プロフィール
名前:千葉千枝子
職業:淑徳大学 経営学部 観光経営学科 学部長 教授
千葉千枝子公式ホームページ:http://www.longstaystyle.com
メールアドレス:info@longstaystyle.com
■■経歴■■淑徳大学 経営学部 観光経営学科 学部長 教授。中央大学卒業後、富士銀行入行。シティバンクを経てJTBに入社。1996年有限会社千葉千枝子事務所設立。運輸・観光業全般に関する論評、執筆・講演活動を行う。特定非営利活動法人交流・暮らしネット理事長。東京成徳短期大学・城西国際大学、横浜商科大学等を経て、現職。2014年から中央大学 経済学部兼任講師も務めている。
■■所属団体■■日本記者クラブ会員・日本観光研究学会会員・中央大学南甲倶楽部会員・日本旅行業女性の会会員(副会長歴任・現会計監査)・JTBOB会会員・ファイナンシャルプランナー・総合旅行業務取扱管理者資格ほか
■■著書■■
■単著「観光ビジネスの新潮流」(学芸出版社)・「JTB 旅をみがく現場力」(東洋経済新報社)・「カナダ バンクーバーロングステイ術」(JTBパブリッシング)・「悠々ロングステイガイド台湾」「ハワイ暮らしはハウマッチ?」(イカロス出版)・「悠々パース暮らし」(綜合ユニコム)・じゅん刊「世界と日本」1183号「観光で新時代を切り拓く―観光ビジネスの新たな潮流」
■共著「観光学基礎(第4版)」(ジェイティービー能力開発)・共著「観光学基礎(第5版・6版・7版・8版)」(JTB総合研究所)・共著「観光の事典」(朝倉書店)・共著「はじめてでもわかる! 自治体職員のための観光政策立案必携」(第一法規)ほか多数
■■講演■■過去の講演実績はこちら
■■連載実績■■ ■日本経済新聞社 NIKKEIプラス1「教えて!達人」(06年9月〜08年4月)■JR社内報 クリエイティブ21(日本生産性本部)「ハーイJR」(05年11月〜07年9月)■JRグループ社内報 クリエイティブ21(日本生産性本部)「新・ハーイJR」(2011年1月〜2013年3月)■NHKラジオ毎週月曜16時台「ラジオホットタイム」(06年4月〜07年3月)■日経マスターズ「大人のロングステイ入門」(06年1月〜7月号)■時事通信社「ロングステイ新潮流」(05年1月〜06年3月)■FP総合情報サイトPowerFP 「海外生活におけるFPアドバイス」■内外ニュース 週刊世界と日本「Hello! Longstay」(09年2月〜10年2月)■月刊レジャー産業資料(綜合ユニコム)「台頭するニューツーリズム・ビジネス最前線」(10年2月号〜11月号)■夕刊フジ「追悼―104歳のアスリート下川原孝」(2011年5月全5回)■QUICK資産運用応援サイト「マネーライフ」アジア新興国特集(2010年2月〜)&退職・年金ナビ■QUICK投資情報館(i.Pad版アプリ/ANAバーチャルエアポート配信)資産運用コラム・ライフスタイル(2010年12月〜2012年1月)■政策研究フォーラム発行「月刊 改革者」連載「日本を拓く 明日からの観光」(2012年1月号〜2013年3月号全15回)■日本地域開発センター発行「月刊 地域開発」連載「脱マスツーリズムの新潮流」(2013年9月号〜2014年2月号全6回)■Fanet(日経グループ)【Fanet Money Life マネーライフ】リレー連載・今日のコラム(2013年8月〜2014年12月)■中央大学広報誌Hakumon【ちゅうおう】「中大生の旅するチカラ」(2010年春季号〜2015年春季号)■旅行観光専門ビジネスサイト【トラベルボイス】連載・千葉千枝子の観光ビジネス解説(2014年1月〜2016年3月)■月刊レジャー産業資料(綜合ユニコム)「観光でビッグチャンスをつかめ!「インバウンド」ビジネス開拓の鍵(2014年12月〜2015年11月)■朝日旅行会員誌【旅なかま】「千葉千枝子の 実践!テーマのある旅」(2014年6月号〜2017年3月号)■クルーズトラベラー「賢く旅するための経済学」(2017年3月Spring号〜現在)■観光経済新聞「考察・ポストコロナの観光 地域創生と観光ビジネス」(2022年4月〜現在)
All About オールアバウト【海外旅行の準備・最新情報】
All About オールアバウト【ロングステイ】
All About オールアバウト【アウトレット】
■■委員等歴任■■
■いわて観光立県推進会議委員(令和2年度〜現職)
■東京都港湾局葛西海浜公園保全と活用に関する有識者会議委員(令和元年度〜令和3年度)
■東京都建設局葛西臨海水族園のあり方検討会検討委員/葛西臨海水族園事業計画検討会委員(平成29年度〜令和元年度)
■神奈川県観光審議会委員(平成25年度〜令和3年度 任期満了)
■岩手県釜石市・釜石食ブランド開発検討協議会委員(平成25年度〜平成30年度)
■群馬県版DMOマーケティングワーキンググループ(WG)委員(平成29年度)
■沖縄感動産業戦略構築事業検討委員会委員(平成25年度)
■沖縄感動体験プログラム実証事業委員会実証委員(平成26年度〜平成28年度)
■日本観光研究学会・東日本大震災支援特別委員(平成23年度)
■港区観光振興ビジョン検討委員 (平成22年度〜平成23年度)
■特定非営利活動法人交流・暮らしネット
理事(平成18年度〜) 理事長(平成26年度〜現職)
■財団法人ロングステイ財団評議員(平成17年度〜平成18年度)ほか
■■発表論文■■
「ロングステイツーリズムにおける観光振興とその課題」
 (第23回日本観光研究学会全国大会学術論文集2008年11月)
「観光対象としてのアウトレットモールと旅行ビジネスに関する考察」
 (第24回日本観光研究学会全国大会学術論文集2009年11月)
「国内ロングステイにおける観光振興とその事例」
 (第25回日本観光研究学会全国大会学術論文集2010年12月)
「観光新潮流にみるフードツーリズムと地域振興」
 (第26回日本観光研究学会全国大会学術論文集2011年12月)
「長期滞在型観光にみる高齢者とツーリズム」
 (日本都市計画学会「都市計画」295号2012年2月)
「東日本大震災による観光産業の被害の実態と対応」共同研究(研究代表)
 (日本観光研究学会機関誌「観光研究」vol.24 No.1 2012年)
「伝統的地場産業における長期滞在型観光の振興事例と今後の課題」
 (第27回日本観光研究学会全国大会学術論文集2012年12月)
「長期滞在型観光とアーティスト・イン・レジデンスに関する考察」
 (第28回日本観光研究学会全国大会学術論文集2013年12月)
「国内アウトレットにおけるインバウンドビジネスに関する考察」
 (第29回日本観光研究学会全国大会学術論文集2014年12月)
「東日本大震災からの観光産業の復興と課題―釜石市をケースとして―」
 (日本観光研究学会機関誌「観光研究」Vol.26 No.2 2015年)
「大学教育における観光基軸の国際人材育成に関する一考察―海外就業体験・中央大学国際観光コースの事例から―」
 (第30回日本観光研究学会全国大会学術論文集2015年11月)
「被災地域の観光復興ならびに振興における発展段階 ―IGRいわて銀河鉄道の事例から」
 (第31回日本観光研究学会全国大会学術論文集2016年12月)
「本邦における観光地のライフサイクルとその事例」
 (淑徳大学 教育学部・経営学部研究年報 創刊号2018年3月)
「大規模災害からの観光復興に関する考察―ボランティアツーリズムと福島第一原子力発電所を例に―」
 (第33回日本観光研究学会全国大会学術論文集2018年12月)
「イギリス湖水地方における地上手配の基本的研究」
 (淑徳大学 教育学部・経営学部研究年報 第2号2019年3月)
「福島Jヴィレッジにおける原子力事故からの観光復興とその過程」
 (第34回日本観光研究学会全国大会学術論文集2019年12月)
「電源地域における集客施設等の観光特性について」
 (淑徳大学 教育学部・経営学部研究年報 第3号2020年3月)
「電力関連集客施設の観光特性とその検証 ―国内外の原子力PR 館等の事例から―」
 (第35回日本観光研究学会全国大会学術論文集2020年12月)
「日台の電力広報施設における観光特性」
 (淑徳大学 教育学部・経営学部研究年報 第4号2021年3月)
「震災・原発事故と観光ー郷土を守る意識の発揚 釜石と葛尾村の事例からー」
 (日本観光研究学会機関誌「観光研究」vol.32No.2 p114-117 2021年3月)
「首里城焼失にみる観光被害の実態と課題の考察−観光資源における普遍的価値と象徴性の観点から−」
 (日本観光研究学会機関誌「観光研究」Vol.33No.1 p181-185 2021年9月) 
■■教職歴■■ 
東京成徳短期大学 言語文化コミュニケーション科 非常勤講師(平成22〜24年度)
城西国際大学 観光学部 ウェルネスツーリズム学科 非常勤講師(平成23〜24年度)
横浜商科大学 商学部 貿易・観光学科 兼任講師 (平成24年度〜27年度)
中央大学 経済学部 インターンシップ科目国際観光コース 客員講師(平成26年度〜平成27年度) 兼任講師(平成28年度〜現職)
淑徳大学 経営学部 観光経営学科 教授(平成28年度〜現職)・経営学部長(平成30年度〜現職)
■■ニュースリリース■■ 
■2018年4月1日付、淑徳大学 経営学部 学部長に就任。
2022年4月から学部長3期5年目を迎えました。
■2022年1月25日で有限会社千葉千枝子事務所は28期を迎えました。
■理事長を務める特定非営利活動法人交流・暮らしネットは、2021年10月で15周年を迎えました。
■2017年3月から雑誌「クルーズトラベラー」に「賢く旅するための経済学」を好評連載中。
東京都観光まちづくりアドバイザー人材バンクに登録しています。
■日本観光振興協会【観光地域づくり 研修なび】に講師登録しています。
■2019年4月、科研費 平成31年度(2019年度) 基盤研究(C)研究課題名:大規模災害からの観光復興に関する考察―電源地域・主に原子力の事例から― が採択されました。
■2020年3月、東京都港湾局「葛西海浜公園保全と活用に関する有識者会議委員」に就任しました。
■2020年4月採択、日本観光研究学会 首里城焼失特別研究「 首里城焼失にみる観光被害の実態と課題の考察―観光資源における普遍的価値と象徴性の観点から― 」共著論文を発表しました。
■2020年5月、岩手県「いわて観光立県推進会議委員」に就任しました。
■2020年9月【Yahoo!ニュース公式コメンテーター】
 2022年1月【Yahoo!ニュース オーサー」に就任いたしました。
■2021年1月、大乗淑徳学園【教職員社会活動賞】を受賞しました(2020年1月に続き、2年連続受賞です)。
■中央大学インターンシップ科目に新設「観光まちづくり地域創生コース」が2020年4月に開講。2022年度は9期生を迎えました。
■観光庁 「広域周遊観光促進のための専門家派遣事業」に専門家登録しました。
■農林水産省 令和4年度 農泊地域専門家派遣事業「農泊地域伴走支援専門家」に専門家登録しました。
■2022年3月、10年ぶりの書きおろし新著「レジャー・リゾートビジネスの基礎知識と将来展望」千葉千枝子著(第一法規)を出版しました。ISBN 978-4-474-07784-3 C0065
■2022年4月、淑徳大学 経営学部 学部長を継続して拝命、3期5年目を迎えました。
■2022年4月4日(3121号)から、週刊「観光経済新聞」に新連載「考察・ポストコロナの観光 地域創生と観光ビジネス」がスタートしました。隔週でお送りしています。
■2022年7月、葛西海浜公園保全活用推進有識者会議委員を拝命しました。

2022年02月24日

遅めの初詣は府中【大國魂神社】へ

新型コロナウイルスの感染再拡大で、正月の初詣を控えた方も多かったのではないでしょうか。
当初は1月中にとおもっておりましたが、状況を鑑み、遅めの初詣となりました。今日、府中の【大國魂神社(おおくにたま・じんじゃ】を参詣しました。

mIMG_4685.jpg


ご一緒させていただきましたのが、こちらのご婦人。母と娘ほどの年の差ですが、仲良くさせていただいております。フランス語を流暢に操り、翻訳や執筆活動を現役で続けてらっしゃる、私の仕事上の恩人でもあります。今日もエレガントなお姿でした。

たくさんのおしゃべり、というか討議、そして励まし合いの時間を共有しました。
10日前に納車されたばかりの新しい車で行きまして、私はちょっとしたドライブ気分。讃えあえる人が近くにいるだけで、とても嬉しくおもいます。勇気が湧きます。小春日和の一日でした。

ラベル:府中市
posted by 千葉千枝子 at 00:00| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日本の名所・旧跡・お城 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2022年02月14日

TBSラジオ【荻上チキ・ Session】JR SKISKI30周年とスノーリゾートをテーマに出演しました

本日、【TBSラジオ 荻上チキ・ Session】16時台後半のコーナーに、JR SKISKI30周年とスノーリゾートをテーマに出演しました。

スキー人口は1991年から2002年にかけての約10年間、右肩上がりで急伸しました。とはいえブーム自体は、バブル期の1980年代半ばから始まり、1998年の長野オリンピックでピークを迎えます。この年、スキー人口とスノボ人口を合わせて1800万人を記録しましたが、その後ピークアウトして急速に減少します。2020年は、コロナの影響もあって、遂に300万人を割り込みました。
リゾート法(1987年)施行後は、ウインターリゾートの大規模開発が進み、リゾートホテルが各地にできましたが、いずれも人手に渡り、なかには外資に買収、リブランドするなどして今に至っています。

番組では、スキー日本上陸の歴史や索道(リフト)の導入についてもお話させていただきました。

さて、JR SKISKIのキャンペーンが始まったのは、1991年。新幹線直結のゲレンデ「ガーラ湯沢」開業に伴いスタートしたキャンペーンです。
それまでは夜行バスや友人たちと車で行くのが、スキーの常識でした。
あれから30年……。時代の移ろいを感じます。今日は二つの懐かしい写真から。

sgalayuzawaCCI20220216_0001.jpg


東京駅からJR上越新幹線 ガーラ湯沢駅へ
息子たちとガーラに滑りにいった最後は、2006年頃のことだったかと思いますから、かれこれ15年前でしょうか。
上越新幹線の2階建てMaxは、2021年秋をもって定期運行が終了となりました。
手ぶらで行けるガーラ湯沢。最新の道具やウエアが揃っていることも人気の理由で、手ぶらでスキー・週末ゲレンデが合言葉になりました。
私どもはスーツケースにウエア、スキー板は宅急便で送って。チビッコのための可愛い板を思い出します。











続きを読む
posted by 千葉千枝子 at 19:00| 東京 ☀| Comment(0) | 千葉千枝子のTV・ラジオ出演 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2022年01月16日

TBSラジオ【荻上チキ・ Session】新型コロナウイルスの感染拡大と観光業をテーマに出演しました

新型コロナウイルスの感染拡大で、観光業にも大きな影響が出ています。特に直近1週間の10万人当たりの感染者数では沖縄が急増。そうしたことから今日2022年1月13日、16時台のコーナーでコメント出演しました。

IMG_3951.JPG


第3次産業の従事者が8割を超す沖縄県。病床使用率が特に高く危機的な状況です。
昨年暮れ、沖縄に赴いたときに撮影した一枚をお届けします。香港インバウンドの旅行会社を経営する女性社長とのツーショット。とにかく今は耐えるしかない・・・。
観光業や飲食業に従事する沖縄の人たちのやるせない気持ちを痛感しながらも、それでも負けまいとする逞しさ・強さを感じます。
明けない夜はない。
心から応援しています。





posted by 千葉千枝子 at 17:00| 東京 ☀| Comment(0) | 千葉千枝子のTV・ラジオ出演 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2022年01月02日

エースJTB 2022年【新春おせちの鉄人】から名旅館のおせち・加賀屋

家族お揃いでよいお正月を、皆様、お過ごしのこととおもいます。
おせちは例年、業界応援も兼ねてエースJTBと航空会社2社を入れ替わりに頼んでいますが、今年はコレ。
エースJTB 2022年【新春おせちの鉄人】から名旅館のおせちシリーズから、石川・能登の名旅館 加賀屋さんの「加賀屋おせち和風三段重と酒肴三品付」にしました。

sIMG_4208.jpg



名旅館のおせち販売は、物流や冷凍技術が進化した1990年代後半からJTBでは進められてきました。

旅行業が今、新型コロナウイルスの影響で主たる事業を物販にシフトする動きが加速しています。
難しい問題でもあります。コロナ打撃を特に大きく受けた業種として、さまざまな公的支援を受けるなか、収益確保のために異業種転換すれば、これまでの保護政策が正しいのかどうかという検証も必要といえます。

続きを読む
ラベル:旅館 おせち
posted by 千葉千枝子 at 00:00| 東京 ☔| Comment(0) | 日本の温泉・和風旅館 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2022年01月01日

【謹賀新年】2022年も宜しくお願い申し上げます

明けましておめでとうございます
2022年がよい年となりますよう、今年も宜しくお願いいたします

jMG_4214.jpg


「幸先がよい」とはこのことで、なんと【年末ジャンボ宝くじ】4等が当たりました!
宝くじを買ったのは、実は25年ぶり。出張先の大阪で、たまたま買った10枚連番1セット(3000円分)が、5万円に化けました。
おそらく出雲大社の参道で昨年7月に購入した「宝くじ用の神棚」に納めていたのがよかったのでしょう。
ささやかな幸せを大切に、今年も頑張ろうとおもいます。

早々の賀状をありがとうございます。
申し訳ありません。今年は正月返上で書籍に取り掛かっているため、今から刷ります。ご挨拶・お返事は大幅に遅れます。ご容赦くださいませ。


posted by 千葉千枝子 at 00:00| 東京 ☀| Comment(0) | ライフスタイル全般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年12月31日

2021年【今年もお世話になりました】

今年も大変お世話になりました。
ブログ更新頻度が極めて下がってしまい、反省の大晦日。今年一年、思い出して訪ねてくださった方々には切に申し訳ありませんでした。
少しずつ、バックデイトで綴ります。深くお詫び申し上げます。

新型コロナウイルス一色で幕開けたこの一年。夏の無観客五輪も、遠い昔の出来事のように感じます。
日々の大学授業と学部運営、さらには膨大な日数・回数となった科研費出張、10年ぶり書籍の執筆等々に明け暮れ、働きづめの年でした。
仕事は頑張ってこなしましたが、愛おしいおしゃべりインコとの永遠の別れが11月にありました。今もつらい想いです。

tIMG_5586.jpg


全ての仕事を一段落させ、今年最後の旅は実父の米寿祝い、湯河原の山翠楼へと家族旅行に行きました。
昨晩、帰京。その間、愛車にクリスタルキーパーをかけてもらい、今年をすっきり締めくくりました。これから年越しの料理づくりです。

この一年、お世話になった方々に、心から御礼申し上げます。
佳いお年をお迎えください。

posted by 千葉千枝子 at 15:25| 東京 ☁| Comment(0) | ライフスタイル全般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年12月26日

琉球の美ー首里城で感じる”ホンモノのモノ”ー空間創造

首里城公園レストセンター首里杜館で開催された「琉球の美ー首里城で感じる”ホンモノのモノ”ー空間創造」を鑑賞しました。

主催した一般社団法人琉球伝統芸能デザイン研究室は、空間創造による琉球古典芸能の保存・継承、発展に寄与するさまざまな活動を行っています。同研究室の代表理事・山内昌也氏が織りなす歌三線と演者会員で琉球舞踊家・西村綾織氏による演舞の饗宴は、それは見事なものでした。こうした無形文化の空間デザインという概念が高く評価され、日本デザイン振興会の2020年度グッドデザイン賞を受賞しています。

sIMG_5536.jpg






続きを読む
ラベル:沖縄県 首里城
posted by 千葉千枝子 at 23:46| 東京 ☀| Comment(0) | 地域・まちづくり・NPO | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年12月24日

平和記念公園 【広島平和記念資料館】と【おりづるタワー】【平和記念公園レストハウス】

今回の広島では、本館リニューアル後、初めて【広島平和記念資料館】を訪ねました。

hIMG_3764.jpg


続きを読む
ラベル:広島県 原爆
posted by 千葉千枝子 at 00:00| 東京 ☀| Comment(0) | 日本の名所・旧跡・お城 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年12月23日

クルーズトラベラー【CRUISE Traveller】2022Winter「四国・佐田岬はなはなと海の国道フェリー」を執筆しました

クルーズ専門誌・クルーズトラベラー【CRUISE Traveller】2022Winter(冬号)の連載エコノミクスに、「四国・佐田岬はなはなと海の国道フェリー」と題して執筆しました。

CTmini.jpg


佐田岬の絶景は、大変、心に残るものでした。みなとオアシスでもある佐田岬はなはなでは、名物しらす丼を食するだけでなく、生しらすをはじめ特産品をオトナ買いして、宅配で自宅へと送りました。網元が加工場を持っていて工場直売なため、生しらすが驚くほど美味しく自宅でいただけて、それも感動しました。

ぜひご一読ください。



ラベル:愛媛県 伊方町
posted by 千葉千枝子 at 00:00| 東京 ☀| Comment(0) | 千葉千枝子の執筆記事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年12月22日

全国シェア9割超の広島針 自分への土産に【チューリップ】の針を 

先ほどやっと、広島バスセンターに到着。リーガロイヤルホテル広島にチェックインしました。

hIMG_3673.jpg






続きを読む
posted by 千葉千枝子 at 21:46| 東京 ☀| Comment(0) | 千葉千枝子のサイト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年12月20日

鬼怒川温泉【鬼怒川グランドホテル 夢の季】に宿泊しました

かねてから取材等々でお世話になっておりました【鬼怒川グランドホテル 夢の季】さんに、久しぶりに宿泊しました。
長引くコロナ禍で、インバウンドも回復の兆しがみえず大変なときではありますが、お客様が予想以上に多くいらしていました。いわゆる県民割効果が、高いのかもしれません。

kIMG_3613.jpg







続きを読む
posted by 千葉千枝子 at 21:02| 東京 ☀| Comment(0) | 国内のホテル旅館コンドミニアム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年12月13日

雪の青森【日本原燃 青森地域共生本社】を訪問しました

青森は雪でした。日本原燃 青森地域共生本社さんにインタビューのため、昨夜の最終便で青森に入りました。

aIMG_3522.jpg


原子力の仕組みや再処理について理解を深めてもらうため、出前講義などのPA活動を進めている日本原燃さんの具体的取り組みを知ることができました。貴重なお時間をいただきまして、誠にありがとうございました。

続きを読む
ラベル:青森県 科研費
posted by 千葉千枝子 at 21:00| 東京 ☀| Comment(0) | 研究論文・科研費 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年12月12日

【第5回千葉チルドレンの会】オンラインで実施しました

昨晩、【第5回 千葉チルドレンの会】を、オンラインで開催いただきました。永久幹事で1期生のKくん、本当に有難うございました。
次第でご覧の通り、千葉チルのこれまでの歩みも振り返りながら、ミニ講義も実施させていただきました。

cIMG_3477.jpg


千葉チルドレンの会とは、2014年から始まった中央大学のインターンシップ科目(国際観光コース・地域創生コース)を修了された方々の会。本科目は経済学部の設置科目ですが、理工学部を除く全学部生が履修可能で、30年近い歴史があります。中央大学のOB・OGが客員講師となり、インターンシップを主体とした授業を展開しているもので、5カ年有期で担当します。私事、2016年から淑徳大学の本務教員となりましたことから、中央大学とは兼任の契約となり、かれこれ来期で9年目となります。

今年、科目を修了した8期生も参加してのオンライン開催。海外や地方からのご参加や、ご結婚された教え子もいて(旦那様もご参加いただきました)、皆様の成長の速さを感じました。

来年もまた、皆様のご活躍を知る機会に恵まれますよう。
このたびは有難うございました。

ラベル:中央大学
posted by 千葉千枝子 at 21:58| 東京 ☀| Comment(0) | 観光学と大学教育・キャリア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年12月11日

名古屋出張 中部国際空港・セントレアホテルを視察しました

地方自治体やトヨタや中部電力などの民間企業が出資して2005年に開港した中部国際空港・セントレア。第一種空港ですが成田や関空、羽田とは異なる点も多々あり、特にエネルギー関係の運用を注視しています。空港敷地内には、水素供給が可能な充填所エリアがあるなど、温暖化対策も進んでいます。

cIMG_3451.jpg


続きを読む
posted by 千葉千枝子 at 00:00| 東京 ☀| Comment(0) | エアライン・空港・マイレジ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年12月07日

京都の文化とまちなみ そして原子力との関連性

京都のまちなみのなかで好きな一つが、京都南座から八坂神社へと続く道です。

EDAQ3059.JPG


続きを読む
posted by 千葉千枝子 at 00:00| 東京 ☀| Comment(0) | 電源地域と観光 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年12月06日

【千葉日報】ちばオピニオン私論直言「コロナ後の観光産業」と題して執筆しました

2021年12月6日付【千葉日報】(日刊)ちばオピニオン・私論直言のコーナーに、「コロナ後の観光産業」と題して執筆しました。

chibaIMG_3493.jpg


新型コロナウイルスで大きな打撃を受けた観光産業の、今後を占う記事です。
ぜひご一読ください。

posted by 千葉千枝子 at 00:00| 東京 ☀| Comment(0) | 千葉千枝子の執筆記事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年12月05日

群馬吾妻・長野原【八ッ場ダム】を視察しました

事業開始から68年、2020年3月に完成した【八ッ場(やんば)ダム】にぜひ、行ってみたかったのですが、幸いにも今回の草津行きでチャンスに恵まれました。
北軽井沢に移住されているNPO法人交流・暮らしネット理事の方で地域のプロ(それもプロ中のプロ)にご案内いただきました。記念の一枚です。

yIMG_3324.jpg


秋には紅葉が美しい吾妻川の中流域に位置する八ッ場ダム。ダム堤体上や展望スペースから全体を見渡しました。ここには一般公開で利用できるエレベーターがあり、下流の吾妻渓谷方面へアクセスすることが出来ます。念願のダムカードも!!

続きを読む
posted by 千葉千枝子 at 00:00| 東京 ☀| Comment(0) | 日本の名所・旧跡・お城 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年12月04日

草津温泉【草津スカイランドホテル】千葉ゼミで卒論合宿を実施しました

草津温泉【草津スカイランドホテル】で淑徳大学で観光を学ぶ学生10名と12月3〜4日の1泊2日、卒論合宿を実施しました。
冬の草津は格別ですね。澄んで冴えわたった空気が何とも言えず旅情を醸します。
このたび観光経済新聞さんにお世話になり、草津スカイランドホテルの女将で湯の華会会長をされておられる小林由美様をご紹介賜り、今回の宿泊が実現しました。到着後に女将さんにレクチャーをいただくなど、大変有意義な時間を過ごすことができました。

kIMG_3292.jpg


湯畑周辺の整備が進み、夜はライトアップがなされて泊まり客で賑わいがもたらされるようになったと伺い、夕食後に街中へと繰り出す学生もいました。私はしめしめと温泉へ。湯量が豊富で身体が温まり、どうにもなりそうもなかった肩こりが解消しました。



続きを読む
posted by 千葉千枝子 at 00:00| 東京 ☀| Comment(0) | 淑徳大学で学ぶ観光 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年11月20日

日本観光研究学会 特別研究「首里城焼失にみる観光被害の実態と課題−観光資源における普遍的価値と象徴性の観点から−」

日本観光研究学会 機関誌「観光研究」Vol.33-1に、「首里城焼失にみる観光被害の実態と課題−観光資源における普遍的価値と象徴性の観点から−」と題して論文(共著)を発表しました。これは、同学会が公募した特別研究に採択されたもので、研究代表を務めております。

kenkyuIMG_2536.jpg




続きを読む
ラベル:沖縄県 首里城
posted by 千葉千枝子 at 13:33| 東京 ☀| Comment(0) | 研究論文・科研費 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年11月17日

紅葉の秋に埼玉でゴルフ【平成倶楽部 鉢形城コース】

健康増進のために、もう少しグリーンに出たいのですが、おそらくこれが今年最後のラウンドです。

hIMG_2159.jpg


ゴルフを再開して6年経ちますが、さっぱり上手にはなりません。とはいえ紅葉の秋にゴルフは気持ちがよいもの。今日は【平成倶楽部 鉢形城コース】です。

続きを読む
ラベル:ゴルフ 埼玉県
posted by 千葉千枝子 at 18:00| 東京 ☀| Comment(0) | ゴルフ・スキー・スポーツ観戦 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年11月10日

【大學新聞】197号(初冬号)「観光産業で活躍できる経営人材を育成」と題して記事が掲載されました

2021年11月10日発行【大學新聞】197号(初冬号)「観光産業で活躍できる経営人材を育成」と題して記事が掲載されました。

daigakuMG_2538.jpg




続きを読む
ラベル:淑徳大学 観光学
posted by 千葉千枝子 at 00:00| 東京 ☀| Comment(0) | 淑徳大学で学ぶ観光 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年11月02日

【女性自身】11月16日号「自治体の独自キャンペーン活用術」にコメントしました

2021年11月16日号(11月2日発売)【女性自身】自治体&旅行会社の独自キャンペーン活用術 GoToトラベル再開待つより・・にコメントを寄せました。
県民割など独自の需要喚起策が次々と発表されています。
紅葉の秋。感染に留意しながらもベストシーズンをお得に旅していただきたいとおもいます。

aIMG-1848.jpg


ラベル:県民割
posted by 千葉千枝子 at 00:00| 東京 ☀| Comment(0) | 千葉千枝子の取材協力 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年10月27日

【埼玉新聞】大学教授「読書のススメ」に掲載いただきました

2021年10月27日付【埼玉新聞】朝刊の特集・大学教授「読書のススメ」に、「遠野物語」読んで旅する。人の魅力が旅の魅力、と題してご掲載をいただきました。

smallCCI20211028.jpg


私の座右の一冊が「遠野物語」ですが、ぜひ時空を超えて若い方たちに読んでもらいたいのが「深夜特急」。いずれも紹介させていただきました。貴重な機会となりました。御礼申し上げます。

posted by 千葉千枝子 at 00:00| 東京 ☁| Comment(0) | 千葉千枝子の取材協力 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年10月12日

TBSテレビ【ひるおび!】都道府県ランキングに生出演しました

2021年10月12日、TBSテレビの情報番組【ひるおび!】で特集された「魅力度ランキング 茨城県がまた最下位」に出演しました。茨城県庁の方とご一緒させていただきました。県庁の皆さんはとても礼儀正しくて、今回のランキングは最下位でも、茨城の魅力がどーんと伝わりました。物議を醸している自治体の魅力度ランキング。2005年の商標権改正に伴い地域ブランドが注目されるようになりましたが、あれからもう16年。審査方法も含め見直す時期にもあるように感じます。

昼間の時間帯ということもあり、出演後、ほうぼうからご連絡をいただきまして、誠にありがとうございました。
こちらの画像は沖縄・糸満の、私がお世話になった方からLINEで送られた一枚です。

IhMG_0867.jpg


8月は仙台、秋田・岩手、広島、岩手全域に、9月は沖縄、京都6泊、金沢能登半島と、そして今月は福島・檜枝岐、青森、稚内に出張しており、出演のご依頼も札幌で受け取りました。大学授業や会議の合間の移動で短い滞在がほとんどですが、緊急事態宣言も解けた今、年内、まだまだ動く予定です。どの地域にも光があり、甲乙なんてつけられないのが私の実直な感想です。

ラベル:茨城県
posted by 千葉千枝子 at 16:00| 東京 ☀| Comment(0) | 千葉千枝子のTV・ラジオ出演 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年10月04日

NPO法人交流・暮らしネット創立15周年記念研修旅行【檜枝岐(ひのえまた)村】vol.2 千葉之家花駒座 歌舞伎伝承館と橋場のばんば

【過去の記事】
NPO法人交流・暮らしネット創立15周年記念研修旅行【檜枝岐(ひのえまた)村】vol.1 檜枝岐へのアクセス

NPO法人交流・暮らしネットは創立15周年を記念して福島・南会津の檜枝岐(ひのえまた)村で、1泊2日(2021年10月3-4日)で研修旅行を実施しました。

hinoemataIMG_3340.jpg


300年近く続く【檜枝岐歌舞伎】。その舞台を訪ねて歌舞伎伝承館を見学しました。



続きを読む
posted by 千葉千枝子 at 00:00| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 地域・まちづくり・NPO | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年10月03日

NPO法人交流・暮らしネット創立15周年記念研修旅行【檜枝岐(ひのえまた)村】vol.1 檜枝岐へのアクセス

NPO法人交流・暮らしネットは今から15年前の2006年10月4日に誕生した老舗の観光NPOです。
このたび創立15周年を記念して福島・南会津の檜枝岐(ひのえまた)村で、1泊2日(2021年10月3-4日)で研修旅行を実施しました。
NPO役員に加えて、昨年度来、復興庁事業でご一緒させていただいた方々もご参加くださいました。

人口わずか556人(2020年1月現在)、福島県の西南端に位置する山間の檜枝岐村は、面積の約98%を森林が占めています。
訪問の様子をシリーズでお届けします。



【檜枝岐へのアクセス】

鉄道組は東武浅草駅で集合しました。東武特急「特急リバティ」で一路、会津高原尾瀬口で下車(所要約3時間)して、会津乗合自動車(路線バス)に乗り換えて約1時間強の道のりです。首都圏から一日がかりの移動になりました。

hinoemataIMG_0119.jpg








続きを読む
posted by 千葉千枝子 at 00:00| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 地域・まちづくり・NPO | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年09月27日

【週刊ポスト】10月8日号 特集「JTBの窮地」にコメントを寄せました

本日発売の【週刊ポスト】2021年10月8日号の特集「JTBの窮地」にコメントを寄せさせていただきました。

sIMG_0086.jpg


JTBだけではありません。ご存じな通り旅行業は新型コロナウイルスの影響が甚大ですが、ここを乗り越えることで、また違う景色が待っていると私も信じて疑いません。次の100年を生き抜く覚悟で、今を決断されています。

ご一読をいただけたら幸いです。


posted by 千葉千枝子 at 00:00| 東京 ☔| Comment(0) | 千葉千枝子の取材協力 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年09月14日

TBSラジオ【荻上チキ・Session】に出演しました

本日(2021年9月14日)16時台、TBSラジオ「荻上チキ・Session」に、JTB本社ビルなど2棟売却と旅行業の今後について出演・コメントしました。
勤務先の大学は、今週から後期授業を開始。新型コロナウイルスの影響は去年の今ごろ以上で、対面授業実施率を下げてのスタートです。

kIMG_9539.jpg


今朝、京都から東京へと戻りました。
オーバーツーリズムの象徴とされた嵐山の竹林には、ほとんど人の姿がみられません。1970年代の観光公害の教訓から、完全予約制にした西芳寺(苔寺)は、かたく門が閉ざされていました。渡月橋周辺の店舗には空きや休業が目立ち、時代の移ろい・刹那を感じます。
次の100年を生き抜くために、多くの人たちが知恵を絞っています。



ラベル:旅行業 京都府
posted by 千葉千枝子 at 22:00| 東京 ☀| Comment(0) | 千葉千枝子のTV・ラジオ出演 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする