止に。学位記授与も郵送となるそうで、何より卒業旅行を私だけ、直前に断念させていただいた経緯があります。
この日、集まれるかただけで、小さくお祝いをしました。

cIMG_3816.jpg


フィリピンやマレーシア、タイへインターンシップに行った彼ら彼女たち4期生が、この春、社会に巣立つのです。時間の流れは速いですね。
益々のご活躍を祈念しております。
次回は、毎年暮れに開催される千葉チルドレンの会で再会しましょう。お元気で!

私が担務するインターンシップ科目国際観光コースは、来期で7期生を迎えます。
こうした状況下ではありますがコース授業は、来るべきときに備え粛々と進めてまいる所存です。
よろしくお願いいたします。


posted by 千葉千枝子 at 00:00| 東京 ☀| Comment(0) | 観光学と大学教育・キャリア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年03月17日

自宅で【沖縄そば】を作りました。サン食品のシーサー蒲鉾  

自宅で作った沖縄そばです。
実は、よく作ります。息子たちは沖縄そばが大好きです。

沖縄に出張した折には、できるだけ生麺を買って帰ります。そばつゆと一緒に、今回はユニオンで買い込みました。
これはサン食品さんのシーサー蒲鉾ですが、マーミヤかまぼこも大好きです。
ちょうどこの時期は、東京に持ち帰っても悪くならない季節なので、アーサなどの乾物と一緒にたくさん買いました。沖縄ヨモギがあれば、なおよかったのですが。器は、愛用している魚紋のやちむんですが、この画像では見えませんね。

uIMG_3813.jpg


新型コロナウイルス感染症ももちろんですが、沖縄では豚コレラの発生が確認されたとのことで、在来種・沖縄アグー豚の離島隔離が始まったと聞きました。久米島に渡ったアグーたち。

続きを読む
ラベル:料理 沖縄県
posted by 千葉千枝子 at 10:03| 東京 ☀| Comment(0) | 世界の料理教室・レシピ・器 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年03月16日

頑張れ沖縄!応援しています

国際通りの入り口、みずほ銀行の前で偶然、お会いしました。
お声をかけていただき、びっくり!
お会いしたかった方にお会いできたことは、幸運中の幸運です。

sIMG_3749.jpg


新型コロナウイルスの影響が、じわり足元に寄っております。
長い闘いになりそうな予感です。

首里城を失った沖縄の観光が、これ以上、後退しませんよう祈るばかりです。
今日は大安。宝くじののぼり旗がはためく前で、撮ってもらいました。

ラベル:沖縄県
posted by 千葉千枝子 at 00:00| 東京 ☀| Comment(0) | 観光業界ニュース・最新事情 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年03月15日

オールドアメリカンな北中城のレストラン【ローズガーデン】でエッグベネディクト

沖縄でのパワーブレックファスト。今日は早起きして、古きよきアメリカを彷彿とさせるレストラン【ローズガーデン】をご案内いただきました。人気店で、開店前から並ぶときもあるとか。投宿先のロコアナハに車で迎えに来ていただき、高速をつかって北中城まで急ぎました。

運よく並ばずすみました!
オーダーしたのは、エッグベネディクト。ご覧ください、このボリューム!
マグカップでいただくコーヒーはおかわりもOKです。

roseIMG_3722.jpg



続きを読む
ラベル:沖縄県 グルメ
posted by 千葉千枝子 at 00:00| 東京 ☀| Comment(0) | 国内のグルメ・レストラン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年03月14日

【クルーズトラベラー】 Spring2020号連載「首里城の復興へ向けて 新しい沖縄へ」を執筆しました

クルーズ専門誌【クルーズトラベラー】の連載「賢く旅するための経済学」今号は、「首里城の復興へ向けて 新しい沖縄へ」と題して応援記事を執筆しました。
詳しくは、こちらをご参照ください。

ctIMG_3868.jpg


今から14時台の便で那覇に参ります。

新型コロナウィルスの影響で、航空便利用を手控えている人が多いのでしょう。
羽田空港がここまで閑散としているのには驚きました。先月とは大きな違いです。
電車を避けて今回も、空港駐車場にマイカーを停め置いて搭乗します。
そうした人も少なからずいらっしゃるだろうと早めに自宅を出ましたが、駐車場も空いていました。

東日本大震災の発生から10日後、羽田空港からいわて花巻空港への被災地臨時便を利用したときは、関西以西への利用者が多いこともあり、羽田空港には多くの乗客がいたのを思い出しました。
欧州や米国にも感染が拡大している今、航空業界は八方塞がりの危機的状況にあるのがうかがえます。

そしてクルーズ船。

続きを読む
ラベル:クルーズ 沖縄県
posted by 千葉千枝子 at 14:00| 東京 ☀| Comment(0) | 千葉千枝子の執筆記事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年03月11日

板橋成増「幻のラーメン」中華そば【べんてん】に行きました 

並んで食べる板橋成増「幻のラーメン」、中華そば【べんてん】に行きました。
大学入職にともない成増に移り住み、丸4年。
なかなかうかがう機会がなかったので、この春、就職で地方へ旅立つ息子と二人、小一時間でしょうか、並んでみました。

IMG_3700benten.jpg


人気のつけ麺とどちらにしようか迷いましたが、私は塩ラーメンに。
丁寧につくっているのがすぐわかる、やさしい味です。ただしょっぱいだけのチェーン店の味とは明らかに違います。
あっという間に食べ終わり、店主に「おいしかったです」と伝えて席を立ちました。
大ファンになりました。


今日は、東日本大震災から9年の節目の日。
祖父らの命日であり、実母の月命日にもあたるため、このあと家族で墓参に行きました。

続きを読む
posted by 千葉千枝子 at 00:00| 東京 ☀| Comment(0) | 国内のグルメ・レストラン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年03月10日

日本一の宿 福島・母畑温泉【八幡屋】を視察しました

皆さんは、【母畑温泉・八幡屋】さんをご存じでしょうか?
ぼばた(母畑)と読むこの温泉地は、福島県石川町の母畑の地にあるラジウム含有量は東北一の温泉地で、古来から湯治によく利用されたとされます。場所は、東北道・須賀川インターから約40分、水郡線の常磐石川駅から路線バスという秘境です。

その母畑に、第42回(2017年)「プロが選ぶ日本のホテル・旅館100選」(旅行新聞新社)で堂々1位になったお宿が、【八幡屋(やはたや)】です。それまで36年間連続でトップを独走した加賀屋(石川・和倉温泉)さんをおさえての1位とあって、当時、驚かれた方もおおかったのではないでしょうか。(ちなみに、直近の第45回(2020年)の結果は、こちらです。

今回は、その 福島・母畑温泉【八幡屋】さんを視察させていただきました。

yawatayaIMG_3683.jpg



続きを読む
posted by 千葉千枝子 at 00:00| 東京 ☀| Comment(0) | 日本の温泉・和風旅館 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年03月09日

福島 磐梯熱海温泉 美人の湯【四季彩 一力】に泊まりました

2010年3月8日〜9日の1泊2日で福島・磐梯熱海温泉「四季彩 一力(いちりき)」に泊まりました。

IMG_4238ichiriki.jpg


お抹茶を点てて客人を迎えてくれました。

一力さんは大正7年創業の老舗で、美人の湯としてご存じの方も多いのではないでしょうか。三千坪もの和庭園には、季節になると天然のホタルが舞う野趣あふれた温泉旅館です。
「料理とは、理(ことわり)を料(はか)るもの」を信条に、“天地人”―――「天」は季節の旬の食材を活かした料理 、「地」は地の素材・特産物を活かした料理、「人」は料理人の匠の技を活かした料理―――を具現化させているのも特長です。この日も春を予感させる彩り鮮やかな料理がならびました。
大女将の小口潔子さんは、JTBベストホスピタリティコンテストの審査員をお務めになられるなど、一力流のおもてなしには定評があります。磐梯熱海駅からすぐの便利なロケーションも嬉しいところ。5つ星の宿に選ばれるなど、実力派のお宿です。

今月14日には常磐線が全線開通するなど、福島の復興は震災9年、一歩ずつですが歩みを進めています。
新型コロナウイルスの今後のゆくえが気になるところですが、個人客が多くお泊りになる様子をみることができました。
このたびは大変お世話になりました。


続きを読む
posted by 千葉千枝子 at 00:00| 東京 ☀| Comment(0) | 日本の温泉・和風旅館 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年03月07日

【世界と日本】2169号「潮目に変化 観光ビジネス 喫緊の課題観光産業対策」を執筆しました

タブロイド紙【世界と日本】2169号(2020年3月16日号)に、「潮目に変化 観光ビジネス 喫緊の課題観光産業対策」と題して記事を執筆しました。

新型コロナウイルスの感染拡大による観光経済の失速が止まりません。
インバウンドビジネスは明らかに、潮目が変わりました。

aIMG_3648.jpg


今回の記事は年始早々にご依頼をいただいておりましたが、新感染症の影響で日々刻々と状況が変化するなか、出稿の締め切りを超えてまとめさせていただきました。
ぜひご一読くださいませ。


posted by 千葉千枝子 at 12:33| 東京 ☁| Comment(0) | 千葉千枝子の執筆記事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年03月06日

【おおむらさきゴルフ倶楽部】でラウンドしました

風はありますが小春日和の良い天気でした。
今日は、埼玉滑川町の【おおむらさきゴルフ倶楽部】でラウンドしました。

sIMG_3641oomurasakigc.jpg


今年は月に最低でも1回はラウンドして、ゴルフ上達と健康増進をめざしたいとおもっておりまして、果たして暮れまで続くやら。
まずは頑張ってみます。

ラベル:埼玉県 ゴルフ
posted by 千葉千枝子 at 00:00| 東京 ☁| Comment(0) | ゴルフ・スキー・スポーツ観戦 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年02月28日

中央大学【拡大客員講師会】に出席しました

中央大学での講師をつとめて、次年度で7年目となります。
明日から教え子4期生たちと卒業旅行で金沢の予定でしたが、新型コロナウイルスで一斉休校が発表されるなど、感染拡大が懸念される重要な週末ということで、急遽今朝、私だけ、この出張をキャンセルをしました。苦渋の決断でしたが、致した方ありません。
ホテルさんへキャンセルの電話をするときには、おもわず「このようなときに、すみません」とお詫びした次第でした。

そんな週末ですが、以前より予定されていた会合、中央大学でインターンシップ科目を担当される先生方の集いが決行され、参加させていただきました。

cIMG_3588.jpg


シビックスカイレストラン椿山荘を会場に開催された「川井綾子さんを囲む会+拡大客員講師会」。
中央大学名誉教授の佐々木信夫先生が音頭をとってくださいました。
皆さん、さまざまな想いをもって母校の発展に寄与されておられます。

お誘いいただきありがとうございました。




ラベル:中央大学
posted by 千葉千枝子 at 00:00| 東京 ☁| Comment(0) | 観光学と大学教育・キャリア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年02月24日

名護オリオンビール工場【オリオンハッピーパーク】を見学しました

沖縄の繁栄を目指して1957年に設立されたオリオンビール。

さかのぼること30年前、旅行会社時代に添乗で、訪ねて以来の訪問でした。
(このところいつもレンタカー運転手で、去年の12月もハッピーパークの目の前までいきましたが、「また、来よう」と見学を断念しました。
今回は、ハンドルを息子に託しておりましたので・・・。

oIMG_4195ori.jpg


でも無理でした。
よく考えたら、このあと私がハンドルを握り、息子たちを本部港に送ったあと那覇空港へと急がなければならなかったので、
私は「運転手です」と書かれたバッジを貼られ、見学後はさんぴん茶をいただきました。

続きを読む
ラベル:産業観光 沖縄県
posted by 千葉千枝子 at 00:00| 東京 ☁| Comment(0) | 工場見学・産業観光 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年02月23日

笑いたくなって【よしもと沖縄花月】ウィークエンド沖縄花月公演へ

沖縄に来て4日目。今回は息子の卒業/修了旅行を兼ねていて、夕方には家族と那覇で合流の予定です。
穏やかな日曜日、ぽっかり時間が空いたので、ネットで予約して【よしもと沖縄花月】へ行ってみることにしました。
急に、腹の底から笑いたくなったのです。

余裕とおもって国際通りの旧三越へ歩いていきましたら、随分と前に泊港とまりんへ移転したとのこと。あわててタクシーに乗って【よしもと沖縄花月】に向かいました。
・・・涙が出るほど爆笑しました。
後半は「おきなわ新喜劇」。ガレッジセールのゴリさんが歌う「I'm too sexy ゴリセクシー」で笑いが頂点に達しました。テーマはキジムナー。明日は、名護でひんぷんがじゅまるの木を息子たちに見せる予定でしたから、テーマもぴったりです。

yoshimotoIMG_3508.jpg


嬉しかったのは、公演後のこの一枚。
とまりんで海風に吹かれていましたら、出演されてた芸人さんたち、ありんくりんさんや猫ノカケラさんたちとばったり。一緒に写真を撮っていただきました。

合言葉は「ニャー🐱」
「ブログに載せてもよいですか?」との申し出に快諾いただきましたので、ご覧にいれます。


続きを読む
posted by 千葉千枝子 at 00:00| 東京 ☁| Comment(0) | ライブ・ミュージカル・ダンス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年02月22日

空港に一番近い島【瀬長島ウミカジテラス】琉球温泉・龍神の湯で日帰り温泉

出張で土日をまたぐと、「さあ、今日は何しよう」となりますよね。
この日は、モノレールで安嶺駅まで行き、ウミカジテラス行きバス(200円)に乗って、空港に一番近い島・瀬長島【瀬長島ウミカジテラス】に行きました。那覇空港の滑走路に離発着する航空機が望めて、爽快です。

senagaIMG_4075o.jpg


お目当ては、瀬長島の【琉球温泉・龍神の湯】。日帰り利用もできるので、一度行ってみたかったのです。
到着早々、マッサージを予約して、まずはお風呂に直行です。

続きを読む
posted by 千葉千枝子 at 00:00| 東京 ☁| Comment(0) | 日本の温泉・和風旅館 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年02月21日

世界が恋する海【座間味島】でホエールウォチングをしました🐳

昨日から那覇に来ています。
(まもなくクルーズ専門誌「クルーズトラベラー」から、「首里城の復興へ向けて 新しい沖縄へ」というタイトルで拙稿が掲載される予定です。乞うご期待)

昨晩は、沖縄でお世話になっている方たちと、いつもの「えん」で会食しました。皆さんのお心遣いを嬉しくおもいます。
中国人観光客が消えた国際通りは、ゆったりとした空気が流れていました。ホテルの稼働状況も新型コロナウイルスの影響で、予約が刻々変化をしているようです。


そうしたなか今回、座間味島(ざまみ・じま)にホエールウォッチングのお誘いをいただき、急遽参加を表明しました。この時期、親子クジラ(ザトウクジラ)が近海に姿を現わすというので、満を持して高速船に乗りました。
いました!たくさんのクジラの親子です。


zIMG_3336_.jpg




続きを読む
posted by 千葉千枝子 at 00:00| 東京 ☀| Comment(0) | クルーズ・港湾 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする